Kokiが中国で歌手デビューも?『創造営2021』出演しギャラが衝撃価格か。海外人気上昇で新たな活動展開? 動画あり

キムタクの娘Koki

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデル・Koki,さんが、中国で開催の男性アイドルオーディション番組『創造営(CHUANG)2021』に特別審査員として登場し、大きな反響を呼んでいるのですが、11日発売の週刊誌『女性セブン』は番組出演の裏側などを報じています。

『創造営』は、韓国の人気オーディション番組『PRODUCE 101』(通称:プデュ)の中国版で、中国の動画配信サービス『WeTV(テンセントビデオ)』がオーディションの模様をネット配信しています。

シーズン4となる『創造営2021』(全10話)は国際化をテーマとし、今回は過去最多となる17人の日本人がオーディションに参加しており、WeTVだけでなくYouTubeでも動画が公開中で、日本語や英語の字幕なども用意されています。

『創造営2021』日本人参加者の動画

オーディションには合計90人が参加し、この中から一般視聴者投票による上位11人でボーイズグループを結成、デビューする予定となっており、第3話までの動画再生回数は累計で10億回を突破したそうです。

そんな話題のオーディション番組にKoki,さんが特別審査員としてリモートで登場し、中国語で練習生たちに挨拶もしていました。

<↓の画像が、『創造営2021』に特別審査員として登場のKoki,さんの写真>
『創造営2021』出演のKokiが特別審査員として登場時の顔図

『創造営』に日本の芸能人が審査員として出演するのは初となっており、なぜKoki,さんが特別審査員に選ばれたのか、その理由が気になるところですが、『女性セブン』によると少なからず木村拓哉さんの存在が影響しているといいます。

SMAPは現在も中国で高い人気があるそうなのですが、中でも木村拓哉さんの人気が高いといい、中国版Twitter『微博(ウェイボー)』のフォロワー数は現時点で257万人超えとなっており、昨年6月に中国で最も影響力がある俳優賞も受賞したとしています。

そんな木村拓哉さんの娘であるKoki,さんが2018年にモデルデビューした際には、中国企業からも仕事のオファーが殺到したといい、「デビュー直後からKoki,さんをイメージガールに起用したいと、多くの中国企業が手を挙げました。それも通常であれば新人モデルのCM出演料は150万円ほどなのに、Koki,さんに対しては破格の1,000万円超えのオファーを出した企業もあったと広告代理店関係者が明かしています。

中国の都市部では、Koki,さんの広告を見かけることも珍しくないといい、中国メディア関係者はKoki,さんについて、「かつては“親の七光り”なんていう声も聞こえましたが、今は消えています。(中略)中国での活動に重きを置いている姿勢や、努力する姿が中国のファンの心を掴んでいる」と語っています。

Koki,さんも微博のアカウントを持ち、フォロワー数はすでに104万人超えで、2019年には『微博星耀盛典(ウェイボー・スターライト・アワーズ)』の年間人気賞を受賞しており、中国でも人気・知名度が上昇していることから、最近では木村拓哉の娘ではなく、単独で紹介されることが増えているそうです。

中国の芸能事情に詳しいジャーナリスト・周来友さんによれば、Koki,さんの番組出演料はトップスター級に高騰しているそうなのですが、その理由や金額については、「現在、中国のエンタメシーンはバブルの様相を呈しています。アジア中からスターを集めようとしていることもあり、出演料が高騰しています。『創造営2021』でのKoki,さんの出演料は、1本300万元(日本円で約4,800万円)はくだらないと見られています」と明かしています。

そして、Koki,さんはすでに次のステージを見据えているといい、前出の中国メディア関係者は、「Koki,さんが常々『母のような女性になりたい』と口にしているのは有名な話ですから、中国を舞台に中国語での歌手デビューが噂されている」と語り、Koki,さんは音楽的な才能もあることから、モデル業以外の活動にも力を入れていくとみられているようです。

Koki,さんが中国で、中国語での歌手デビューをするというのはにわかに信じ難い話ではありますが、アーティストとしても国際的に活動を展開していく可能性はあり、『創造営2021』で練習生たちが挑戦する番組主題歌の英語バージョンでは、Koki,さんが作詞を担当したことが明らかになっています。

それにしても『創造営2021』への出演料が、日本円で5,000万円近いというのは驚きで、Koki,さんはモデルデビューしてからまだ3年ですし、正直なところ過大評価されていると感じます。

そもそも男性アイドルグループオーディションで、モデルのKoki,さんが特別審査員を務めるというのも疑問ですが、『創造営2021』は中国でいま最も注目されているオーディションとも言われているため、この番組への出演によって、Koki,さんの海外での人気・知名度がさらに上昇するでしょうね。

Koki,さんと姉・Cocomiさんは、工藤静香さんプロデュースの元で活動をしており、世界を股にかけるモデルにするために、海外での活動にも力を入れているとも言われてますが、こうした海外の番組にも出演しながら、“親の七光り”や“親の十四光り”などと揶揄されないモデルへと成長できるのか見ものですね。

参照元
  • 女性セブン 2021年3月25日号
  • https://www.oricon.co.jp/news/2186761/
  • https://www.cinemart.co.jp/article/news/20210309003965.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzA2OTky

    努力いうても骨格はどうしようもない
    杏やすみれや森星を見つけた冨永愛スカウトマンに目をつけられてないのが現実

  2. 2
    匿名
    ID:MjEyMTEwMzkw

    やっぱりオスカー所属の女性モデルが一流だとわかる。
    Kōki,の母親の工藤静香だったら、怒り心頭だろうがいざとなれば敵に回すことは出来ないだろう・・・キムタクとドラマ共演した上戸彩、そして武井咲の残留を思えばね。

コメントを残す