BG続編放送決定で新キャスト発表。木村拓哉ゴリ押し批判も好視聴率記録? 上川隆也不在に不満の声も…

ジャニーズ テレビ番組・映画
  • 2

木村拓哉

木村拓哉さん主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の続編が、4月16日から木曜ドラマ枠(木曜21時)でスタートすることが正式発表されました。

発表によると、前作に出演した斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さんが続投するほか、新たに仲村トオルさん、勝村政信さん、市川実日子さんが出演します。

<↓の画像が、『BG~身辺警護人~』続編メインキャストの写真>
『BG』続編キャストの写真

左から仲村トオルさん、勝村政信さん、菜々緒さん、木村拓哉さん、斎藤工さん、間宮祥太朗さん、市川実日子さん

2018年1月期に放送された『BG』は、木村拓哉さん演じる民間警備会社勤務の主人公・島崎章が、仲間たちと共に丸腰で敵に挑んでいく姿を描いていました。

それから2年後に放送される続編では、島崎が警備会社を退社してフリーのボディガードとなり、「個人VS組織」を軸とした新たなストーリーが描かれるとのことです。

島崎が所属していた「日ノ出警備保障」は、IT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収されて「KICKS(キックス)ガード」となり、利益優先方針のやり方に島崎は疑問を抱き、「弱き者の盾になる」という警備の基本使命を貫くためにフリーのボディガードに転身します。

そんな島崎に組織を抜けた本当の理由を聞き出すために、斎藤工さん演じる「日ノ出警備保障」時代の仲間・高梨雅也が島崎のもとへやってきて、共に警護をするうちに高梨の心に変化が生まれ…というストーリーが展開されるといいます。

また、独立した島崎等を敵視する組織とのせめぎ合いや、組織に残ることを選んだ菜々緒さん演じる仲間の菅沼まゆ、間宮翔太さん演じる沢口正太郎らとの関係性、クライアントとの人間関係などもドラマチックに描くとしています。

新キャストの市川実日子さんは、整形外科医で「KICKSガード」の契約担当医・笠松多佳子役。

勝村政信さんは「KICKSガード」の身辺警護課長・小俣健三役で、上川隆也さん演じる村田五郎が殉職したことで、後任として身辺警護課長に就任。

仲村トオルさんは、「KICKS CORP」の劉光明社長役となっています。

木村拓哉さんの主演ドラマがシリーズ化されるのは『HERO』(フジテレビ系)以来2作目で、久しぶりのシリーズ化に燃えている木村拓哉さんは、「しっかりとした内容や世界観を作って、継続する意味を持たせないと他のシリーズ作品に失礼だと思うんです。そんなこともあって実は今回、僕のワガママで脚本の井上由美子さん、プロデューサーの皆さん、そして斎藤さんや間宮さんにも同席していただき、台本の準備稿をもとに各々の考えや疑問点を全部吐き出すセッションをさせていただきました。そこでみんなの意見が整理整頓され、『しっかり煮詰まったな!』と感じる決定稿が出来上がりました。あとは現場に立つのみ。」などと意気込みを語っています。

そして、『BG』の続編放送発表に対してネット上では、

  • 待望の続編。良かった、間違いなく次があると思う前回のラストだったからな
    今回も人間味溢れる木村拓哉に期待、あの親子の関係性も継続して欲しいね
  • 物語が続くなら上川さん演じる課長は生きてて欲しかったよ。
  • 前の終わり方でう~んと考えちゃいました。あれで簡潔で良かったけどね。
    課長さん殉職しない方が良かったよ。本当は続編なんてなかったんじゃない?
  • BGはシリーズ化する程面白くなかった。
    今思い返しても、山口智子が別れた奥さんだったことと、上川さんが死んじゃってびっくりしたことと、最後に矢沢永吉が出てきたことがあったなあくらい。
    肝心のあらすじはボヤけてて、やっぱりキャストは豪華なんですね。
  • 最近のキムタク推しすごい…
  • キムタクのごり押しが目に余る
  • 最近また、この人の押しが始まったような気がする。マックのCMとかあり得ない
  • 最近の推しが酷すぎる。昔のような人気があるわけでもこれから人気が出るわけでもないのにな。みなさんが退所を考えるのも理解できる。
  • この押しの違和感を本人はどう思ってるんだろう。期待の新人じゃないんだし、普通の感覚なら恥ずかしいだろうに。
    いつまでも事務所がこういうやり方するから役者として育たないんだと思う。

などのコメントが寄せられています。

『BG』は、木村拓哉さんにとっては2本目のテレビ朝日の連ドラ主演作で、1作目の『アイムホーム』(2015年4月期放送)は全10話の期間平均視聴率が14.8%、『BG』は全9話の期間平均視聴率15.2%と、わずかに上回る好視聴率を獲得していました。

<↓の画像は、前作出演者の写真>
BG2018

ドラマ終了後から続編を希望する声も多く上がっており、週刊誌『女性セブン』がその後報じた記事では、スピンオフドラマや映画化の話が浮上していることを伝え、昨年4月時点で『BG』の続編が決定しているとの話が出ていました。

そして、ついに続編の放送が正式発表されたことに対して、喜びの声が上がる一方で、「キムタクのゴリ押しが目に余る」といった声も少なくないのですが、確かに木村拓哉さんは昨年10月期に『グランメゾン東京』(TBS系)で主演を務め、今年1月にはスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)で主演、さらにソロアルバムをリリースしたり、『マクドナルド』のCMイメージキャラクターに起用されるなど、間違いなくゴリ押しされています。

あまりにもメディアへの露出が増えていることで食傷気味になっている人も多い様子で、『BG』の続編にも多少影響を与えそうな気もします。

また、今期木曜ドラマ枠で放送の東出昌大さん&桐谷健太さんW主演『ケイジとケンジ』が、初回12.0%、その後は9%前後での推移とかなり落ち込んでおり、この影響も受けそうな気がしますが、まずは前作で記録した初回15.7%を超えられるのかどうか注目したいですね。

参照元
  • https://thetv.jp/news/detail/225666/
  • https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    続編やるなら、上川隆也さんを殉職させないで欲しかった。
    悪いのはキムタクなんかじゃなくて、脚本家では?
    ましてや相棒の後を引き継げるの?

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4NzExMTU2

    いまでもイケメンな反町がやればいいのに

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!