10万円でできるかな・宝くじ企画のヤラセ発覚で打ち切りへ? 週刊新潮がテレビ朝日番組の裏側報道で物議。

10万円でできるかな出演のKis-My-Ft2とサンドウィッチマン

Kis-My-Ft2とサンドウィッチマンが出演のバラエティ番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系 月曜20時)で、ヤラセ行為が発覚したと13日発売の週刊誌『週刊新潮』が報じたことで物議を醸しています。

『週刊新潮』によればヤラセが発覚したのは、深夜時代から行われている10万円分の宝くじをキスマイメンバーらが購入し、元を取れるか、いくら当たるかなどを検証する企画で、番組関係者に取材したところ、「実際は10万円の数倍の資金が費やされていた」ことが判明したといいます。

実際に、昨年7月15日放送の「スクラッチ宝くじ削り旅 ~ショッピングモール編~」に参加したスタッフが、「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」と暴露しています。

この回にはキスマイの北山宏光さん、宮田俊哉さんに加えて、少年隊・東山紀之さん、俳優の塚本高史さん、三四郎・小宮浩信さんが出演し、2チームがそれぞれ5万円分のくじを購入して、当選金額を比べるという内容で、この日の番組視聴率は過去最高の15.3%(関東地区)を記録していました。

<↓の画像は、昨年7月15日放送回の写真>
2019年7月15日放送『10万円でできるかな』

しかし、この企画の裏ではヤラセ行為があったといい、チーフディレクターがスタッフにスクラッチ削りを指示した理由について前出の番組関係者は、「削り続けるうち当たりがおのずと見えてくる。つまり、全部を削る前にどこにどの柄が出たら当たりになるかという“法則”が見つかるのです」と明かしています。

これによって、大量購入したスクラッチくじのうち法則に関わる部分だけを処理し、法則に沿って当たりだと分かったら削る余地を残しておき、それを本番に使用する用にストックするという作業をしたそうです。

この作業に注ぎ込まれた費用は設定金額10万円の数倍の額だったそうですが、出演者たちには「手間を省くため途中まで削っておきました」とだけ伝え、事前にストックしておいた当たりくじと購入したばかりのくじを差し替えたそうで、出演者たちはこのようなヤラセが行われていることを知らされていなかったようです。

そして、番組関係者の告発を受けて『週刊新潮』の取材班はテレビ朝日に取材を行っており、問題のヤラセ行為について確認すると、「『スクラッチくじ』企画については、削るマークが9つ前後なので当たりに一定の法則があるのではと推論し、そのシミュレーションとして10万円以上のくじを購入したこともありましたが、既にスクラッチを削ったくじを番組収録に使用することはできません」と説明しヤラセを否定したといいます。

『週刊新潮』はこの回答に対して、「本来の企画の趣旨に照らせば“法則を見つけるシミュレーション”などする必要はなく、苦しい言い分」だと指摘した上で、13日発売の『週刊新潮』では他の企画のヤラセ行為も報じると予告しています。

この報道に対してネット上では、

  • 666万円使ってロトだか買ったユーチューバーが最近いたよね。そしたら散々な結果でもうやらないとか言ってたよ。これが真実でしょ。
    サンドは嫌いじゃないが、この番組は当たりすぎて胡散臭いと思ってた。ヤラセと言われても驚かない。
  • そりゃヤラセしてでも当たり出さないと、宝くじの協会から企画に許可出ないだろう。
    っていうか他人がクジ当てるの何が面白いんだろうと思う。いい企画の時もあるから宝くじはやめて欲しい。
  • うすうすそんな気はしてた。『そんなに当たるかな?』と。
    ある程度は大きい当たりが出ないと番組として盛り上がらないという事なんだろうね。
    好きな番組だっただけに残念。サンドとキスマイも騙された被害者であることは明確にしていかないと。
  • こういう無意味なヤラセってまだあるんだね。別に今どきの視聴者は「当たらなきゃ当たらないでリアルでいいんじゃない」ぐらいにしか捉えないと思う。
  • バスサンドのバス乗車時間も、明らかに無理な時間なのに間に合うとかあるから、これもヤラセかなと思う時がある。
    テレビなんてヤラセが当たり前なのにいちいちうるさい。まあ、宝くじの方は金額が多額なのでこの問題は厳しいかもね。
  • 深夜枠で面白かったのに、そんなに宝くじの企画ばかりに偏り始めて、これでいいのかなって思ってた。
    これで終了とかなったら、前進番組から見守ってきたファンが泣くよ。

などのコメントが寄せられています。

『10万円でできるかな』は2017年10月に深夜枠でスタートし、昨年3月にゴールデン帯(19~22時)に昇格となり、キスマイにとっては初のゴールデンレギュラー番組で、メンバーだけでなくファンも大喜びしていたのですが、ヤラセ問題が報じられたことによって打ち切り終了となるかもしれませんね…。

『10万円でできるかな』では深夜時代から度々宝くじ企画を行っているのですが、ゴールデン昇格後に高額当選が連発するなどしていたことで、以前からヤラセを疑われていました。

最近では今年1月13日放送の「年末ジャンボ宝くじ買ったらいくら当たるかな!?」で、出演者1人当たり10万円分の宝くじを購入し、出演者9人で1万円の当たりくじを23枚出し、そのうちキスマイの藤ヶ谷太輔さんは6枚も当てていたほか、メイプル超合金・安藤なつさんは当選確率1万分の1という2万円の年末ラッキー賞を獲得しました。

さらに、メイプル超合金・カズレーザーさん、EXIT・りんたろー。さん、キスマイの玉森裕太さん、二階堂高嗣さん、四千頭身・石橋遼大さんの5人が10万円の当たりくじを出し、出演者16人のうち5人がプラス収支という異常なまでの当選率となっており、さすがにこれはヤラセなのではとの声が視聴者から上がっていました。

『10万円でできるかな』では深夜時代の2018年4月に、キスマイ二階堂高嗣さんがテレビの宝くじ企画では20年以上ぶりに、総額100万円以上のくじ当選(ロト6の3等・2口など)をしており、これが様々なメディアに取り上げられたことで大きな話題になりました。

これによってハードルが上がってしまった結果、今回のようなヤラセが行われるようになってしまったのか否かは定かではありませんが、昨年3月放送のゴールデン進出フライングスペシャルでは、「ガチ高額当選発生」「テレビの歴史が変わる」「奇跡を起こす」などと煽っていたものの、最も高かったのが約50万円の当選だったため視聴者から、「玉森の50万円で高額当選は言いすぎ」と指摘する声もありました。

さらに、番組の企画が宝くじ購入や懸賞応募などに偏っていることもあり、「もうネタ切れ感がすごい」「宝くじ企画マンネリでつまんない」といった声も上がっていました。

そうした中で『週刊新潮』が複数の企画でヤラセを行っていたことを明らかにし、これがもし事実だとすれば、キスマイやサンドウィッチマンのイメージにも悪影響が及ぶ可能性大なので番組継続は難しいのではと思いますが、テレビ朝日は今後どういった対応をするのか動向を見守っていきたいですね。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2020/02121659/
  • https://myjitsu.jp/archives/104985
  • https://wezz-y.com/archives/64464
  • https://jisin.jp/life/living/1620925/
7件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMjM0

    キスマイなんか出すからだろうと思ってた

  2. 2
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    こっちが損するわけでもないからいんじゃない?番組楽しくなったらそれでよし。視聴者に損害が及ぶヤラセや詐欺まがいなヤラセはダメだけど

  3. 3
    匿名
    ID:NDU4NTM2OTEw

    深夜の方が良かったかな
    暇潰しに見るような番組かな

  4. 4
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    まったく地上波テレビ、またも視聴者を裏切ったんじゃない?
    面白くて楽しい番組を作るのはいいけど、やらせは気に入らない!

  5. 5
    匿名
    ID:MTc4NzE0NjI5

    テレ朝も日テレと争ってるもんだから数字を求め過ぎた結果
    他局もヤラセはあるんだろうけどね

  6. 6
    匿名
    ID:MTc4NzE0NTE4

    まぁ200円とか一番低い金額しか当たらないのが普通だよ。
    反町の時にやたら千円以上が出てたから違和感はあったね。

  7. 7
    匿名
    ID:MjIzOTQ2NDcz

    えっあの番組やらせじゃないと本気で思ってた人いたのwwそっちにびっくり

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について