錦戸亮の武道館ライブに生配信詐欺の声も…事前収録動画の公開が判明し物議。女性自身が裏側報道で批判殺到

元関ジャニ∞・錦戸亮

『関ジャニ∞』の元メンバー・錦戸亮さん(にしきど・りょう 35歳)が7・8日に、日本武道館での無観客ライブをネット配信したのですが、このライブは生配信ではなく事前収録されたものだったことを週刊誌『女性自身』が報じています。

錦戸亮さんは7日に、ファンクラブ会員限定の前夜祭ライブ『錦戸亮 ONLINELIVE “孤軍奮闘” at 日本武道館』、8日に『錦戸亮 ONLINE LIVE “不撓不屈” at 日本武道館』を開催し、前夜祭では1人での弾き語り、8日はバンド形式でライブパフォーマンスを披露していました。

無観客での武道館ライブについて芸能関係者は、「事前にチケット購入することで、当日19時半からの配信ライブを見られるシステム。3,900円という価格設定にもかかわらず、多くのファンが申し込んだようです。7日の前夜祭はシステム障害でスタート時刻が大幅に遅れたものの、最終的には絶賛の声が上がっていました」と語り、実際にファンからは「生配信に感動」「これが生配信ってほんとすごい」などの声が上がっていました。

しかし、女性自身の取材によって武道館ライブが生配信では無かったことが判明しており、前夜祭ライブ開催の7日の昼過ぎ、錦戸亮さんは事務所の車に乗って会場に姿を現し、本番に向けて緊張感が漂っていたそうです。

<↓の画像が、7日昼過ぎに女性自身が撮影の錦戸亮さんの写真>
武道館ライブをした元関ジャニ∞錦戸亮

そして、ライブ開始予定時間の19時30分から30分が経過した20時過ぎには、事務所の車が会場を後にし、スタッフの姿も一切なく完全撤収状態になっていたとのことです。

その翌日の8日にいたっては、錦戸亮さんやスタッフが会場に姿を現さなかったそうで、武道館関係者に話を聞いたところ、「会場は、もぬけの殻でしたよ。無観客どころか、錦戸さん本人も不在。ステージも完全に片づけられていました……」と明かしたといいます。

女性自身の取材班は真相を確かめるため、錦戸亮さんの所属事務所に取材したところ、今回のオンラインライブは、予定していたスケジュールからの大幅な変更や当日雨天の関係もあり、当初より生放送ではなくディレイ放送という形を取らせて頂いております。通常のコンサートでは不可能な、ライブ配信ならではのカメラワークや照明の演出が可能になり、クリエイティブな観点からもご覧頂いた方にはご満足頂けたかと思っておりますと、放送事故などを防ぐ目的で、事前収録したものをネット配信したことを認めたとのことです。

これに対してネット上では、

  • これって新たな詐欺と変わらないような
  • これは!?つまり詐欺なのか??ファンが悲しまなければよいが。
  • 嘘はダメでしょ。せっかく支持してくれるファンを騙したわけだ
  • 最初から収録での配信を予定していたなら、当日雨天って言い訳は不要なように思うけど。
  • 初日は90分も開始時間が遅れて、せっかちなNSKDさんがさぞやイライラしてたであろうと思ってたら、事前収録で、本人は、配信時間帯にはさっさと帰ってたって事ですね。最初から生配信じゃないって言えばいいのに。
  • LIVEと言えば普通に生だと思ってしまう。元々録画を配信しようと思ってたなら、「LIVE配信(録画)」ってしなきゃ、詐欺だと思われても仕方ない。
  • このご時世、生配信じゃなくても事前に言えば納得すると思うが、「これ生配信なんだよ、錦戸くんやっぱりすごい」って言ってたファンは赤っ恥ですね
  • ほとんどの人が事前収録だと知っていた状況なら別に問題無いけど、生だと思って見てた人が多かったなら、配信前にきちんと事前収録だと告知しておくべきだったと思う
  • 7日はシステムトラブルでほとんどまともに見れなかった事に対してTwitterで錦戸さんに「生で同じ時間を過ごす事に意味があるのに…アーカイブでは意味がない」とか、「一緒に味わいたかった」など、ほとんどの方が生前提だった様子。
    次の日は対策とってて、ちゃんと観れた事に対して「生なのにカメラワークがすごい!」という絶賛の嵐だったから、ほとんどのファンが生だと思ってたと思う。
    配信側からしたら失敗はカットできるし、カメラワークも確認しながら一番良いように編集できるから完璧なもの観れたんだからいいでしょ、ってことなのかな?
  • たとえ「生配信」と記載が無かったとしてもライブは当然「生」だと思ってしまいますよね。
    嵐のライブは販売前からちゃんと生配信ではないと伝えていて、会場にファンが集まらない為(密を避ける為)だとしても、色んな意味でファンに対して誠実だなという印象を受けました。
    この方の場合は事前収録の理由もなんだか言い訳っぽいというか。。

などの声が上がっており、物議を醸しています。

錦戸亮さんは自身のツイッター上で、7・8日に日本武道館から配信ライブを行うことを告知し、ライブの配信終了後には「日本武道館にて2日間行った配信ライブ、無事?なんとか終わりました。」とツイート。

<↓の画像は、錦戸亮さんのツイート写真>
錦戸亮の武道館ライブ後のトラブル謝罪ツイート
錦戸亮の武道館ライブ後のツイート

所属する『NOMAD RECORDS』の公式アカウントなどのツイートを見ても、ライブが生配信であることを思わせる投稿をしており、事前に収録したものを配信したことを明らかにせず、ライブ配信しているかのように装うのは問題ありかと思います。

ちなみに、一部の音楽系メディアがライブ後にネット配信した記事には、「生配信でありながら、ドキュメンタリー映画のようなクオリティの映像美で視聴者を楽しませた。」と記されていたのですが、この部分が後に書き換えられ「生配信」というワードが消されています。

また、錦戸亮さんは12日に『ORICON NEWS』が配信のインタビュー記事の中で、「リハーサルは事前にきっちりやって、完全なる生配信にはできないまでも、ライブならではの臨場感、緊迫感というのも全部詰めて届けたかった。」「ライブを生配信しようとすると、どうしても、物理的に難しい部分が生じてしまう」などと語っています。

所属事務所は女性自身の取材に対して、「当初より生放送ではなくディレイ放送という形を取らせて頂いております」と回答しており、最初から生配信ではないと決まっていたのであれば、その旨をアナウンスしても良かったのではないかと思いますね。

今後またライブをネット配信する際には、生配信なのか事前収録したものを配信するのかを明らかにし、余計なトラブルが発生しないようにしてもらいたいです。

参照元
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1902682/
  • https://www.oricon.co.jp/news/2174196/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    ちびだから役者できないの痛いよね
    役者としても悪くないのに

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4NTQ1MzQy

    いや、役者は微妙

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について