賀来賢人『犬神家の一族』スケキヨ役で注目、加藤シゲアキはキャスティングミス? 金田一耕助役に疑問や否定の声

賀来賢人

俳優・賀来賢人さん(かく・けんと 29歳)が、12月24日放送のスペシャルドラマ『犬神家の一族』(フジテレビ系 21時30分~23時33分)に出演することが19日に発表され、物語の重要なカギを握る“スケキヨ”こと犬神佐清(いぬがみ・すけきよ)を賀来さんが演じるということで注目を集めており、ネット上では様々な反応が上がっています。

『犬神家の一族』は、『金田一シリーズ』などで知られる推理作家・横溝正史さんが1972年に発表した作品で、これまでに映画は3本、ドラマは5本制作されており、名作と言われる『犬神家の一族』で平成最後に私立探偵・金田一耕助役を演じるのはNEWS・加藤シゲアキさんとなっています。

<↓の画像が、平成最後の『犬神家の一族』で金田一耕助役を演じる加藤シゲアキさんの写真>
金田一耕助役の加藤シゲアキ

『犬神家の一族』は遺産相続をめぐって、醜い骨肉の争いを繰り広げる一族に起きる様々な事件が起き、それを金田一耕助が解決に導くといったストーリーで、賀来賢人さんが演じるスケキヨは、犬神家の長女・松子の息子です。

スケキヨは第二次世界大戦中のビルマ(現ミャンマー)戦で顔にケガを負ったことで戦線を離れ、帰郷することになります。

しかし、スケキヨは顔を負傷していることから松子は、東京で作らせたゴム製マスクを顔を完全に覆うように装着させ、その姿で犬神家に戻ってくるのだが…といったストーリー展開になっています。

<↓の画像は、尾上菊之助さんが2006年公開映画『犬神家の一族』で演じたスケキヨの写真>
スケキヨ・尾上菊之助バージョン

スケキヨ役に抜擢された賀来賢人さんは、「佐清は、不気味、そして実はとても悲しい人物で、犬神家における象徴的な人物だと思います。自分なりに佐清を丁寧に演じられたらと思います。(現在主演している)『今日から俺は!!』で演じる三橋貴志はひたすら無駄に動いていて(笑)。佐清という役では、逆に動かない“静”の芝居なので、真逆の役の作り方を楽しみたいなと思います」とコメントしています。

<↓の画像は、実写ドラマ『今日から俺は!!』でヤンキー高校生役を演じている賀来賢人さん(左)、伊藤健太郎さん(右)>
今日から俺は!!の賀来賢人・伊藤健太郎

賀来賢人さんをスケキヨ役に起用した理由について、フジテレビ編成局制作センター第1制作室・金城綾香プロデューサーは、「私の中での“賀来賢人”は、いつまで経っても未知な方」「作品が変わるごとに、すっかり印象が変わってしまう。作品の空気を作って、物語の世界に溶け込んでしまう。そんな賀来賢人さんに佐清をぜひ演じていただきたく、オファーさせていただきました」と説明しています。

なお、これまでに映画・ドラマ版でスケキヨ役を演じたのは、あおい輝彦さん、尾上菊之助さん、田村亮さん、石黒賢さん、椎名桔平さん、西島秀俊さんなどと、重要な役どころだけに演技派の役者が起用されています。

そして、賀来賢人さんが平成最後にスケキヨ役を演じることに対してネット上では、

  • うわぁー!楽しみっ!賀来くんの違った面が見られそうで嬉しい!ただ、金田一は別の俳優さんでお願いしたい。
  • 金田一がありえん。
  • 金田一の役を賀来賢人にやってほしかった。
  • 百歩譲って、金田一とスケキヨが逆なら見たかも。
  • 初めは榮倉奈々のダンナとか、賀来千賀子甥って言われてたけど今じゃ立派な俳優さんだね。でも、金田一の役は違う人がいいな。
  • 別にジャニーズだから全て駄目とは言わんけど、加藤シゲアキは滑舌がよろしくない。なので俳優業は根本的に向いてないと思う。
    金田一役となると推理シーン等でのセリフや一人語りが多くなるわけで余計に…。
  • せっかくの有名で面白い物語が、金田一で台無しになりそうな予感…。もっとちゃんとした俳優さん使えばいいのに

などのコメントが寄せられており、賀来賢人さんの出演に喜びの声が上がる一方で、主人公の金田一耕助を加藤シゲアキさんが演じることに対して心配する声や、否定的な声が改めて上がる事態となっています。

加藤シゲアキさんは7月期放送の『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)で主演するなど、ここ最近役者としての活動が活発的になっており、これにファンからは喜ぶ声が多く上がっているのですが、加藤さんは東出昌大さん等のようにセリフが棒読みになる傾向があり、声質や滑舌が関係しているのか、ハッキリと何を言っているのか分からない時もあるため、加藤さんを主演に起用することには否定的な声も目立ちます。

ジャニーズでは2004年に稲垣吾郎さんが、フジテレビ系で放送された『犬神家の一族』で金田一耕助を演じており、それから2009年までに『八つ墓村』『女王蜂』『悪魔が来りて笛を吹く』『悪魔の手毬唄』の5本で主演し、『犬神家の一族』は平均視聴率16.5%という結果でした。

稲垣吾郎さんが主演した『犬神家の一族』

さすがにクリスマスイブに放送し、『犬神家の一族』で15%以上の数字を獲得するのは難しいかと思いますが、恐らく脇を固めるキャストを少しでも豪華にして数字を取るといった手も使うと思いますので、加藤シゲアキさんが平成最後に金田一耕助を演じることに対しては批判もあるものの、2ケタ獲得となるかどうか数字と視聴者の反応に注目したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について