草彅剛が日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞、二宮和也と共演で反響。ジャニーズ事務所の反応は…画像あり

ジャニーズ テレビ番組・映画 噂・疑惑

草彅剛と二宮和也

『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が19日に行われ、元SMAPで俳優・草彅剛さんが初めて最優秀主演男優賞を受賞したほか、主演映画『ミッドナイトスワン』が最優秀作品賞も受賞し、加えて嵐・二宮和也さんと久々の共演を果たし、大きな反響を呼んでいます。

『第44回日本アカデミー賞』の優秀主演男優賞は、『罪の声』の小栗旬さん、『ミッドナイトスワン』の草彅剛さん、『Fukushima 50』の佐藤浩市さん、『糸』の菅田将暉さん、『浅田家!』の二宮和也さんが受賞し、この中から『ミッドナイトスワン』でトランスジェンダーの難役を演じた草彅さんが最優秀賞に選ばれました。

授賞式の模様は日本テレビなどで放送され、草彅剛さんがジャニーズ事務所の後輩だった二宮和也さん等と共に、笑顔でレッドカーペットを歩きました。

<↓の画像は、レッドカーペットを歩く草彅剛さん等の写真>
草彅剛と二宮和也が共演、日本アカデミー賞レッドカーペットを歩く画像

そして、草彅剛さんが最優秀主演男優賞に選ばれた際には、二宮和也さん等が拍手で受賞を称えていたほか、草彅さんが二宮さんのことを「ニノちゃん」と呼ぶ場面もありました。

『第44回日本アカデミー賞』草彅剛さんのトークシーン動画

そして、『日本アカデミー賞』で初めて最優秀主演男優賞を受賞した草彅剛さんは受賞スピーチで、マジっすか…ごめんなさい、なんか頭真っ白になってしまって…本当に今までなんだろう、皆さんと仕事をさせてもらえたこととか、仲間の皆さんに応援していただいていることとか、(香取)慎吾ちゃんとか(稲垣)吾郎さんとか、本当に近い人が支えてくれて、今日この舞台に立てたんだなと思って嬉しいですと、目に涙を浮かべながら受賞の喜びを語りました。

<↓の画像が、最優秀主演男優賞を受賞した草彅剛さんの写真>
草彅剛が第44回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞

また、奇跡が起きるんだなと思って。諦めたりしないで一歩ずつ、またそこから少しでも進むといいことあるんだなと。」「人生捨てたものじゃないなとすごく思うことがあると語っていました。

『第44回日本アカデミー賞』最優秀主演男優賞の発表シーンの動画

草彅剛さんは『ミッドナイトスワン』で、在京スポーツ紙の7紙で構成の『東京映画記者会』による映画賞『第63回ブルーリボン賞』でも、主演男優賞に選ばれており、意外にも映画で個人賞を受賞するのは初ということで話題になりました。

さらに、『第63回ブルーリボン賞』の主演男優賞候補には、二宮和也さんも選出されていたため、主催側がジャニーズ事務所に忖度することなく、草彅剛さんを主演男優賞に選んだことでより大きな反響を呼ぶことになりました。

『東京スポーツ』(東スポ)によれば、草彅剛さんは2016年末にSMAP解散後、2017年にジャニーズ事務所を退所、SMAPの元チーフマネージャー・飯島三智さんが立ち上げた事務所に所属し、香取慎吾さんや稲垣吾郎さん等と活動を共にしており、もし『日本アカデミー賞』で草彅さんが最優秀主演男優賞を受賞した場合、ジャニーズ事務所側はピリピリすることが予想されていたといいます。

しかし、草彅剛さんが最優秀主演男優賞を受賞後も、ジャニーズ事務所側は特に悔しさを募らせていないそうで、その理由について芸能プロダクション関係者は、「公正取引委員会から、退所した元SMAPを民放テレビに出演させないように圧力をかけた疑いがあるとしてジャニーズは注意を受けました。今回、まさにその元SMAPが最高賞に輝いたわけです。つまり公正な選出をアピールできるメリットがある。『ほら、うちは圧力をかけていないし、映画会社や協会員たちがうちに忖度することもないでしょ?』ってね」と語り、今回の『日本アカデミー賞』は双方がWin-Winになるものだったのかもしれないとしています。

そして、草彅剛さんの最優秀主演男優賞受賞などに対してネット上では、

  • 素直に草彅くんおめでとう。本当にすばらしい演技だった。福島フィフティの佐藤浩市を押さえての最優秀は凄い
  • 日本アカデミー賞が、いい作品はいい と忖度関係なく評価してくれたことが嬉しい
  • ノミネートされた4人が、先頭の草彅を笑顔で讃えながらレッドカーペットを去る。素晴らしいシーンだと思った。
  • そもそも俳優さんへの賞なわけで事務所への忖度があってはいけないんですよね!厳正に選ばれたってだけ!つよぽんおめでとう
  • これだけ、ジャニーズを退所する人も増えてるのだから、今後はそういう意識を持たなくて済む芸能界であってほしい
  • たとえ退所した人でも、自分のところで育ったタレントが賞を取るのは嬉しいのでは?
    タッキー体制になってこれからどうなるか、どう変わるか
  • 別に草彅さんだって、嵐の二ノ宮さんだって仲が悪いわけでもない。事務所の中が荒れていただけ。
    草彅さんが実力をもって勝ち取った賞。おめでとうございます!これからも応援しています!
  • 剛くん、最優秀主演男優賞受賞と最優秀作品賞受賞おめでとう!こんなに嬉しいことはない。
    剛くんが二宮と同じフレームに収まったレッドカーペットの入場シーンも良かったな。剛くんに決まった瞬間、二宮の目も潤んでいたよ。
    あれは、きっと悔し涙じゃない。今回は二宮も、剛くんの受賞を自分のことのように喜んでくれたんじゃないかな?
  • 今回の最優秀主演男優賞は草なぎ剛一択やったと思う。もちろんニノの浅田家も良かったけどね。
    2人が並んで、会話してる所を見られただけで満足

などの声が上がっています。

2月に発表された『第63回ブルーリボン賞』と同様に、『第44回日本アカデミー賞』の最優秀主演男優賞は草彅剛さん、最優秀主演女優賞は長澤まさみさんが選ばれ、この結果に対しては否定的な声は少なく、納得の結果という声が多く上がっています。

しかし、『日本アカデミー賞』の放映権は、ジャニーズ事務所と密接な関係にある日本テレビが持っていることから、東スポが報じているとおり、もし公正取引委員会が、ジャニーズ事務所によるテレビ局などへの圧力疑惑の調査、注意を行っていなかった場合、草彅剛さんの演技が正当に評価されず、候補から除外されていた可能性は無きにしもあらずですね。

そのため、今回の『日本アカデミー賞』での最優秀主演男優賞受賞は、非常に大きな意味を持つものなのかもしれません。

芸能界の悪しき慣習に関しては、公正取引委員会が調査を行った後も残ってはいますが、草彅剛さん等がジャニーズ事務所を退所してから早3年半が経ち、テレビ番組に出演する機会は徐々に増えてきており、2月からスタートしたNHK大河ドラマ『青天を衝け』では4年ぶりの連ドラ出演を果たしています。

芸能界で大きな力を持つジャニーズ事務所を離れたことにより、今後も様々な壁にぶち当たる可能性はありますが、引き続き前進し、様々な場で活躍する姿を是非とも見せてほしいですね。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/johnnys/2915400/
  • https://mdpr.jp/cinema/detail/2491406
  • https://mdpr.jp/cinema/detail/2490918
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    忖度なくて良かった
    草なぎ剛、長澤まさみ、渡辺謙
    誰が見ても納得

  2. 2
    匿名
    ID:MjEyMTEwMzkw

    ニノだったら、つよぽんに打ち破られたどころか「さすが」。
    じゃないと、ニンマリしないんだもの。
    とにかく悪いのはすべてメリー!
    工藤静香の味方なら、バーニングプロへの寝返り。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!