相葉雅紀『僕とシッポと神楽坂』実写ドラマで主演、獣医師役に挑戦へ。役柄にピッタリの声や演技下手と厳しい反応も

相葉雅紀

嵐・相葉雅紀さん(あいば・まさき 35歳)が、10月スタートの深夜ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系 金曜23時15分)で主演することが明らかになりました。

相葉雅紀さんがテレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で主演するのは、2011年放送の『バーテンダー』以来7年半ぶりで、2009年に放送された『マイガール』を含めて同枠では3度目の主演となります。
ちなみに、相葉雅紀さんは『マイガール』で初めての連続ドラマの主演を務めました。

それから早9年が経ち今回演じるのは獣医師の役で、このドラマは2012年から連載(現在は続編『しっぽ街のコオ先生』を連載)されている同名漫画(原作:たらさわみちさん)の実写ドラマ化となっています。
(原作はこちらで試し読み可能)

<↓の画像が、原作の漫画『僕とシッポと神楽坂』の写真>

相葉雅紀さんが演じる主人公・高円寺達也は、東京・神楽坂にある動物病院『坂の上動物病院』で働く獣医師で、動物や飼い主たちの交流を描いたハートフルストーリーになっています。

『僕とシッポと神楽坂』のキャストはまだ相葉雅紀さん以外は発表されていないのですが、相葉さんと共に犬のダイキチ、猫のオギがレギュラー出演することが発表されています。

<↓の画像が、相葉雅紀さんと犬のダイキチ、猫のオギの写真>
ドラマ『僕とシッポと神楽坂』出演の相葉雅紀

ドラマの内容は、高円寺達也が勤務していた病院を辞めて東京・神楽坂の実家へと戻り、徳丸先生という獣医師の元で働こうとしていたところ、達也に病院を任せて徳丸先生が突然姿を消してしまいます。

達也は突然のことに戸惑いながらも徳丸先生の後を継ぐ形で開業し、病院にやってくる犬や猫たちの診療を行い、神楽坂の人々と交流を深めていき「コオ先生」という愛称で親しまれていきます。

手術前には飼い主たちに「〇〇さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」という言葉をかける優しい獣医師であり、ペットたちの命を守るために奮闘する日々を描いています。

この作品の監督は、ウッチャンナンチャン・内村光良さん主演のドラマ『ボクの妻と結婚してください。』、野村周平さん主演の映画『サクラダリセット』、嵐・櫻井翔さん主演の『神様のカルテ』などを手掛けた深川栄洋監督(ふかがわ・よしひろ 41歳)が担当しています。

初の獣医師役に挑戦する相葉雅紀さんは、「お話をいただいた後、どんな物語なんだろうとすぐに原作を読みました。“動物の終末ケア”といった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人とのつながりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとてもすてきな物語だと感じました。ドラマではどんなストーリーになっていくのか、今から演じるのがとても楽しみです。」とコメントしています。

<↓の画像が、『僕とシッポと神楽坂』主演の相葉雅紀さんの写真>
『僕とシッポと神楽坂』相葉雅紀

『僕とシッポと神楽坂』で主演、猫を抱く相葉雅紀

また、「僕が演じるコオ先生はすごく人間味のある人。動物や飼い主の方に寄り添ってくれる優しい人です。コオ先生の周りには年上の女性が多いのですが、僕も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられている感じは、なんだか共感できました(笑い)。1話に1回は手術のシーンも出てくるので、クランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら、役作りも含めて準備していきたいと思っています。」と意気込んでいます。

都築歩プロデューサーによると、相葉雅紀さんを今作の主演に起用した理由について、「相葉さんのイメージそのもので、この“奇跡の合致”を逃すわけにはいかない」と思い熱烈オファーしたと明かしており、6月中旬にクランクインするとのことです。

そして、相葉雅紀さんが獣医師役を演じることに対してネット上では、

  • とても似合いそう。キャラクターにピッタリだと思う。楽しみ。
  • 志村動物園のイメージがあるから獣医役になったんでしょうね。動物に対し 優しい感じだしね。
  • 相葉くん、ナチュシャボンのCMがよく似合ってた。ナチュラル系とか癒し系が良く似合う。ほっとするしかわいい!ドラマは金曜夜だからゆっくり見れる。楽しみです。
  • 正直、貴族探偵よりこういう感じの方が似合ってるのかも。貴族探偵もカッコいいし良かったけど、相葉くんのイメージってなると癒しの役なのかも。
    マイガールやようこそ、わが家へみたいな役の人。ドラマ楽しみです!
  • 前にはお医者さん役だったけど、今度は獣医師ですか。楽しみ!三毛猫抱いてるから一瞬、三毛猫ホームズかと思いました(笑)
  • 東出昌大同様、声が演技向きでないからがんばってもなかなか上手く見えないのが可愛そうなんだけど、動物一緒でほんわか系ならまあ、見やすそうでいいかな。相葉くんらしい役で良かったね
  • 相葉さんの人柄は好きだけど、正直、演技仕事は向いていないと思います。貴族探偵の汚名を返上するための再登板なんだろうけど…バラエティだけでいいのでは。
  • 相葉くん好きだけど演技がイマイチでドラマは観られないんだよね…鼻声だから演技が下手に見えてるだけなのかな…
  • やっぱり『貴族探偵』みたいに背伸びさせすぎてるような役よりこういう心優しい青年役の方が良いと思う。ただ、バラエティーに出たり、夏の甲子園のキャスターを務めたり、グループで歌出してコンサートやったりとこれからまだまだ忙しいだろうから仕事のさせすぎで体調を崩さないか心配だけど。
  • 相葉君の動物愛は本物、それを芝居に生かせれば面白そう。今期放送された『家政婦のミタゾノ』の放送枠、視聴率で指摘された『貴族探偵』の時と違い、楽しんで演じて欲しい

などのコメントが寄せられています。

相葉雅紀さんは2013年以降、2年に1本のペースで連ドラで主演を務めているのですが、最近はフジテレビ系ドラマが続いていたため、テレビ朝日のドラマ出演は『バーテンダー』以来となるようですね。

昨年4月期放送の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)では貴族の探偵を演じ話題になりましたが、相葉雅紀さんは2004年からスタートした『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)にレギュラー出演し、動物相手にも見せる優しい姿が絶賛されており、心優しい獣医師というのはハマり役なのではないかなと思います。

ネット上の反応を見てみると、相葉雅紀さんの演技に対しては厳しい声のほか、不安視する声も声なども多く寄せられていますが、5年前の2013年にはドラマ『ラストホープ』(フジテレビ系)で初めて医師役に挑戦しており、比較的良い評価も受けていたようですし、今回演じる獣医師役は相葉さん本人に近そうな役柄だと感じられるので、どういった演技を見せてくれるのか注目したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について