森田剛と結婚の宮沢りえ極秘で妊活開始? 2人目の妊娠・出産を希望、有名産婦人科に通院の情報

宮沢りえ・森田剛

V6・森田剛さん(39)と女優・宮沢りえさん(45)が3月に結婚し、早4ヶ月が経とうとしていますが、宮沢さんが妊活に励んでいることを10日発売の週刊誌『女性自身』が報じ注目を集めています。

『女性自身』によると、宮沢りえさんは7月上旬の午前10時過ぎに、有名産婦人科が入るテナントビルの裏口に入っていく姿を目撃したといい、1時間半ほどしてから姿を現した宮沢さんは、マネージャーとみられる男性に守られながら車に乗り込んでいたとのことです。

<↓の画像が、『女性自身』が撮影の写真>
妊娠治療中の宮沢りえ

不妊治療に詳しい医療関係者によれば、宮沢りえさんが“極秘通院”しているこの有名産婦人科は、不妊症に悩む女性たちに最先端の生殖補助医療を提供しているそうで、「卵子の若返り」を目的に行う不妊治療など、ここでは様々な不妊治療を受けられると評判のようです。

宮沢りえさんは結婚当初から、森田剛さんと「いつか2人の子どもが欲しいね」と話し合っていたといい、妊活をするために結婚後は仕事をセーブしているそうで、今年は舞台や映画などの仕事は入っていない状態とのことです。

なお、成城松村クリニックの松村圭子院長によると、40代以降の不妊治療はほとんどが体外受精もしくは顕微授精になるといい、42歳以上になると出産に至る可能性が著しく低くなり、体外受精での成功率は50回に1回ほどとかなり低いそうです。

こうした確率の低さや、年齢に比例して過酷さが増していく妊活に強いプレッシャーを感じた宮沢りえさんは妊活を始めた当初、なかなか思うように進まないことで精神的に不安定になることもあったと知人が語っており、親しい友人に泣きながら電話をしたこともあったといいます。

また、宮沢りえさんが2人目の妊娠に強くこだわっている理由について知人は、「前夫との間に生まれた長女(9)を我が子同然に可愛がってくれる森田さんの姿を見て、妊活を始めたそうです。というのも、連れ子と実子がいたら“自分の子を可愛がるのでは”と思い込んでしまいますよね。彼女は母親として、それだけは避けたかったのだと思います。でも、りえさんの心配は杞憂でした。娘さんも森田さんを“パパ”と呼んでなついているそうですから。これなら森田さんの子どもが出来ても安心だと、決心がついたのでしょう」と語っています。

そして、宮沢りえさんの妊活報道に対してネット上では、

  • デリケートな問題なんだからそっとしといてあげてほしい
  • マスコミは、女性が産婦人科に行くのは妊娠の時だけと思ってんのかな。45歳ならいろいろあるよ。ガン検診とかもあるんだし。そもそもこんなデリケートなこと、マスコミにペラペラ喋るような軽い知人に話すとは思えない。
  • 娘さんのことがいよいよ心配になってしまうのは私だけかしら…
  • 年的にやめといたほうが…
  • お金があるならいいんじゃない?ただ45歳は体力、リスクと大変だと思う
  • まぁハリウッド女優も50近くで産んでるし、お金も湯水の如くかけられるからひょっとしたらひょっとするかもね
  • 同年代だけど今から妊娠出産子育てと考えただけで寝込む。すごいなあ
  • きちんと子育てするなら良いけど、産むだけなら辞めてほしい
  • 高齢出産ていろいろリスクあるから、もし妊娠して産むなら母子ともに健康でいてほしい

などのコメントが寄せられています。

宮沢りえさんは森田剛さんと結婚する5ヶ月ほど前に、出演を予定していた舞台を突如降板していたことを『女性自身』によって報じられており、この報道がきっかけで宮沢さんは2人目を妊娠しているのではないかという疑惑が浮上しました。

しかし、結婚発表時には妊娠をしているという情報は無く、宮沢りえさんが舞台降板をしてからすでに約9ヶ月となるものの、妊娠している様子は全くないことから、どうやら妊娠説については憶測に過ぎなかったようです。

そうした中で、宮沢りえさんの極秘妊活が報じられたわけですが、もし本当に妊活をしているのであれば、妊娠する確率は非常に低いものの、諦めずに頑張ってほしいです。

ラジオパーソナリティーの坂上みきさん(59)は、47歳だった2006年に12歳年下のニュージーランド出身の男性と結婚し、不妊治療に励んだ末の2012年9月に、当時53歳で第1子となる長男を出産しています。

ですが、無事に妊娠するまでには様々な苦労を重ね、辛い日々を過ごしたことを昨年3月放送の『サワコの朝』(TBS系)などで告白しており、妊娠治療中には流産を一度経験し、妊活を始めてから長男を出産するまでに約10年かかったことを明かしています。

治療の内容によっても妊娠の確率は変化しますが、45歳以上になると妊娠する確率は5%程度にまで下がると言われており、それに加えて高齢出産は様々なリスクが高まることから、妊娠治療に力を入れるにしても、あまり無理はしないでほしいとも思いますね。

参照元
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1647040/
  • http://news.livedoor.com/article/detail/14976179/
  • https://www.news-postseven.com/archives/20180629_709201.html
  • https://www.sbc-ladies.com/column/funinsho/1767.html
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTkzMzY2ODY2

    なんだか頑張って欲しいと素直に応援できる二人

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について