株式会社TOKIO始動で公式サイト開設。木製名刺やロゴ、動画公開。福島県庁にTOKIO課設置、新プロジェクト始動

TOKIO国分太一・城島茂・松岡昌宏

3月末をもって長瀬智也さんがTOKIOを脱退、ジャニーズ事務所を退所し、TOKIOの3人が新会社『株式会社TOKIO』を本格的に始動させ、公式サイトやツイッターアカウントを開設したことが発表されました。

TOKIOは昨年7月、ジャニーズ事務所の傘下に関連会社として、藤島ジュリー景子社長を代表とした新会社『株式会社TOKIO』を設立し、城島茂さんが社長(リーダー)、国分太一さんが副社長(企画)、松岡昌宏さんが副社長(広報)という肩書となっています。

<↓の画像が、『株式会社TOKIO』の国分太一さん、城島茂さん、松岡昌宏さんの写真>
TOKIOのメンバー画像

メンバーたちは『株式会社TOKIO』を始動するにあたり、福島県の杉を使った木製の名刺作りを行ったといい、3人で福島県内の森林で木を伐採、それを加工、デザイン、色入れまで自分たちで行ったとのことです。

<↓の画像が、メンバーが製作した木製名刺の写真>
株式会社TOKIOの木製名刺

名刺作りに加えて会社紹介動画を制作し、福島県や国道1号線の起点となる東京・日本橋で2日間にわたって撮影を行い、動画には木製名刺の製作工程の様子も収められており、BGMは国分太一さんが作曲を担当したそうで、紹介動画は公式サイト上で公開されています。(株式会社TOKIOの公式サイト

『株式会社TOKIO』のテーマは、「COMPANY(会社)&ACCOMPANY(一緒に)」で、会社ロゴ中央の「K」の文字には「強く結んだ絆を胸に」という思いが込められているといい、3本の木を赤い絆で結んだデザインとなっています。

<↓の画像が、『株式会社TOKIO』のロゴ写真>
株式会社TOKIOの企業ロゴ

『株式会社TOKIO』は今後、メンバーに加えてジャニーズ事務所からの出向社員や、TOKIOをよく知るスタッフら数人が加わって運営していくといい、冠番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の企画などで縁が深い福島県の県庁には、1日から「企画調整課」内に『株式会社TOKIO』との窓口「TOKIO課」が設置されました。

『株式会社TOKIO』は、「福島を楽しんでもらう」というプロジェクトを始動させ、今後は福島県と連携して、復興を応援する施策の考案なども行っていくそうです。

福島県を通じて『株式会社TOKIO』は、「今後、福島の皆さんと一緒に福島を楽しんで頂けるプロジェクトを考えております。TOKIOはこれまで様々な現場で、たくさんの方々と出会い、色んな知識や技術を見て感じて参りました。そんな僕達の経験も交え、福島県と株式会社TOKIOで、できること、やれることを考えていこう、今日という時を、未来という時を実現していこう。そんな思いで設置して頂きました」とのコメントを発表しています。

そして、『株式会社TOKIO』の本格始動を受けてネット上では、

  • お互いが嫌いで分裂したグループと違うから期待と希望が伺える。悲しみと淋しさはまた5人再結成して復活して欲しい。それも我々の心の中の復興なんですよ。お願い致します。
  • 意外にサラリーマンぽく活動するの合ってるかも。こうやってチームになっても存続させていく姿は、抜けた二人にとって心の拠り所になるのかな
    「TOKIOにしかできないこと」よく聞く言葉だけど、TOKIOについては本当にたくさんある気がします。頑張って!
  • 新会社スタートおめでとう!手作り名刺も、3人が真ん中ではなく敢えて右に寄ってしっかり2人分のスペースを開けてるところがまたTOKIOらしいね。
  • 手作り木製名刺、TOKIOらしくて良いな。私も欲しい。TOKIOらしく緩やかに楽しく邁進していってね。
    新会社の発展と5人それぞれの活躍、そしていつかまた5人で活動できる日が来る事を願い祈り応援してます。
  • 山口君も、まずは裏方さんから働いて欲しいな。福島の復興に全力で取り組む事が自らの復興にもなりますから。
  • 芸能活動以外にも福島をはじめとする各地の支援。こりゃ忙しいね!!
    一歩ずつ、少しずつで良いから、TOKIOらしく進んでください!
    ぐっさんと長瀬がいてもたってもいられず、参加するくらい!!

などの声が上がっています。

3月末をもってTOKIOを脱退、ジャニーズ事務所を退所した長瀬智也さんは、最後の出演となった31日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で最後に、「今月いっぱいでTOKIOというグループ、そして『TOKIOカケル』から番組を卒業させていただくこととなりました。皆で楽しくモノを創っている時間で、いつまでも皆と一緒に楽しくやりたいなと思ったんですけど。(中略)本当にTOKIOというグループだからこそ、力の抜けたトークとか世界観に浸れたんじゃないかなと思っています。僕もこれからテレビの前でこの番組を見たいと思っています。皆さんもぜひ引き続き『TOKIOカケル』とTOKIOをよろしくお願いします。ありがとうございました。」とコメントしていました。

山口達也さんに続いて長瀬智也さんまでTOKIOを脱退してしまい、TOKIOがさらにパワーダウンしてしまったことは否めませんが、元メンバーを含めて多くのTOKIOファンが今後の新たな活動を応援しており、『株式会社TOKIO』での新たな活動展開に大きな期待を寄せています。

TOKIOはこれまで『ザ!鉄腕!DASH!!』の「DASH村」企画などで、農業や林業など様々なことにチャレンジし、福島県の復興にも大きく貢献してきましたが、新たに福島県庁内に「TOKIO課」が設置され、これから新プロジェクトを始動させていくそうで、これからどのような事をしていくのか非常に楽しみですね。

また、長瀬智也さんは今後クリエイターとして、主に音楽や映像などの創作活動を行っていくとも言われていますが、TOKIOとのコラボなどが今後実現することに期待したいです。

参照元
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20210401/joh21040104000002-n1.html
  • https://hochi.news/articles/20210401-OHT1T50007.html
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103310000990.html
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/171720
  • https://www.j-cast.com/2020/07/29391046.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    長瀬智也も山口達也もいつか株式会社TOKIOに交流・コラボするといいな。
    5人バンド見たいし…。
    新生TOKIO3人期待。

  2. 2
    匿名
    ID:MjEyMTEwMzkw

    まず新会社スタートを祝福したい(^ε^)-☆Chu!!
    お互いギクシャクして解散したグループとは違った姿を見せて、頑張って欲しい。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4Njg0ODgz

    私はTOKIOが大好きです山口達也がいないからとても淋しいし長瀬智也もいないから淋しいしTOKIOはやっぱり5人じゃ駄目だよ私はTOKIOの中では松岡昌宏が大好きだよ山口達也も大好きだよ愛してるTOKIO5人じゃ嫌だよ

コメントを残す