木村拓哉は娘の活動に口出しできず? Cocomi声優デビューの裏に工藤静香、KokiのVALENTINO動画が炎上騒動も…

Cocomi・木村拓哉・Koki

モデル・フルート奏者のCocomiさん(本名=木村心美 19歳)が、明石家さんまさん企画・プロデュースのアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開)で、念願の声優デビューを果たすことが3月に発表されましたが、父親の木村拓哉さんは、娘の活躍に複雑な気持ちを抱えていると週刊誌『週刊女性』が伝えています。

明石家さんまさんがプロデュースを手掛ける『漁港の肉子ちゃん』は、直木賞作家・西加奈子さんの同名ベストセラー小説が原作で、この作品を読んださんまさんが是非映像化したいと思い、オファーから5年かけてようやく実現に至ったとされています。

アニメでは、明石家さんまさんの元妻で女優・大竹しのぶさんが、漁港の船に暮らす主人公・肉子ちゃん役を演じ、娘・キクコ役にCocomiさんが抜擢され、この他にも『鬼滅の刃』で主人公・竈門炭治郎役を演じている人気声優の花江夏樹さん、我妻善逸役を演じている下野紘さんの出演も発表されています。

また、明石家さんまさん曰く、雨上がり決死隊・宮迫博之さんがセミ役で出演するといいます。

Cocomiさんの声優デビュー作『漁港の肉子ちゃん』特報動画

そんな作品で、Cocomiさんが重要な役どころに起用された理由は、明石家さんまさんと木村拓哉さんの仲が大きく関係しているとされていますが、『週刊女性』によれば、この仕事も工藤静香さんがさんまさんと話を進め、Cocomiさんの声優デビューが決まったといいます。

記事では芸能プロダクション関係者が、『漁港の肉子ちゃん』への出演が決まるまでの舞台裏について、「さんまさんと静香さんを中心に話が進められていたようです。さんまさんは木村さんと家族ぐるみの付き合いで、2人の娘さんがデビュー後も気にかけ、『いつか一緒に仕事がしたい』と話していました。Cocomiさんが起用されたのも木村夫妻との親交があったからでしょう。」と語っています。

Cocomiさんだけでなく、次女でモデル・Koki,さんも国内外で様々な活動を展開し、それが複数のメディアに取り上げ度々話題になっていますが、娘たちが大躍進を遂げた背景には工藤静香さんの地道なプロデュースがあったとしています。

芸能プロ関係者は工藤静香さんについて、「海外のエンターテインメントやファッション業界の動向を常にチェックし、どういう風に売り出せば効果的なのか考えていますよ。」と明かしています。

その一方で、木村拓哉さんは娘たちが活躍する姿を見て、複雑な気持ちも抱えているといい、「娘さんがデビューした際、『両親の名前や肩書に頼らず、地道に努力してほしい』と考えていました。しかし、今の娘さんの仕事は静香さんが懇意にしているファッション関係者や、ベテランカメラマンに声をかけて決まっているため、どうしても彼女の影がチラついてしまう。木村さんとしては、我が子の活躍は嬉しい反面、『このままで大丈夫なのだろうか』と複雑な思いもある」と木村さんの知人が証言しています。

しかし、木村拓哉さんが工藤静香さんのプロデュースに口出しするのは難しいそうで、「娘さんの仕事に関しては、同じ事務所に所属している静香さんが仕切っていますから」と芸能プロ関係者が語っています。

CocomiさんとKoki,さんの活動については、“凄腕プロデューサー”の工藤静香さんが担当し、木村拓哉さんは口出しすることができない状態とのことですが、娘たちの様々な活動に対してネット上では多くの批判も寄せられていますし、木村さんのイメージ等にも少なからず影響を与えていることから、多少の口出しをしてもいいのではと思いますけどね。

最近では、Koki,さんがキャンペーンモデルを務める高級ファッションブランド『ヴァレンティノ(VALENTINO)』の活動を巡って、ネット上では炎上騒動に発展する事態になっています。

問題となっているのは、『VALENTINO』の公式サイトなどで公開されたブランドコンセプト動画と写真で、そこでKoki,さんは地面に敷かれた着物の帯の上を歩いたり、岩の上に敷かれた帯の上に座る姿を披露しており、これらに対してネット上では、「日本文化を冒とくしている」などの批判が殺到しています。

<↓の画像は、着物の帯の上に座るKoki,さんの写真>
Kokiが着物帯の上に座るVALENTINO画像

<↓の画像は、着物の帯の上を歩くKoki,さんの写真>
Kokiが帯の上歩くVALENTINO画像

問題視された動画や写真は後に削除されましたが、ネット上では動画や写真が拡散されており、今もなお炎上状態が続いていて、『東京スポーツ』(東スポ)は、【キムタクの次女Koki,が着物の帯の上を歩く動画で物議「日本文化を冒とく」】と題して、この炎上騒動を取り上げています。

この件に関しては、Koki,さん側に非があるとは言えませんが、ネット上では、

  • 何故これを断らずにやってしまったのか
  • 仕事でも日本人としての意見は言えるよね
  • 本物のモデルであれば「演出」に日本文化を伝えるよ
  • この演出にOKを出す、この方の所属事務所もどうかと思う
  • なんでもかんでもオファー受ければ良いってものじゃない
  • 静香は側にいたんだろうからNG出せばよかったのに

などと、こうした仕事を受ける側にも問題があるとバッシングを浴びています。

木村拓哉さんはこの問題を把握しているのかどうかは分かりませんが、工藤静香さんのプロデュースによって、CocomiさんとKoki,さんが様々な活動展開をしている一方で、その内容などを巡って多くの批判も浴びていますし、木村さん自身も娘たちの活動に複雑な気持ちを抱えているのであれば、少しずつでも工藤さんに思いを伝えてもいいのではないでしょうかね…。

参照元
  • 週刊女性 2020年4月13日号
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2964711/
  • https://www.jprime.jp/articles/-/20450
7件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjE3NTIxMzg=

    この帯、西陣織とかのじゃないの?物によってはVALENTINOよりお値段お高い物もあるし、着物よりお値段高い物もある。高級ブランド思考のご家族なのに物の価値が解らないんですね。笑

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    そもそも、工藤静香に品格を求めても仕方ない。「世渡り上手な木下優樹菜」みたいなもんなのだから。

  3. 3
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTg3

    ちんちくりんなのにモデルやれるダイヤモンドメンタル

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    かつては天下のキムタクも、今や工藤静香の夫というイメージ。最近工藤静香が悪目立ちしすぎ。
    今更、夫より目立ってもねぇ…

  5. 5
    匿名
    ID:ODI4OTAyODYy

    キムタクが嫁に口出し出来ないのは、それだけ家族色に染まることを嫌がるジャニーズがメリーの静香の可愛さに言われるバーニングプロの噛ませ犬になったのでは?
    そしたら皮肉なことにメリーの裏切りが証明されるしね。

  6. 6
    匿名
    ID:NDYwNDcyODE5

    海外のブランド品はお好きなのに、日本の着物の良さをご存じないとはとても残念です。

  7. 7
    匿名
    ID:ODI4OTAyNzEy

    オスカーの傘の下に入るしかないかな、キムタク?
    家族色に染まることを嫌がるジャニーズを意識してさ。
    嫁と娘たちの暴走が止まらなければ、それがベストかも?

コメントを残す