木村拓哉は“キムタク”と呼ばれるのが嫌だった!?『A-Studio』で、男闘呼組の岡本健一とのエピソードなどを語る

SMAP 木村拓哉

SMAPの木村拓哉さんが主演の『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系)が13日からついにスタートし多くの反響を呼んでいますが、木村さんは笑福亭鶴瓶さんが司会のトーク番組『A-Studio』(TBS系)に11日の放送分に出演し、自身の愛称として浸透している”キムタク”についての意外な話をしています。

またこの他にも、先輩とのエピソードなどを語っています。

木村さんは以前「“キムタク”という名前がひとり歩きしてしまう気がするので」という理由で“キムタク”と呼ばれるのは嫌だと話したことがあり、それを知るファンは“キムタク”とは呼ばず、“木村さん”と呼んでいる。

番組MCの笑福亭鶴瓶さんが「みんなが、キムタクって呼んで凄いな」と感心すると、木村さんは「今はみんながニックネームとして認知してくれて、そのように返してくれることに整理がついた」と“キムタク”と呼ぶことを歓迎するわけではないが、以前のように気にはしていないことがうかがえる。

そして、木村さんが一番影響を受けた人物の話になり、まだSMAPのメンバーになったかならないかの頃にある先輩から、「おい、中居、稲垣、草なぎ、香取! 服やるよ!」と自分だけ呼ばれないような仕打ちを受けた中、ジャニーズのロックバンド・男闘呼組の岡本健一さんに「おい木村! メシ食ったか、行くぞ!」と彼の車の助手席に乗せられて、「やべえ、ハンパない」と緊張した思い出を明かし、それがきっかけで岡本さんに憧れを抱いたことを話した。

これにネットでは、

「仲悪いのは諸星あたりか」

「生意気そうだし、木村は先輩からは好かれないタイプ」

「キムタクは演技が上手ければ問題なしなんだけど…」

「普通だったらキムタクって恥ずかしい部類のあだ名だよね」

「最近木村を持ち上げる奴が多すぎて寒気がする」

などのコメントがありました。

木村さんはSMAP、ジャニーズ事務所、芸能界に必要不可欠な位置にまで上り詰めていますよね。

最近は全盛期に比べて、ちょっと劣化してきたなど言われていますが、今年で41歳となり大人の魅力が更に増していますし、今後もも木村さんは第一線で活躍していくでしょうね。

これから『安堂ロイド』でどのような姿をみせてくれるのか非常に楽しみですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTcyOTU0NjQx

    総柄だよね。

  2. 2
    匿名
    ID:MzcwNTM2NzYy

    それ以前にお前に注目するヤツなんてもういねーよ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について