木村拓哉とマツコ・デラックスが共演、今日夜放送『夜の巷を徘徊する』で実現! 千葉・犢橋高校の同級生がプライベートトーク

木村拓哉とマツコ・デラックス

マツコ・デラックスさん(本名=松井貴博 44歳)が出演する深夜バラエティ番組『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系 木曜24時15分)に、マツコさんと高校生時代に同級生だった元SMAP・木村拓哉さん(44)がゲスト出演することが明らかとなりました。

2人は高校生時代には面識は無かったものの、同じ高校に通っていたことは認識をしており、同級生だったということをテレビ番組などで明かしていたのですが、このような形でテレビ共演するのは今回が初です。

木村さんがゲスト出演するのは27日深夜放送分で、高校の同級生だった2人が初めて乾杯を交わし、仕事やプライベート、高校時代の話などをじっくりと語り合っているそうです。

『夜の巷を徘徊する』は、マツコさんが東京都内の様々な場所や地方の街などを、気の向くままに徘徊するという番組内容。

<↓の画像が、夜の巷を徘徊するマツコ・デラックスさんの写真>
夜の巷を徘徊するマツコ・デラックス

番組公式サイトトップの次回予告では、「OA内容は事前告知を致しません。放送をどうぞお楽しみに」として詳細は明らかにしていなかったのですが、番組表で木村拓哉さんのゲスト出演を告知。

番組の内容は、「今回は木村拓哉と一緒に徘徊。高校時代に地元千葉で同じ学校の同級生だった2人。約25年ぶりに再会した時の話などで盛り上がる。そして、記念すべき初めての乾杯!マツコと木村さんは仕事やプライベートについてじっくりと語り合う。」と記されています。

ちなみに、マツコさんと木村さんが通っていた高校は「千葉県立犢橋(こてはし)高校」(千葉市花見川区千種町)。

<↓の画像は、千葉県立犢橋高校の外観>
千葉県立犢橋高校の写真

1987年11月にジャニーズ事務所へ入所した木村さんが犢橋高校に通っていたのは1年だけで、その後は定時制の東京都立代々木高校に編入しています。
そのため、木村さんとマツコさんは高校時代には面識が無かったそうです

<↓の画像は、学生時代の木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんの写真>
学生時代のマツコ・デラックスと木村拓哉

2015年11月放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で同級生のマツコさんに関する話が出た際に木村さんは、マツコさんと実際に会った時に「聞いてるでしょ、同じ高校だったんだって」とマツコさんから言われたものの、「ごめんね、でも、どいつがお前になったか分からない」と答えたことを告白。

また、マツコさんが自宅に来たこともまだないということも明かしていました。

そして、ついに『夜の巷を徘徊する』で2人の共演が実現したわけなのですが、これに対してネット上では、

  • 最近のキムタク押しはさすがにやりすぎかと…キムタク倒れるよ
  • 映画をコケさせないため、あの公開処刑のような謝罪会見+裏切り者のイメージを払拭させるためゴリ押ししまくりの露出…イタすぎる
  • 福山雅治も番組に出たことあったけど、あの番組はゲストいらない…
  • キムタクもついに映画の宣伝にマツコを利用したか
  • 急にバラエテイにでまくりで必死やん。コテコテの関西ローカルまで出てたし。今さらどうしたん︎て、普通に思う

などのコメントが寄せられています。

木村さんとマツコさんが番組共演かという噂は以前から上がっており、それも木村さんのイメージ回復のための作戦の1つだと噂されていたのですが、ついに実現するわけですね…。

木村さんは主演映画『無限の住人』の公開が29日に控えており、これまで出演することのなかった各局の情報・バラエティ番組、さらに地方番組にも多数出演。

28日には2010年12月以来、約7年ぶりに黒柳徹子さん司会の『徹子の部屋』(テレビ朝日系 月~金曜)に出演し、SMAP解散後の現在の心境、ジャニーズ事務所に入所後の様々な出来事を語るほか、生歌も披露しているとのことです。

これらもすべて『無限の住人』の宣伝のためで、毎日のように木村さんがメディアの前に登場しているという異例の状態となっているのですが、とりあえず『夜の巷を徘徊する』ではマツコさんとどのようなやり取り、カラミを見せるのか注目したいですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzAyMzI4MzEx

    言っておくけど、人気回復のために共演はダメだよ?それはともかく、2人だけの同窓会だもんね

  2. 2
    匿名
    ID:MjExNTg0NTA0

    キムタク、これからタッグを組むなら、さんまよりもマツコの方が相応しいと思う。来年から「マツタク」というのはどう?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について