木村拓哉が杉咲花をエスコートせず批判殺到、カンヌ国際映画祭レッドカーペットでの振る舞いが物議! 画像あり

木村拓哉

17日よりフランス・カンヌで開幕した世界3大映画祭の1つ『第70回カンヌ国際映画祭』のレッドカーペットに、映画『無限の住人(英題:Blade Of The Immortal)』で主演を務めた元SMAP・木村拓哉さん(44)らが登場したのですが、そこで木村さんが見せた振る舞いに対してネット上では批判的な声が殺到しています。

批判が寄せられているのは、主演の木村拓哉さん、ヒロインを演じた女優・杉咲花さん(19)、三池崇史監督(56)の3人が階段を登るシーン。

黒のタキシード姿の木村拓哉さんは、片手をポケットに入れたままレッドカーペットの階段をスタスタと上っていき、赤い着物姿で上りづらそうにしている杉咲花さんのことをエスコートすることなく、先に階段を上がってしまいました。

<↓の画像が、木村拓哉さんが杉咲花さんをエスコートせずに、レッドカーペットの階段を上っていくシーン>
カンヌ国際映画祭で木村拓哉が杉咲花をエスコートせずに階段を上っていくシーン1枚目

カンヌ国際映画祭で木村拓哉が杉咲花をエスコートせずに階段を上っていくシーン2枚目

カンヌ国際映画祭で木村拓哉が杉咲花をエスコートせずに階段を上っていくシーン3枚目

そして、この姿を見たネットユーザーからは、

  • エスコートもせず女性放ったらかしで、ポケットに手突っ込んだまま、ひとり飄々(ひょうひょう)と階段上るキムタク、ダサさ極まってる
  • ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな
  • キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になる
  • このような立ち振舞いのなかに、人となりが表れるような気がする
  • どんなにイメージアップはかろうとしてもキムタクの自分一番カッコつけ本性が出てしまう。
  • 解散しても”俺様”は直らないね。嫌われる理由がわかってきたような気がする
  • こんな態度世界中に見せたら、世界進出なんてとても無理でしょ
  • またいつもの『カッコいいキムタク』ですか?(笑)

など、批判的なコメントが殺到しています。

しかし、木村拓哉さんがカンヌ国際映画祭に参加するのは2004年以来13年ぶりで、これまでに様々な経験をしてきた木村拓哉さんと言えども緊張し心に余裕が無くなり、ついエスコートするのを忘れてしまった可能性もあります。

そのためネット上では、「流石のキムタクも緊張してしまった模様」、「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」というコメントも寄せられています。

なお、ニュースサイト『J-CASTニュース』が、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルに投稿されているレッドカーペットの模様を撮影した8本の動画を確認したところ、女優陣に歩調を合わせること無く、レッドカーペットの階段を上っていった男性陣は、木村拓哉さんと三池崇史監督だけだったとしています。

木村拓哉さんはレッドカーペットの会場に登場した際、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の企画で、観覧席にいた空手着姿のお笑い芸人・出川哲朗さん、モデル・タレントの谷まりあさんに気付き、一緒に写真を撮影して笑顔を見せている場面があります。

<↓の画像が、レッドカーペット登場時に、出川哲朗さん、谷まりあさんと写真撮影をする木村拓哉さんの写真>
カンヌ国際映画祭のレッドカーペット登場時に、出川哲朗、谷まりあと記念撮影する木村拓哉

また、レッドカーペットで木村拓哉さんは拳を前に突き出し、正拳突きのポーズを披露するなど、ある程度の余裕が感じられるため、「出川にサイン送ったりしてるくらいだから、緊張じゃなく自己中」、「緊張よりも『ドヤ!上り詰めるぜー!』と頭がいっぱいだったんじゃね?」というコメントも寄せられ、木村さんの今回の振る舞いに対しては批判的な声が殺到している状態です。

<↓の画像が、レッドカーペットで正拳突きのポーズを披露した木村拓哉さんの写真>
木村拓哉がカンヌ国際映画祭で披露した正拳突きのポーズ

木村拓哉さんは昨年のSMAP解散騒動以降、何から何まで批判されていることから少し気の毒に感じますが、世界三大映画祭でこのような振る舞いをしてしまったのは残念で、これから海外も視野に入れて活動していきたいと考えているのであれば、女性をエスコートするなどの気配りにも気を付けた方がいいでしょうね。

10件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTk1MjM3MzIw

    アホ
    子供じゃないんだから
    はっしりしなよ

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    金払って行って大賞枠外なのに痛々しくて見てられない
    もう、キムタクではなく、キム総書記
    河瀬直美監督は大騒ぎされないで審査員までやってるから本当にすごい
    みたいとは思わないけど世界に誇れる日本人

  3. 3
    匿名
    ID:MzA2OTk2NjA4

    きらい

  4. 4
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTAxNjg5

    キムタクの横柄な態度も今回の映画も不快極まりない。

  5. 5
    匿名
    ID:MjA4NzEwNjQw

    ダメだよ、キムタク。たとえ緊張したとはいえ、杉咲花ちゃんが着物姿の時はエスコートしてあげないと・・・これが調和を取る、ということだからね。周りの人に嫌われないためにも(^^)

  6. 6
    匿名
    ID:MjEyOTIwMzEz

    ホント 叩くためには一方の意見しか見ないんですよね。くだらないしイジメと同じってわかってないのかな?花さんのワンショットの撮影の為に離れて歩いたって話もあるんですよ。木村さんの悪口言う前に自分は人の事 批判できる人間ですか?

  7. 7
    匿名
    ID:NDU4OTM1OTAx

    あれって和装姿の杉咲さをカメラマンに撮らせるためにそうしたのでは?でも、撮影が一段落するまで待ってあげてもよかったかもしれない。やっぱり緊張して余裕がなかったのかね

  8. 8
    匿名
    ID:MzcwNDk1OTEy

    俳優さんは人に見られるのが仕事ですからね…緊張した?カンヌのレッドカーペット歩くのもスターなら演じるのが普通じゃないでしょうか…特にフランスですよ。女性をエスコートしない男性なんてあまり見たことないですね!あり得ない話しです。恥ずかしいです!

  9. 9
    匿名
    ID:MzA2OTkwMTc5

    海外の方達からの非難が凄いでしょうね…これだから日本人はダメだと言われそうですね…。恥ずかしいわ…

  10. 10
    匿名
    ID:MjEyNzA0NTIy

    この男 前から嫌いだわ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について