手越祐也&宮迫博之の繋がりも? 金塊強奪事件の主犯・野口和樹が暴露本出版、獄中手記に注目集まる

NEWS手越祐也&宮迫博之

2016年7月に福岡で発生した約7.6億円相当の金塊強奪事件の主犯格で、懲役9年の実刑判決を受けた野口和樹被告(のぐち・かずき 44歳)が、19日に暴露本『半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白』を宝島社から出版することが明らかとなり、この本では芸能人たちとの繋がりについても暴露しているとのことから注目を集めています。

名古屋では有名な半グレだった野口和樹被告と兄・野口直樹被告は、金塊強奪事件の主犯格として2017年5月に逮捕され、今年1月に揃って懲役9年の実刑判決が下され、これを不服として即日控訴しましたが9月に控訴は棄却されました。

<↓の画像は、野口和樹被告と兄・野口和樹被告の写真>
金塊強奪事件の主犯格・野口和樹&野口直樹

野口和樹被告と兄・直樹被告は10代から鑑別所や少年院入りを繰り返し、名古屋では有名な半グレ集団のリーダー格で、野口被告は指定暴力団幹部とも友人関係にあり、1997年には高級車を狙った窃盗団の主犯格として逮捕、2005年にも3.8億円規模の盗難事件への関与で検挙されています。

そんな稀代のワルだった野口和樹被告は2016年7月に仲間らと共に金塊強奪事件を起こし、それから約1年後に逮捕されたのですが、強奪事件を起こしてから約20日後には、大阪・北新地にあるキャバクラ店で雨上がり決死隊・宮迫博之さんと出会い、その場で写真撮影を行っており、それが週刊誌『フライデー』に掲載されたことで大騒動に発展、宮迫さんは吉本興業に契約解消(後に撤回)されました。

<↓の画像が、『フライデー』掲載の宮迫博之さんと野口和樹被告の写真>
宮迫博之と金塊強奪事件の主犯格・野口和樹

19日に出版する暴露本『半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白』の表紙には問題の写真が大きく掲載されており、この暴露本の中で宮迫博之さんとの関係についても言及している可能性があります。

<↓の画像が、暴露本『半グレと金塊』の表紙写真>
野口和樹の暴露本表紙画像

野口和樹被告らは様々な芸能人と繋がっていたことが明らかにされており、2017年6月には『週刊文春』がタレント・GENKINGさんとの交友関係をスクープし、GENKINGさんも愛知県出身で、金塊強奪事件で懲役5年6ヶ月の実刑判決を受けた白根敬大被告の結婚式に、野口被告と共に駆けつけていたと伝えています。

<↓の画像は、白根敬大被告の結婚式で撮影されたGENKINGさんの写真>
GENKINGと金塊強奪事件の犯人

また、この事件への関与が疑われて逮捕(後に不起訴処分)となった小松崎太郎さんは、自身のフェイスブックにNEWS・手越祐也さん、ジャングルポケット・太田博久さん、フルーツポンチ・村上健志さん、元横綱・曙さん、globeのマーク・パンサーさん、パンツェッタ・ジローラモさんなど、様々な芸能人等との写真を投稿していました。

<↓の画像が、フェイスブックに投稿されていた芸能人等との写真>
小松崎太郎容疑者と手越祐也の写真

小松崎太郎容疑者がフェイスブックに投稿したフルーツポンチ・村上、ジャンブルポケット・太田との写真

それらの写真がネット上で大きな話題となり、NEWS手越祐也さんが所属するジャニーズ事務所は『朝日新聞』の取材に応じるという異例の対応を取り、ジャニーズ事務所は手越さんにヒアリングを行ったところ、「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった。軽率だった」「写真の人とは面識もないし、名前も知らない。その後の付き合いもない」などと話したと説明していました。

しかし、2017年5月に『週刊現代』が報じた記事では、手越祐也さんと小松崎太郎さんが出会った経緯について知人が、「両者ともスーパーカーが好きで、その関連で知り合った可能性が高い」と語っています。

さらに、ニュースサイト『日刊大衆』が報じている記事でも芸能記者が、「野口被告は、周囲に手越とつながりがあることを匂わす発言をしているとも聞こえてきています。あくまでも、野口被告の言い分にすぎませんが…」と語っており、もし手越祐也さんとの関わりなどについても書かれていた場合には、芸能界を揺るがす事態になりかねないとしています。

野口和樹被告らが逮捕された後には、『週刊アサヒ芸能』などがギャング集団と芸能人等との繋がりについて報じており、グラビアアイドルや若手の役者らは「パーティに参加するだけで何十万ももらっている」と、ギャラ飲みをしているといった情報を伝えており、芸能人たちは集団の広告塔として利用されているとしています。

果たして、宮迫博之さんや手越祐也さんとの繋がりについての言及があるのか否か現時点では不明ですが、この暴露本では【「パーティー・ピープル」と芸能人たちの生態系】として、実名なのか定かではないものの芸能人等との繋がりについても書いているようで、野口和樹被告と面識のある芸能人たちは戦々恐々としているでしょうね。

参照元
  • https://taishu.jp/articles/-/69395
  • https://www.sankei.com/affairs/news/170610/afr1706100001-n1.html
  • https://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230007-n1.html
  • https://www.asahi.com/articles/ASK5V7680K5VTIPE034.html
  • https://www.asahi.com/articles/ASM9K56BPM9KTIPE01Q.html
8件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    芸能人の難しいところだね。普通「ファンです。写真お願いします」って言われたら、邪険に断るのも悪いなと思ってつい撮ってしまうと思うし、そこをあえて狙ってハニートラップなどの罠を仕掛けて陥れようとする連中もいると思うので、写真一枚ですべてを悪いと決め付けるのはどうかなと思う。ただ、宮迫の場合は、これに嘘が絡んでいるので正直彼の言う事は信用できない。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    犯罪者が本出すなよ。
    実話ナックルで話したらいいのにさ。
    活字と書籍の無駄遣い。

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4NTQyMjcw

    いつも思うけど、犯罪者が暴露本書くの何で出版社は手伝うんだろう?弁護士費用の為?保身の為?自業自得の犯罪なのに本の印税、入るっておかしくない?刑に服して細々仕事して、お金稼ぐのは大変だって事をいつまでたっても解んないし、自分が罪を犯したって認識が薄いまま、家族への迷惑も解んないって何か甘いわ…。例え売上は、被害者や、世の為に使うっても本当かどうかも解んないし。被害者からすれば犯罪者の心情なんてどうでもいいと思うよ。

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4NzE0Njky

    芸能人もよく現れる店にこいつらが近寄っただけだろ。
    これっていう証拠もない以上ただの便乗商法とかわらん。

  5. 5
    匿名
    ID:OTczMzI5MDU1

    宮迫はホントっぽいけどな
    手越は良い奴だと聞いたが、強面の人から写真要求されれば、否定も出来ないだろうしな

  6. 6
    匿名
    ID:ODI4NTQzMDk0

    宮迫の事なんてとっくに忘れてるよ皆

  7. 7
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    そんなに目立ちたいんだね。
    その本が書店に並ぶと思うと反吐が出る
    なんのために?だれのために?自己満足
    素敵な文学書とかのそばにいてほしくないね。

  8. 8
    匿名
    ID:Mjk0NDgyMDA2

    犯罪者が本を出すことには何も問題はない。
    特に、今回みたいな自己保身に必死で、真実が漏れたら都合の悪い有名人がいる場合には、とことん真実を語って欲しいと思う。

    で、ギャラ飲みを必死で否定していた彼だけど、本当はギャラ飲みしてるだろ?
    自己保身の為に嘘を主導しての隠ぺい工作、それがバレたら同情誘うための話題反らし…からの涙の被害者面…からの責任転化!
    自分の行った闇営業とその隠ぺい工作及び、隠ぺい工作の主導問題を、世論を味方に付けてまんまと会社のブラック運営問題にすり替えてしまった彼www

    だけど、彼が受け取った金品と闇営業問題は何も解決していない。彼が隠ぺい工作を主導した事実は消えないし、謝罪会見と銘うって責任逃れ会見を成立させた事実も消えない。

    闇営業で数百万を受け取っている人間が、それよりも金銭的にも程度の軽いギャラ飲みをコンプライアンスが重要だから断るの?受け取ってないの?
    誰がそんなの信じるのさ。状況からいってもあり得ないでしょ。

    ギャラ飲みを記事にした記者は私と同じ心境のはず。
    悪いことをしたのに反省するどころか嘘を付き、その隠ぺい工作まで行って、それでもダメなら外の力を利用して責任を逃れようとする。そして自分は被害者面をして何も無かった事にして、事務所が気に食わないから、さんまの所に移籍してやり直す???
    ふざけるなwww何だそれwwこんな許されて良いのかよwww

    このままでは終わらせない…。
    他の人はどうであれ、お前だけは絶対にこのままでは済まさない。
    お前のとった言動全てが、自己保身のための悪意に包まれた行為である。
    世論がどうであれ、(闇営業も含めて)自分が取った行動の責任はきっちり取らせるからな!
    と、言った所ではないでしょうか。

    ここから先は個人的主観ですが、ギャラ飲みが正式に認められれば恐らく引退です。
    で、実際はかなり高い確率でやっているハズです。
    そもそもギャラ飲みなんて1回だけじゃないでしょ?
    反社会勢力の彼らだけで見ても何回も機会はあったハズです。
    そこら辺全て細かい事実を炙り出して、さっさとあの悪党を排除して欲しいと願います。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について