大倉忠義がファンの付きまとい行為に限界。ヤラカシのストーカー苦痛で病気も…アイドル引退も考えるほど追い詰められる

関ジャニ∞

『関ジャニ∞』の大倉忠義さん(おおくら・ただよし 33歳)が8日、ジャニーズ事務所の有料コミュニケーションサイト『Johnny’s web』内のブログ『関ジャニ戦隊∞レンジャー』を更新し、一部熱狂的ファンの悪質なストーカー行為、迷惑行為に対して苦言を呈しており、その衝撃的な内容がファンらの間で波紋を呼んでいます。

大倉忠義さんは公式ブログ『関ジャニ戦隊∞レンジャー』で、最初に「今回は賛否あるだろう事をわかった上で書かせていただきます」として、ルールを守らないファンらに苦言を呈しており、番組観覧を事前に募集している仕事に向かう際には、駅や空港で多くの女性ファンが出待ちしているといい、その中にはしつこく追っかけてきたり、ピッタリとくっついてくることを目的として、周囲の迷惑も考えず一般の方に接触するなど非常に大きな迷惑を掛けているファンもいるとしています。

<↓の画像は、大倉忠義さんの写真>
大倉忠義

さらには、カバンの中に勝手にモノを入れたり、突然手を繋いでくる悪質なファンもおり、こうしたルールを守らない、マナーが悪い一部のファンたちによる身勝手な行動が「精神的に辛い」と明かし、「このまま耐え続けられるのだろうか」と真剣に考えてしまうほどだといいます。

悪質なファンはプライベートでも付きまとい行為をしてくるそうで、友人と食事をしていたところ、駅や空港などに“いつもいる人”が横のテーブルに居たということもあったとし、大倉忠義さんもさすがにこうした行為については、「これはストーカー行為ではないのか。男女が逆ならいいのか?身体的に力がある方が、我慢しなきゃいけないのか?もし男性が同じような行動をしていたら、ニュースになっているんじゃないのか。」と憤っています。

そして、自身が抱えている気持ちを理解してくれるのはメンバーしかいないといい、これまでは芸能人ということもあり、一部ファンの悪質なストーカー行為なども我慢し続け、表立って言うことによって相手を喜ばせてしまう可能性もあるため、無視することが最大の抵抗だと考えていたそうなのですが、さすがに我慢の限界が来てしまった様子で、ブログに自身の思いを綴ることを決めたそうです。

大倉忠義さんは、「これを書くことで喜ばせるかもしれない。もうストレス以外のなにものでもない。原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる。」と、精神的にかなり追い詰められていることを明かし、ファンが観覧者として参加する大阪の番組に行く前日は「すごく憂鬱」だと告白しており、「その事だけを考えると、正直、行きたくなくなる気持ちが出てくる。すごく疲れてしまうし、怖い。」とも綴っています。

一部ファンの悪質な付きまとい行為によって、心に大きなダメージを負っている様子の大倉忠義さんはブログの最後では、「少数のための法律なんてきっとできないであろう。じゃあ、これがなくなるのが“普通”なのだとしたら、普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう。そろそろ限界だ。」と綴って締めくくっています。

このブログに対してジャニーズファンからは、

  • 全ジャニオタたち、今すぐ大倉くんのジャニーズwebの日記をよく読んでほしい。
    きっと同じ思いをしているのは大倉くんだけじゃない。
    みんなが大好きで大好きで仕方がないアイドル達が、きっと大倉くんと同じように苦しんでいる。
    よく読んで事の重大さを身を持って知ってほしい。
  • 大倉くんが迷惑行為について明言したことは本当に意味のあることだと思う。
    迷惑行為をしてる人達がレンジャーを読んでいるかどうかはわからないけど、まずは周辺関係者に読んでもらいたい。
  • 10/17に事務所から公共交通機関の利用マナーについてメールが来てたけど、迷惑行為をする人たちがあのメールを読むとは思えないんだよな…もっと外に向けた策を講じないとマジでアイドル守れないぞ…
  • これまでガマンにガマンを重ねたうえで、もう耐えられなくなったのだろう。ファンではなくストーカー。おそろしい。
    こんなルールを守れないやつのせいで、あきらかに仕事に支障をきたしている。大倉くんだけじゃなく、タレント全員が守られますように…
  • ルールを守らない人のせいで、あそこまでタレントを苦しめていいのかなぁ。読んでて悲しかった。ファンの人はもっと辛いだろうな。迷惑かけない応援をしてあげて欲しい。じゃなきゃかわいそすぎるょ…。
  • ファンの行動の酷さで、限界の近くまで追い詰められていると今回発信したのは大倉くんだったが、これはJohnny’sのアイドル全てに当てはまる事。
    ジャニヲタのルールが狂って来てる。自担を精神的に追い詰めて引退させたい?本気で考えるべき問題だよ。

などのコメントが寄せられており、大倉忠義さんが綴った悲痛の訴えに心を痛めているファンが多く、悪質な行為をしている人は行動を改めてほしいと怒りをあらわにしています。

ジャニーズなど芸能人を追っかけるファンの中には、「ヤラカシ」(別名:裏オリキ)と呼ばれる悪質行為をする人もおり、自宅を特定して付近をうろつき、アイドルに接触を図るだけでなく、郵便物などの私物を盗んだり、自宅から仕事先への移動時も付きまとうなどのストーカー行為を続けたり、認知してもらうことだけを目的として、アイドルが不快に感じるような行為をワザと仕掛ける人もいます。

こうしたファンは口頭や文章で注意喚起されたぐらいで行動を改めることはほぼ無いとみられ、これまでにもヤラカシなど一部の熱狂的なファンが絡んだ事件が何度も発生しています。

ジャニーズ事務所の公式サイト上でも、以前に比べてファンに向けた注意喚起を行う頻度が増えており、今年9月に仙台でコンサートを開催した『King & Prince』(略称:キンプリ)のことを駅で待ち構えていたファンが、メンバーが乗車した電車に殺到し、駅員の注意も無視して新幹線に近づくなどの行為を続けた事によって、発車時刻が6分も遅れるなどのトラブルが発生しました。

この騒動は『めざましテレビ』(フジテレビ系)などでも取り上げられたことによって、ジャニーズ事務所の公式サイト上で公共交通機関のマナーについてとした注意喚起を行ない、それから約20日後の10月17日にも改めて公共交通機関でのマナーに関する注意文を投稿していました。

<↓の画像が、ファンに向けた注意喚起コメントの写真>
ジャニーズ事務所の注意喚起コメント

一部ファンの悪質行為によってタレントも非常に迷惑し、周囲にも悪影響を与えていることによって、グループ、ジャニーズ事務所全体のイメージも悪化し、こうしたマナーの悪い、ルールを守れないファンがいることによって様々な問題が発生しています。

大倉忠義さんに至っては精神的に追い詰められ、アイドルを辞めたい気持ちも出てきてしまっているようなので、何か大きな問題になる前に事務所も単に注意喚起するだけでなく、悪質なファンを近付けさせないための具体的な対策を考えていってほしいなと思いますね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzEyMjg1

    気違いなファンのせいで、ジャニーズの舞台が益々減っていく。

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODg0NDc4

    このストーカー暇と時間のある奴だ。
    引退されるのですね。一般人になっても
    お身体を大事に、鳥貴族をますます大きくして頑張ってくださいね。お元気でさようなら。

  3. 3
    匿名
    ID:MjExNTg0MTcx

    ていうか、ジャニーズもファン倶楽部をとっとと閉鎖しろや!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について