向井理ドラマ『S 最後の警官』の第2話視聴率は15.2%で好調も、『Dr.DMAT』『隠蔽捜査』の数字が1桁で大ピンチ!

Dr.DMAT 大倉忠義 関ジャニ ドラマ

各局1月スタートのドラマが続々と放送されていますが、TBSのドラマが今期苦しめられているようです。

TBSが1月期に放送しているドラマは、
月曜20時に杉本哲太さん、古田新太さんが出演の『隠蔽捜査』』
木曜21時に大倉忠義さん、加藤あいさんが出演の『Dr.DMAT』
金曜22時に観月ありささん出演の『夜のせんせい』
日曜21時に向井理さん、綾野剛さん出演の『S -最後の警官-』
の4本となっているのですが、『S -最後の警官-』以外はスタートから視聴率が低く、『Dr.DMAT』は第2話の時点で早くも7.2%と厳しい数字となってしまっています。

果たしてその原因はどこにあるのでしょうか…。

これにネットでは、

「どれも地味な印象があるね」

「今期はどの局も微妙で、興味を惹いたのは向井のドラマだけだった」

「ドラマのTBSがどうしてこうなった…」

「初回で1桁のドラマが2本もあるとは怖いな」

「ドラマは日テレとテレ朝が安定してるね」

などのコメントがありました。

『Dr.DMAT』は1月9日の初回の放送が、『医龍4』(フジテレビ系)が初回のみ21時からスタートの2時間スペシャルで、『緊急取調室』(テレビ朝日系)との三つ巴になりました。

これにより医療系のドラマが同時間帯に3本放送されたので、初回の視聴率は分散して低めになっているのかと思いましたが、2話目で『Dr.DMAT』だけが数字を下げており、『緊急取調室』と『医龍4』は2話目で視聴率を上げているのが気になりますね。

木曜21時の枠は前クールの『夫のカノジョ』が不名誉な記録を作ってしまったので、今後が心配になります。

今年2014年に入ってからTBSは出遅れ気味で、ドラマに限らずバラエティ番組なども調子が悪く、視聴率がテレビ東京に負けて民放5位に落ちたとまで言われてしまっています。

今年もまだ始まって3週間しか経っていないわけですから、これからの巻き返しに期待したいですね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ai
    ID:MjExNTcwODg2

    今のご時世、視聴率って信用できないように思います。機能が高く操作が簡単、楽なHDが普及し、わたくし自身一番見たい番組は録画プラスリアルタイム視聴ですが、父や、年長の家族が他番組を見たいとなると録画を取りリアルタイム視聴は諦めています。

    視聴率の高低で番組や出演者の優劣をつけるような記事はあまりに短絡的で浅いと思います。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について