刑事7人シーズン8に小瀧望が加入で物議。ジャニーズのバーター起用、レギュラー出演者変更に批判も噴出…画像あり

ジャニーズ テレビ番組・映画 事件・事故・トラブル

刑事7人

少年隊・東山紀之さん(55)が主演のドラマ『刑事7人』シリーズ(テレビ朝日系)のシーズン8が7月13日からスタートし、新メンバーとして『ジャニーズWEST』の小瀧望さん(こたき・のぞむ 25歳)が加入することが発表され、ドラマ視聴者の間で賛否を巻き起こしているとニュースサイト『サイゾーウーマン』が伝えています。

2015年からスタートした『刑事7人』は、現在も平均世帯視聴率が10%超えをキープしている人気刑事ドラマシリーズで、7月期放送のシーズン8から新加入する小瀧望さんは、東京大学出身のキャリア組で、「Z世代」(1990年代中盤以降に誕生したデジタルネイティブ世代)のエリート・坂下路敏役(さかした・ろびん)を演じます。

<↓の画像は、刑事7人シーズン8で新加入のジャニーズWEST・小瀧望さんの写真>
ジャニーズWEST小瀧望

ちなみに、新メンバーの加入は2018年7月期放送のシーズン4以来、4年ぶりとなっています。

小瀧望さん演じる坂下路敏は、会議にリモートで参加したり、足を使っての捜査ではなくSNSを駆使するなど、効率性重視の捜査を行い、東山紀之さん演じる天樹悠(あまぎ・ゆう)をはじめとした、警視庁刑事部新専従捜査班に所属するスペシャリスト等と対峙し、シーズン8では「ガラ刑(ガラパゴス刑事)」との世代間ギャップも見どころの1つとのことです。

<↓の画像は、刑事7人シーズン8出演者の写真>
小瀧望ら刑事7人シーズン8出演者

主演の東山紀之さんは、「今回から小瀧が加入してくれて、新たな若い力をこのおじさんたちの中に注入してくれることを、楽しみにしています。」「彼の演じる、コスパ重視の坂下路敏に関しては、汗をかいて情報をかき集めるアナログ感あふれる我々世代とのギャップが面白いんです。」「大事なことは何かと徐々に気付いていく、彼の成長物語も見どころとなっています。また、路敏が犯人を追う際などのスピード感も、映像を通して感じてもらえると思います。」などとコメントしています。

また、新加入する小瀧望さんは、「長い歴史を持つドラマに出演させていただくのは初めてとなります。とてもうれしいですし、僕にできることがあれば全力でやりたい、と意気込んでいます! 7人は7人でも、僕が所属しているグループと比べると平均年齢がぐっと上がりますが(笑)、実は大先輩に囲まれている現場は大好きなんです。もちろん、プレッシャーはあります。現場のスタッフさんから「東山さんが『小瀧はいい仕事すると思う』と言っていたよ」と聞いて…大先輩たちの胸を借りるつもりで、食らいついていければと思っています!」と意気込んでいます。

そして、刑事7人シリーズに小瀧望さんが新加入することに対して、ジャニーズファンからは歓喜の声が上がっている一方で、

  • なぜジャニーズ?一般の俳優を出せや
  • 刑事ドラマ好きは、ジャニーズの演技は求めてない
  • 特捜9に続きこっちもジャニねじ込みか。弱体化して必死なのかねえ。
  • 必殺も若いジャニーズの新メンバーが増えたり こっちも若い人が…またジャニーズばかりといわれても仕方ない
  • テレ朝のドラマも見たいものが無くなってきた。ジャニーズのナンチャッテ俳優がそのドラマの世界観を壊しているのがわからないのかな?
  • 今のメンバーから一人も抜けてほしくない。小瀧って人がすぐに別れるって展開でいいよ
  • 実力派俳優を降板させてまでバーターをねじ込むやり方は、そろそろやめてほしい

などと、批判的な声も噴出しています。

なお、小瀧望さんの新加入により、従来のレギュラーメンバーが1人抜けることが明らかになっており、これに対して否定的な反応も目立ちます。

現時点では、誰がどのような形でレギュラーから外れるのかは明らかにされていませんが、開始早々に吉田鋼太郎さん演じる専従捜査班・係長の片桐正敏が「また一人抜けちまうか…」とつぶやき、シーズン8では“シリーズ史上最大の変革”が起こると予告されており、田辺誠一さん、倉科カナさん、白洲迅さん、塚本高史さん、北大路欣也さんのうち、誰かがレギュラーを外れます。

テレビ朝日のドラマでは刑事7人シリーズ以外にも、同じく東山紀之さん主演の『必殺仕事人』シリーズ、V6・井ノ原快彦さん主演の『特捜9』シリーズでも、“バーター”(抱き合わせ)で若手のジャニーズタレントを起用しています。

こうしたバーター起用はかねてから物議を醸しており、特捜9の最新作・シーズン5では、『Snow Man』の向井康二さん等が新メンバーとして加入し、前シリーズ『警視庁捜査一課9係』から出演の津田寛治さんがレギュラーから外れたことで、多くの視聴者から不満の声が上がっています。

キャスト変更だけの問題ではありませんが、特捜9のシーズン5は過去最低の視聴率を記録しており、刑事7人に関してもバーター起用が波紋を広げ、視聴者離れを引き起こす可能性もありますが、シーズン8がスタート後に視聴者からどういった声が上がるのかに注目したいですね。

参照元
  • https://www.cyzowoman.com/2022/06/post_391099_1.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/10/kiji/20220610s00041000021000c.html
  • https://www.sanspo.com/article/20220610-7HYZOZIZABJ6HDPMBE2V6UK54Y/
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    観ないのが一番いい。それが最も効く。かつてのフジのように。

  2. 2
    匿名
    ID:MTAxNTk0NjU0

    今のジャニーズ、地上波ドラマにねじ込んでおかしくなっているのでは?
    ジャニーズ外所属の実力派俳優が使われたとしても、バーニングプロが周防の借金のせいで潰れた際は他の芸能事務所移籍しか方法は無い!

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4OTAzOTIw

    普通に俳優頑張ってるジャニーズもジャニーズの呪縛にかかって可哀想ね

  4. 4
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    小瀧は俳優顔だからまだ許せる
    マジyoutuberみたいなジャニーズは駆逐して

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!