今年のベストジーニスト2021結果発表。キンプリ永瀬廉が初受賞で殿堂入り確実? 選考方法変更もジャニーズ人気高く…

ジャニーズ

キンプリ永瀬廉

最もジーンズが似合う有名人に贈られる賞『第38回 ベストジーニスト2021』(主催・日本ジーンズ協議会)の各受賞者が25日に発表され、一般投票で受賞者が決まる「一般選出部門」では、『King & Prince』の永瀬廉さん(ながせ・れん 22歳)と女優・モデルの新木優子さん(あらき・ゆうこ 27歳)がそれぞれ初受賞しました。

今年の『ベストジーニスト2021』では2人の他に、ベストジーニスト選考委員会が選考する「協議会選出部門」では声優・林原めぐみさん(54)、お笑いタレント・東野幸治さん(54)が受賞、今年新設された同部門のグローバル特別賞では、東京五輪のスケートボード・男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗選手(22)が選ばれています。

<↓の画像は、今年のベストジーニスト受賞者の写真>
ベストジーニスト2021受賞の東野幸治・新木優子・永瀬廉・林原めぐみの画像
(左から)永瀬廉さん、新木優子さん、東野幸治さん、林原めぐみさん

『ベストジーニスト』の一般選出部門は例年、一般投票によって男女それぞれのベスト10を発表し、1位の有名人が受賞という形式でしたが、今年から事前ノミネート形式の投票方法が導入され、ネット上での調査でランダムに選ばれた10~50代の2,000人にヒアリングを行い、ノミネート者を決定し、その後に一般投票で男女の1位を決定する形となりました。

なお、今年のベストジーニスト・一般選出部門のノミネート者は、男性がキンプリの永瀬廉さんと平野紫耀さん、『嵐』の松本潤さん、お笑いコンビ『EXIT』の兼近大樹さん、『さまぁ~ず』の三村マサカズさん、俳優の横浜流星さん、女性は新木優子さん、モデル・タレントの“みちょぱ”こと池田美優さん、滝沢カレンさん、山本美月さん、女優の米倉涼子さん、中村アンさんとなっていました。

なお、ノミネート者の発表後に松本潤さんからは辞退の申し出があったため、対象外になったそうです。

この中からベストジーニスト賞を初受賞したキンプリの永瀬廉さんは、「改めて先輩方を調べていくと、もう僕でよかったのか?と思うくらい。」「デビューする前から高校生の頃から いつかはとらせてもらえたらといっていた賞。何年越しかの夢がかなって幸せな気持ちでいっぱいです。「顔の方は殿堂入り(『ViVi』の国宝級イケメンランキング)させてもらったので、『ベストジーニスト』でも殿堂入りできるように頑張りたい。“殿堂入りアイドル”という意味でもデニムを履き続けて、来年も再来年も目指していきたい」と語っています。

新木優子さんも、「ものすごい嬉しい。ずっと憧れていた賞。ファッションを好きになった頃からジーンズは相棒のような存在。」「みなさんからデニムが似合っていると言っていただけているよう。これからもジーンズを愛する人として楽しみ方を模索したい」と喜びのコメントをしていました。

<↓の画像は、キンプリ永瀬廉さんと新木優子さんの2ショット写真>
永瀬廉&新木優子ベストジーニスト2021授賞式の画像

また、東野幸治さんは今年に入ってから自身のYouTubeチャンネルで「真剣にデニムを極めたい」として、「東野デニム」という企画の動画配信をしており、ジーンズの魅力を発信る活動が評価されての受賞で、初の受賞に対して東野さんは、「BIG JOHNさんからDMで『かなり強く推しておきました』ときた。BIG JOHNさんとのズブズブの関係のベストジーニスト賞、ありがとうございます(笑)」「吉本興業のデニムキングと言えば(ダウンタウンの)浜田さんですから。浜田さんにベストジーニスト賞獲りましたよと言って、ビンタされるっていうのが一連の流れ」などとコメントしています。

そして、今年のベストジーニスト受賞者発表を受けてネット上では、

  • 廉くんの夢が1つ叶って嬉しい!
  • 永瀬廉くんも新木優子さんもジーンズがよく似合う!
  • 大人っぽくなって益々イケメンな廉君おめでとう!!
  • 廉くんおめでとう!!10代のころからデニム好きを公言してたもんね!
  • 最近のベストジーニスト受賞してる人たちがジーンズ履いてる姿って見た事ない
  • 潤くんは辞退かぁ。まあ潤くんの場合はジーンズよりも、もっとフォーマルでラグジュアリーなイメージの方が強いからね。
    あと、今活躍中の後輩に取らせてあげたかったのかも。優しい先輩だなぁ
  • 潤くんが辞退したのは後輩の為かなと思ったけど、ここ3年くらい黒のスラックス系しか履いてるの見た事ないから、単純にジーンズを履いてないから、辞退したと思う
  • ジーンズ履いてないのに勝手なイメージで賞を貰えるなんて変
  • 歴代のを見るとジャニが殆ど、レコ大と同様に無意味な賞

などの声が上がっています。

ベストジーニストの一般選出部門はこれまで、一般投票によってノミネート者と順位が決定するものだっため、組織票によってジャニーズタレントが上位を独占する状態が続いており、昨年もTOP10以内に永瀬廉さん、『Travis Japan』の中村海人さん、『なにわ男子』の高橋恭平さん、『Snow Man』の宮舘涼太さん、『Sexy Zone』の中島健人さん、『Aぇ!group』の正門良規さん、『SixTONES』の高地優吾さん、元ジャニーズで『7ORDER』の森田美勇人さんがランクインし、2019年もほぼジャニーズでした。

また、一般選出部門の男性で殿堂入りを果たしているのは、元『SMAP』の木村拓哉さん、草彅剛さん、『KAT-TUN』の亀梨和也さん、『嵐』の相葉雅紀さん、『Kis-My-Ft2』の藤ヶ谷太輔さん、『Hey! Say! JUMP』の中島裕翔さんと、全員がジャニーズで、こうした状況からベストジーニストは“ジャニーズ版選抜総選挙”とも揶揄されていました。

それを受けてか、今年から一般選出部門の選出方法が変更されたのですが、世間一般からするとジーンズを穿いているイメージがあまりない有名人も含まれており、例年同様に否定的な声も多く上がっています。

ただ、今年初受賞した永瀬廉さんはファッションへのこだわりが強く、20~30種類の全く違う系統のジーンズを所持していて、その日の気分によって1日に2~3回着替えることもあるといい、ファンの間でもジーンズ好きで有名だったとのことから、中島裕翔さんに続いて3度の入賞によって殿堂入りとなるかもしれないですね。

参照元
  • https://mdpr.jp/news/detail/2775314
  • https://mdpr.jp/news/detail/2883138
  • https://www.cyzowoman.com/2021/09/post_359097_1.html
  • https://www.cyzowoman.com/2021/07/post_351826_1.html
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    応募すると話題性のある人が勝手に選ばれるシステムになっていると思います。
    あとは、お金を積むとその称号が誰でも買える

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!