今年の『27時間テレビ』ビートたけしが総合司会、関ジャニ∞村上信五がサポート役! 番組内容は日本の歴史がテーマ、ネットの反応は…

ビートたけしと村上信五

ビートたけしさん(70)が今年9月放送の『FNS27時間テレビ2017』で、21年ぶり6度目の総合司会を務めることが明らかになりました。

『27時間テレビ』は毎年夏(6~8月)に放送され、タレントたちが多数出演しバラエティ色が強く、お祭り騒ぎのような内容でしたが、今年は番組内容を大幅にリニューアルして「日本の歴史」をテーマに、バラエティ、ドラマ、情報、スポーツ、アニメと、「学び、笑い、楽しむ」を詰め込んだエンターテインメントを追求するとしています。

ビートたけしさんのことをサポートし、27時間の日本の歴史の旅を案内するキャプテンを関ジャニ∞・村上信五さん(35)が務めるそうで、村上さんが『27時間テレビ』でメインキャストを務めるのは今回が初となります。

ビートたけしさんと村上信五さんは、2015年、2016年に日本テレビ系で放送の特番で共演、たけしさんは村上さんのトーク力を「紅白の司会者になるんじゃないかな」などと絶賛しており、今回『27時間テレビ』で再び共演することになったようです。

<↓の画像は、日本テレビ系の特番で共演したビートたけしさん、村上信五さんの写真>
日本テレビ系の特番で共演したビートたけしと村上信五

今年の『27時間テレビ』では、2020年に東京五輪が開催されることに向けて、おもてなしの国としての日本に焦点を当てていき、総合司会のビートたけしさん、キャプテンの村上信五さんが案内人となり、旧石器時代~現代までの日本の歴史を見ていくという内容だといいます。

特別製作のバラエティ企画、情報番組のドキュメンタリー企画、波乱の人間模様を少し変わった時代劇として描いた3本の特別ドラマなど、様々な企画で歴史を振り返っていき、人気番組の特別バージョンも放送予定とのことです。

ビートたけしさんが『FNS27時間テレビ』で総合司会を務めるのは、1996年放送の『FNSの日十周年記念 1億2500万人の超夢リンピック』以来21年ぶりで、総合司会のオファーを受けたけしさんは、「今までとは全く違う作り方・見せ方を考えていますだの、テーマはオイラの大好きな“日本の歴史”で、それを軸としたかつてない新しい長編バラエティー番組を実現させたいだの、いまどきそんなに手間をかけ力を入れて番組作りをすんのかと驚いちゃったよ。それでオイラも『やってやろうじゃねーか』ってなって思わず引き受けた」「どんなことになるか期待してろってーの。責任は全部フジテレビだからな」とコメント。

また、ビートたけしさんのことをサポートする村上信五さんは、「僕が担えることは、キャストとスタッフの橋渡し的役割だと思っていますので、たけしさんが掲げてくださる『27時間テレビ』の大きなフラッグに向かって皆で一丸となって番組作りができるよう、僕にできる事をやり尽くす覚悟で向き合わせていただきます」と意気込みを語っています。

そして、番組のチーフプロデューサーである中嶋優一プロデューサー(44)は、「今年はテーマも放送時期も変え、まさに『シン・27時間テレビ』をゼロから作るつもりで準備を進めておりますが、その存在自体が戦後の歴史そのものの天才・ビートたけしさんと、三度のメシより歴史が好きな若者代表の村上信五さんにご協力いただくこととなり、心強さに震えております」「『変えてしまって、フジテレビ大丈夫か?』という皆様の声があったとしても、放送後は『変えてよかった! フジテレビ』と感じていただけるように、“学んで笑えて楽しめる”番組をお届けします。」とコメントしてるのですが、今年の『27時かんテレビ』に対してネット上では、

  • どうせもう後のないフジテレビなんだから、たけしらしく本当にめちゃくちゃやってほしい。苦情とか恐れずに。
  • 27時間も作り込んだことができるのか?そんな体力がフジテレビに残ってるのか?生放送のユルさがどうなるのか?実質仕切ることになる村上くんで27時間持つのか?期待値あるだけに、えらい大勝負かけることになる。諸刃の刃を自覚してての企画ならいいんだが。夜中のさんま中居コーナーが残るかどうか含め、興味はある。
  • いまさらたけしがMCできるわけないし、実質ジャニーズが村上をポスト中居として据えたいのかね。
  • なんか、日本テレビの24時間テレビも、フジテレビの27時間テレビも視聴者置いてきぼり感がとても強いんだが。。。
  • 2~3時間位でいい。27時間やる必要ある?

などのコメントが寄せられています。

『FNS27時間テレビ』のマンネリ化は数年前から指摘されており、2015年にはダウンタウンの松本人志さんが「来年は(27時間テレビが)あるらしいぞ、とか。今年はあるで!の方が、みんなの士気も上がっていいんじゃないかと思う」と、毎年放送する必要もないのではないかと提言するなどしていました。

こうした声が上がる中、昨年放送された『FNS27時間テレビ』は総合司会を置かずに、ウッチャンナンチャン・内村光良さん、明石家さんまさん、坂上忍さん、元SMAP・中居正広さん、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2ら、様々なタレントがリレー形式でMCを務めるという形に変更。

これは放送前から物議を醸し、放送開始後も視聴者からは番組内容などに対して多くの批判が寄せられ、歴代最低となる平均視聴率7.7%を記録したことから、『FNS27時間テレビ』はもう放送しなくてもいいのではないかという声がさらに多くなっていました。

今年は番組内容を大幅にリニューアルし、放送日も9月に変更されており、果たしてどのような番組になっているのか注目ではあるものの、27時間も日本の歴史を追った番組を観たいと思う視聴者がどれほどいるのか不明で、前回以上の微妙な結果になる可能性もありそうな気がしますが、果たしてどうなるでしょうか…。

4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTk2NTgz

    村上カア ンな

  2. 2
    匿名
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    おめでとう🎉

  3. 3
    匿名
    ID:OTczMzI3OTMx

    ジャニーズ相手にもめちゃめちゃにしてそうだから、
    来年はないかもしれんね

  4. 4
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    SMAPでさえ爆死だったからもう爆死は確実
    宮内社長も結局老害なのか違うのかがこれでわかる

コメントを残す