今井翼がメニエール病の再燃で入院し活動休止。ラジオ終了&舞台降板、復帰時期は未定。病気の原因や治療方法は…

今井翼

昨年9月から活動休止となった『タッキー&翼』のメンバー・今井翼さん(いまい・つばさ 36歳)が、内耳の病気「メニエール病」を再発したことにより、当面の間活動を休止することが明らかになりました。

今井翼さんは以前から右耳の突発性難聴を患っていたのですが、2014年10月末に出演舞台を終えた後に立ち上がるのが困難なほどのめまいを訴え、同11月6日に検査入院した結果「メニエール病」を発症していることが明らかになりました。

これを受けて活動を休止し、同12月上旬まで入院治療していたのですが、12月下旬には仕事復帰していました。

<↓の画像は、今年3月放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)に出演時の今井翼さんの写真>
3月16日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』に出演した今井翼

しかし、所属事務所『ジャニーズ事務所』の発表などによると、今井翼さんは3月中旬頃からめまいの症状などに悩まされ、医師に「メニエール病の症状の再燃」(再燃:治療で抑えていた症状が再度悪化すること)と診断されたことから28日の午後から入院し、復帰時期については未定だといいます。

『ジャニーズ事務所』は、「当面のスケジュールをキャンセルさせていただき治療に専念させていただくことといたしました」「ファンの方々をはじめ、関係者の皆様には多大なご心配、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません」とコメントしています。

今井翼さんは4月8日からスタートするアニメ『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』(フジテレビ系)の第1話にゲスト出演しており、3月29日に行われる舞台あいさつに出席予定だったのですが、「メニエール病」の悪化によって欠席が決定しました。

6月に上演の主演舞台『音楽劇 マリウス』は降板が決定(代役は後日発表)し、9月上演の舞台『オセロー』は今後の経過を見ながら判断するとのことです。

今井翼さんが2003年7月からパーソナリティーを務めてきたラジオ番組『今井翼のto base』(文化放送 木曜24時5分)については、収録済みのものがないため29日の放送は無く、3月22日の放送をもって終了とすることを番組の公式サイト上で発表しています。

<↓の画像は、『今井翼のto base』の公式サイト掲載の番組終了アナウンス>
『今井翼のto base』番組終了コメント

そして、この発表を受けてネット上では、

  • 翼くんは真面目だから色々無理しちゃうのかも。精神的にも大変だったんじゃ。帰ってくるのを待っています。大変な病気だけどゆっくり療養してください。
  • えっ、心配だなぁ。今はゆっくり静養して規則的な生活で体の調子を整えてほしいです。お大事に。
  • ユニットの活動停止した時に治ってないのかな?とは思ってたけど。キンキの剛もそうだけど無理してまで続けて欲しいと願うファンなんてほとんどいないんだから腹くくって休んだ方がいい。
  • 知り合いにメニエール病の方がいます。尋常じゃないほどの目眩に加え、いつどこで来るか分からないので、精神的にも辛いと言っていました。ゆっくり治療に専念してまた元気な姿をみたいです。
  • 会社の先輩がメニエール病になって一年以上治療にかかった。ほんとうに辛いようだった。几帳面で真面目な人に多いようだから仕事のストレスによるものではないかと思います。ゆっくり休み早く舞台に立って下さい。

などのコメントが寄せられています。

今井翼さんが発症した「メニエール病」は、体の平衡(へいこう)感覚をつかさどる三半規管、音を感じる蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる耳の奥の部位に流れるリンパ液が過剰に増えることで、激しい回転性のめまい、難聴、耳鳴りといった症状が連動して起こる内耳の病気で、片耳だけに生じることが多いとされています。

「メニエール病」の根本的な発症原因は不明で、厚生労働省によって難病指定されているのですが、原因としては「精神的なストレス」や「過労」が挙げられています。

『高野ビルクリニック』(東京・新宿)の冨名腰文人院長によると、「メニエール病」は再発がよくみられ、特に季節の変わり目や気候の変化が激しい時に発作を起こしやすいといい、治療方法については、自律神経症状(めまい等)が強いことから心身ともに安静にして休むしかないとのことです。

他の医師の説明によると、繰り返すことが多いとされる「メニエール病」は、「疲れやストレス、生活環境をコントロールできない人がなりやすい」と言われるそうで、もし発作を繰り返すと耳鳴りが残ってしまったり、難聴が進んでしまうケースもあることから適切な治療が必要だといいます。

治療方法は投薬治療と安静にすることで、2~3ヶ月でめまい等の発作は治まるものの、ダンスなどの激しい運動をする場合には完全に症状が治まるまで控えた方が良いようです。

なお、「メニエール病」は投薬治療で症状をコントロール出来ない場合や、難聴の進行を止められないといった場合に、手術を行うかどうかも検討されるそうなのですが、今井翼さんは現時点で手術の予定はないとのことです。

「メニエール病」の発作は数分だけの時もあれば数時間も続くこともあるそうで、めまい等の症状に加えて頭痛や吐き気なども起きる場合もあるとのことから、今井翼さんは現在かなり非常に辛い状態なのではないかと思います。

また、病気の再発によってラジオ番組の終了や舞台降板などが決定し、仕事関係者や応援してくれるファンたちに申し訳ないという気持ちでいっぱいなのではないかと思うのですが、「メニエール病」がこれ以上悪化してしまうと今後ずっと辛い思いをすることになるため、しばらくは安静にして完治を目指してほしいですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    水を1日3.5Lくらい飲んでみては。。
    ADHというホルモンがでて、耳の中の浮腫が改善される。

  2. 2
    匿名
    ID:MjAxMjM4NjUw

    ゆっくり休んでね。病気の辛さ本人にしか分からないよね、お大事に

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について