亀梨和也が主演『FINAL CUT』初回視聴率2ケタ届かず、草彅剛の演技と比較し厳しい声…第1話の内容と視聴者の反応

KAT-TUN・亀梨和也

KAT-TUN・亀梨和也さんの主演ドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系 火曜21時)が9日からスタートし、初回平均視聴率が関東地区で7.2%、関西地区で10.7%だったことが明らかになりました。

亀梨和也さんがフジテレビ系ドラマで主演するのは、女優・伊東美咲さんとW主演した2006年7月期放送の『サプリ』(フジテレビ系)以来11年半ぶりで、フジテレビ系ドラマでの単独主演は意外にも今回が初となっています。

なお、ドラマの主題歌には、1年半の活動休止期間を経て、昨年大晦日の『ジャニーズカウントダウン 2017-2018』で活動再開を発表したKAT-TUNの新曲『Ask Yourself』が起用されています。

<9日スタートsの亀梨和也さん主演ドラマ『FINAL CUT』>
KAT-TUN・亀梨和也の主演ドラマ『FINAL CUT』

『FINAL CUT』は、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』、映画『電車男』や『ヘルタースケルター』などを手掛けた脚本家・小説家の金子ありささんのオリジナル脚本ドラマで、主演の亀梨和也さんは、母親を自殺に追い込んだ人物たちに対して復讐していく主人公・中村慶介を演じています。

ストーリーは、12年に前に中村慶介の母親・恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園で、園児が何者かに殺害されるという事件が発生し、警察の捜査が進む中でワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』は、まるで恭子が犯人かのように事件を取り上げ、それがきっかけで恭子は世間から非難を浴び、追い詰められた末に自殺してしまいます。

<↓の画像は、第1話のワンシーン>
『FINAL CUT』第1話の裕木奈江の登場シーン

『FINAL CUT』第1話のワンシーン

それから12年後の現在、警視庁新宿中央署の警察官となった慶介は園児殺害事件の真犯人を探し出し、さらにメディア被害を受けた人々の相談を受けるサイト『MP.info.net』を幼馴染の野田大地(Hey! Say! JUMP・高木雄也さん)と共に立ち上げ、事件当時母親を追い詰めた人物たちに復讐を果たすために動き始めます。

復讐のターゲットになったのは、ワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』の司会者・百々瀬塁(藤木直人さん)や番組のスタッフたちで、それと並行して、事件当時に捜査線上に浮上していた男の家族である雪子(栗山千明さん)、雪子の妹・若葉(橋本環奈さん)にそれぞれ別人を装って近付く姿なども描かれていました。

<↓の画像は、『FINAL CUT』出演者たちの写真>
KAT-TUN・亀梨和也の主演ドラマ『FINAL CUT』の出演者

そして、第1話が終了しネット上では、

  • 草彅くんだったら、ここでどんな表情しただろう?と時々思ってしまったけど、そして草彅くんで観たかった気もするけど、亀梨くんもいろんな顔を持ってて、合格点クリアーでしょう。豪華俳優陣、この先も楽しみにしています。
  • 橋本環奈さんの声と演技は嫌いだけどストーリーは割と良さそう。これからの復讐する亀梨君の演技、期待するわ〜
  • 亀梨くん悪くない感じ。一時のキラキラ感はないけれど、落ちついた雰囲気でドラマが見やすい。復讐劇でも、アリスの棘と比べるとなんか地味な感じだなあと思う。マスコミ報道の行き過ぎについて、どこまでリアルに攻めてくるのか楽しみでもある。
  • 執拗に回想シーンを入れ込んだり、亀梨君の、このシーンいるのか?というようなビジュアルカットが多すぎ、内容が小さかった。
  • 嘘の戦争、銭の戦争の実質的な最終シリーズ。いろいろな事情で主演変わったらしいけど、できることなら草彅くん主演で見てみたかったなあ。
  • 第1話で何かドラマ内容の流れがわかってしまうような気がします。こういうシビアな役柄は、亀梨くんには、無理だと思う。来週からは、もう見ないな。
  • 亀ちゃん嫌いじゃない、むしろ好き。でもコレは荷が重過ぎる…無理。アイドル出身でこのアラっぽいストーリーを演技で魅せるコトができるのは草彅だけ…。栗山千明との組み合わせも、子供?時代とのつながりも、亀ちゃんでは不自然過ぎる。亀ちゃんでヤルなら企画練り直さないとダメ。
  • やはり、草なぎ君との演技力の差が心配です。山猫の二の舞の予感。事務所に振り回されないキャスティングをしていただきたかった。

などのコメントが寄せられており、第1話終了時点では賛否両論となっています。

火曜21時のドラマ枠は、フジテレビ系の関西テレビ(カンテレ)が制作しており、これまでカンテレ制作の復讐シリーズ『銭の戦争』『嘘の戦争』は、元SMAP・草彅剛さんが演じていました。

しかし、同じ復讐劇を描いた『FINAL CUT』は亀梨和也さんが主演に起用されたことから、なぜ草彅剛さんが主演じゃないのかとドラマ発表の時点から批判的な声も多く上がっており、第1話は亀梨さんと草彅剛さんとの演技を比較しながら視聴したという方も少なくない様子で、厳しい反応が多く見受けられます。

また、初回視聴率も関東地区では7.2%と2ケタに届かず、『銭の戦争』と『嘘の戦争』は共に2ケタを記録していたことから、もし草彅剛さんが主演に起用されていれば数字が伸びていたのではないかともみられています。

ちなみに、昨年1月期に同枠で放送の『嘘の戦争』は、初回11.8%、第2話以降も2ケタをキープし、全10話の期間平均視聴率は11.2%。

同4月期放送の小栗旬さん主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は、初回13.9%、全10話の期間平均は10.6%。

同7月期放送の窪田正孝さん主演『僕たちがやりました』は、初回7.9%、全10話の期間平均は6.1%。

同10月期放送の井上真央さん主演『明日の約束』は、初回8.2%、全10話の期間平均は5.7%となっており、昨年7月以降は初回1ケタという結果になっています。

『FINAL CUT』の初回終了時点では次回は見ないという厳しい声もチラホラと見受けられますが、これから徐々にストーリーが盛り上がっていくので、引き続き視聴者の反応と視聴率の推移を見守っていきたいですね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzA5MTIz

    関テレは草なぎでしか安定して取れないよ

  2. 2
    匿名
    ID:MjEyNjE4MDYy

    ジャニーズ ばっかり

  3. 3
    匿名
    ID:MjEyOTI3NDgw

    ジャニーズ要らねぇ❗ついでにバーニングプロの周防、ジャニーズに逃げて共に撃沈!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について