中居正広が再び医療従事者に焼肉弁当差し入れ、後輩ジャニーズにも贈り反響。気遣いが素晴らしいと絶賛の声。画像あり

中居正広

新型コロナウイルスの第3波襲来によって感染者数が急激に増加し、再び医療現場が逼迫した状況になっている中で、中居正広さん(なかい・まさひろ 48歳)が大阪の医療従事者に、焼肉店『叙々苑(じょじょえん)』の高級焼肉弁当を差し入れしていたことが判明し、ネット上で大きな反響を呼んでいます。

中居正広さんが焼肉弁当を差し入れしていたことは、医療従事者の男性が自身のインスタグラムで写真とともに報告したことで判明したもので、その男性は焼肉弁当とサラダ、「元SMAP 中居正広様より 寄付をいただきました。」と書かれた紙の写真を投稿し、「中居さんありがとうございました。」と綴っています。

<↓の画像が、インスタグラムに投稿された写真>
中居正広が医療従事者に差し入れた焼肉弁当(叙々苑)

週刊誌『女性自身』が中居正広さんに近い芸能関係者に取材したところ、中居さんが12月24・25日に医療従事者の方々に焼肉弁当の差し入れをしたことを明かしたといいます。

中居正広さんはコロナの第1波で緊急事態宣言が発令中の5月、その後6月にも大学病院の救命救急センターなどに焼肉弁当の差し入れをしていたことが判明し話題になりましたが、今回の差し入れについて芸能関係者は、「今回のタイミングは、感染者が増大して医療が逼迫しているなかでクリスマスも関係なく勤務している医療従事者たちを支援したいという思いからでしょう」と語っています。

中居正広さん自身は貧乏性であることを公言し、家電や家具がボロボロになっても使用を続け、光熱費や携帯代などを外せば月5万円ぐらいしか使わないそうで、今年1月放送のラジオ番組では、「週2回スーパー行って、(1回に)4000円くらいしか買わない。4000円を2回、週で言うと8000円くらい。これ4週で3万2000円……くらい。オレ1日1000円しか使わないの?」などと語っていました。

その一方では、仕事関係者等には大量の差し入れをしたり、被災地支援などは積極的に行っていることで知られ、『女性自身』の記事ではテレビ局関係者が、「中居さんはレギュラー番組の1年の最後の収録のときに、スタッフに叙々苑など“お高め”のお弁当を差し入れをするのが恒例になっています。今年ももちろんやってくれました」と明かしています。

また、ラジオ局関係者は、「(24日に)Kis-My-Ft2とSixTONESにも寿司弁当を差し入れていました。その日彼らはラジオで24時間のチャリティ番組のパーソナリティをしていたんですが、その現場に届いたんです。メンバーたちのテンションも上がっていましたね。チャリティへの意識の高い中居さんらしいですよね」と語っています。

『週刊女性』の記事でもTBS関係者が、「7月に始まった深夜のバラエティー番組『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』の初収録ではお寿司の差し入れがあり、12月23日に行われる年内最後の収録でも、豪華弁当を用意してくれて。コロナ禍で制作費がカツカツなので、現場は大喜びです」と語っており、様々な場所にクリスマスプレゼントを届けていたようです。

これに対してネット上では、

  • これまでの行動でも中居くんの人柄がわかります。自分にはケチなのに他人には惜しみなく使うところが素敵です。
  • 中居君はほんと素敵。心根が優しいのよね。黙って差し入れてくれるのも粋よね。
    叙々苑のお弁当も間違いなく美味しいしね。嬉しいよね。元気でるよね。
  • やんちゃ小僧がそのまま大人になったような軽い雰囲気の中居くん。それはテレビ向けの「キャラ」であって気遣いの出来る大人なんだね。こういう大人はかっこいいな。
  • みんなお家クリスマス楽しんでるなか、仕事休めない医療従事者へって気遣いが凄すぎるよ、、!
  • クリスマスイブなんだから、ちょつと豪華なものを食べてもらいたいっていう心意気がさすがって思うわ
    いろいろ考えただろうけど、自分が本当においしかったってものを食べてもらって喜んでもらいたかったんだろうな
  • 中居くんは色々とやってる事を公表しないどころか わからないようにやってくれてるんですよね。
    熊本の震災の時も来てくれたし本当に出来ることではないです。ありがたいです。
  • 素晴らしい。私も何かしたいけれど、子育てに追われるばかりで社会に目を向ける余裕すらないのが悔しい。
    せめて医療の逼迫を少しでも防ぐために、自分を含め、家族を感染させないこと。必死に闘う医療従事者の方々への感謝を忘れないこと。徹底したいと思います。
    中居くんのような優しさや気遣いの連鎖が日本中、世界中に広がりますように。

などの声が上がっています。

中居正広さんが5月以降に焼肉弁当の差し入れを行った際、ネット上では絶賛の声が上がった一方で、「あざとい」「偽善」などと否定的な反応もあったと一部メディアが報じていたのですが、中居さんの場合は1度や2度ではなく、頻繁にこうした差し入れなどを行っており、周囲への気遣いを絶やさず素晴らしい行いを続けていることに感服します。

5月に中居正広さんが焼肉弁当を差し入れたことが話題になった際には、爆笑問題・田中裕二さんがラジオ番組で、「中居くんは確かにすげぇそういうのをやる人」「人に何かをっていうのは、常にそういう意識がある」「お正月とか、俺とかにもなんかくれたりすんのよ、いつも。仲良い友達…友達はそんなに多くないじゃん。麻雀仲間とか限られた人に。『今年は財布をみんなにあげるんだ』って言ってくれたり」と明かしていました。

中居正広さんは今年3月をもってジャニーズ事務所を退所、独立しましたが、新型コロナウイルスの影響で4月の時点では仕事がほとんど無いと語り、自身もコロナで大きなダメージを受けながらもコロナ関連の支援基金に2000万円以上の寄付を行うなどしていました。

テレビ番組などでは非情な面を度々披露していますが、人情味あふれるエピソードも多々あり、今回の焼肉弁当差し入れでも改めて優しさ、心遣いが感じられ、こうした行いを見習っていかなくてはという気持ちになりますね。

参照元
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1932997/
  • http://www.tmd.ac.jp/medhospital/topics/thanks2020/
  • https://news.mynavi.jp/article/20200520-1039378/
  • https://www.narinari.com/Nd/20200158070.html
  • https://myjitsu.jp/archives/118384
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    さんまや中居みたいに面倒見いいのは巻き込まれやすいから
    医療関係者はいいけど、やめたジャニーズにまで世話を焼くのはほどほどにしたほうがいい
    医療関係者に弁当配布だけで良かった

コメントを残す