ワンオクTakaが浅田舞と交際継続、森昌子も公認で結婚へ? ONE OK ROCK北米ツアーに彼女連れて向かう

ワンオクTaka&浅田舞

歌手・森進一さんと森昌子さんの長男で、人気ロックバンド『ONE OK ROCK』(略称:ワンオク)のボーカル・Takaさん(本名=森内貴寛 30歳)が現在も、プロフィギュアスケーターでタレントの浅田舞さん(30)との交際を続け、揃ってアメリカに向かっていたことを7日発売の週刊誌『週刊文春』が報じています。

ワンオクは前作から2年ぶりとなる3rdアルバム『Eye of the Storm』を2月19日にリリースし、オリコンの週間アルバムランキングでは初登場1位、推定初週売り上げ枚数19.8万枚のヒットを記録しています。

アルバム収録曲『Wasted Nights』ミュージックビデオ

ニューアルバムリリースと共に北米ツアーをスタートさせており、2月19日~3月30日にかけてニューヨーク、ボストン、シカゴ、ラスベガス、ロサンゼルスなど25都市で全26公演のライブを開催し、その後4月4日~5月3日にかけては、かねてから親交のあるイギリス出身の人気シンガーソングライターのエド・シーランさんのアジアツアーでサポートアクトを務め、日本、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、韓国でライブを行います。

また、5月8日~26日にかけてはヨーロッパツアーを開催し、イギリス、ドイツ、イタリア、フランスなど10ヶ国で13公演のライブを行うことが決定しています。

そうした過密スケジュールのツアーがスタートする前の2月14日の夕方、ワンオクTakaさんとマネージャーが羽田空港国際ターミナルの優先保安検査場に入っていき、それから10分後に、キャスケット帽にマスク姿の浅田舞さんが検査場に駆け込んでいく姿を『週刊文春』の取材班はキャッチしています。

2人は検査場に入ると少し距離を取りながら搭乗ゲートへと向かい、揃ってアメリカへと旅立ったといい、ワンオクTakaさんの知人は、「2人は同じロサンゼルス行きの便に乗りました。航空券は自分たちで個人的に準備したようですよ」と証言しています。

ワンオクTakaさんと浅田舞さんの熱愛交際は昨年4月に『週刊文春』のスクープによって発覚し、2人は個室スパで約3時間半も2人きりの時間を過ごした後、タクシーでTakaさんの自宅マンションへと向かい、浅田さんがそのままお泊りしたとのことでした。

<↓の画像が、昨年4月に『週刊文春』が撮影した写真>
ワンオクTaka&浅田舞の週刊文春画像

この報道に対して2人は交際を認めるコメントは出していませんが、その後も順調に交際を続けている様子で、2人の結婚も近いのではないかとも囁かれています。

浅田舞さんは昨年12月に、前身番組を含めて6年にわたってレギュラー出演していたローカル番組『ニュースOne』(東海テレビ)を降板したほか、妹の浅田舞さんと共演していたアシスショーへの出演も辞めることを発表し、今年1月にはこれまで更新していたツイッター、インスタグラムも閉鎖しており、現在は表立った活動が激減しています。

そんな浅田舞さんについて芸能プロダクション関係者は、「浅田が次々と仕事に区切りをつけているのは噂になっています。明らかに忙しい彼に合わせている。片時も離れたくないということでしょう」と語っています。

2人の交際はワンオクTakaさんの母親・森昌子さんも認めているそうで、昨年の熱愛報道後、情報ワイドショー番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の取材を受けた森さんは、Takaさんと浅田さんの熱愛報道に驚いたことを明かしつつ、「とっても可愛らしいお嬢さんだなというイメージ」などとコメントしていました。

森昌子さんの知人によると、孝行息子のワンオクTakaさんは今年の正月も実家に帰り、浅田舞さんとの交際が順調だと報告していたといい、森さんも2人の交際を応援しているとのことです。

<↓の画像は、ワンオクTakaさんと母親・森昌子さんの2ショット写真>
森昌子と長男のワンオクTaka

ワンオクTakaさんと浅田舞さんがこのままゴールインとなるかはまだ分かりませんが、親にもちゃんと紹介し、北米ツアーにも連れて行ったということは、結婚を視野に入れた真剣交際しているのだろうと思います。

ちなみに、浅田舞さんは熱愛報道から約2週間後の昨年4月24日に『ごごナマ』(NHK)にゲスト出演した際、結婚願望について聞かれると「35歳くらいまでに」と答え、理想の結婚生活については「お母さんになった時には兄弟、姉妹をつくってあげたいなと思います」と出産願望も明かしています。

ワンオクのベース・Ryotaさん、ドラム・Tomoyaさんは結婚、それぞれに第1子も誕生しており、Takaさんも家庭を持ったメンバーたちの姿を間近で見て、結婚への思いを強くしている可能性はあり、引き続きお2人の交際を見守っていきたいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について