ジャニー喜多川社長が嵐の活動休止に初言及。20年の活動労い決断支持、メンバー5人を今後も支える

嵐

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(本名=喜多川擴 きたがわ・ひろむ 87歳)が30日、2020年末をもって活動休止することを発表した嵐について初めて言及しました。

ジャニー喜多川社長が初めて製作総指揮を手掛けたジャニーズJr.出演の映画『少年たち』(3月29日公開)の完成披露試写会が30日に行われ、イベント開始前にジャニー社長は各スポーツ紙の取材に応じました。

<↓の画像は、ジャニー喜多川社長の写真>
ジャニー喜多川

ジャニー喜多川社長は活動休止を発表した嵐について、「あと2年間頑張ってほしい。僕なんて、2年後はもういないかもしれないけどね。本当に、2年間頑張ってくれるだけで、すごくうれしいですよね」と冗談を交えながら、活動休止までの約2年の活動に対する自身の思いを語りました。

<↓の画像は、1月27日に活動休止発表した嵐の写真>
活動休止発表会見時の嵐

また、結成当時からこれまでを振り返り、「当時はこの子たちはどうなっていくんだろう、と思ったけど、どんどん成長して、逆にこちらが教えられていくんですよ」「若い子は強いですよ。僕はみんな、尊敬していますよ」といい、1999年からこれまで20年にわたって活動を続けてきたメンバーに対しては、「ものごとには限界があるけど、止まっちゃったら、そこが限界になっちゃう。そんな中で、20年もよく頑張ったと思います。20年頑張るって大変なことですから」と労っています。

<↓の画像は、デビュー当時の嵐メンバー写真>
嵐デビュー当時の画像

そして、嵐のメンバーが2020年末をもって活動休止することを決めたことについては、「20年間頑張って、しばらく休憩して、またやるっていうのは、いいと思う。僕が若い頃から、そういうのはありました」と語り、5人の決断を支持するかどうか聞かれると、「当然ですよ」と即答した上で、「僕は、嵐についていきます。2年でも3年でも、いつまでもついていきますよ。当たり前です。みんなどんどん成長するから、僕はそれに従ってついていきますよ」と、今後も変わらずメンバーたちを見守っていくことを誓っています。

こうしたジャニー喜多川社長のコメントを受けてネット上では、

  • ジャニーさんはわりと理解があること言うよね。問題はメリーと娘のジュリーの気がする
  • こんだけ稼いでくれたらそりゃあ感謝しかないよね
  • SMAPの時も同じこと言ってたような
  • ジャニーさんも自虐ネタとかするんだね笑
  • 20年間よく頑張ったっていうのは本当だと思う。結婚もせず、嵐というアイドルを守ってきた。お疲れさまでした
  • スマップ騒動が無ければこうはなってなかっただろうね。意地でも嵐を継続させてたと思う。
    今やジャニーズのイメージは最悪なので、下手なことするよりアイドルの気持ちを尊重してやらないとねw
  • ジャニーさんがなくなったらまた大きくジャニーズ変わりそうだね
  • SMAPやTOKIOも充電期間があったら今とは違ってたかもね。何だかんだ淋しいよね。嵐の英断はこれからの世代の子達の励みになるね。
  • これからのグループには30過ぎたら卒業してソロ活動の流れを作っていってあげてほしい。
    恋愛や結婚も他の事務所のように事務所はプライベートは関与しません。で良いのではないでしょうか?
    良い事務所にしていないと、良いタレント育たないですよ。
  • ジャニーさんはSMAPの時もTOKIOの時もKATーTUNの時も、最近ならタキツバもか、引退や解散などする際にファンにとって耳障りの良いコメントしか言わないけど、ジャニーズ事務所は黒いイメージしかない。
    NEWSの小山の事件の時も、手越との扱いの差が疑問だった。とりあえずメリーとジュリーどうにかして欲しい。
  • ジャニさんは、いい人だけど、身内を切る事は出来ないから、ジャニー帝国は磐石じゃない。ジャニさんがいなくなったら、終焉でしょう。
    いくら、滝沢秀明さんが頑張っても、ジャニさんには敵わない。と言って、あの女二人はとんでもないから、帝国の崩壊は時間の問題ですわ。5年後が見ものです。

などのコメントが寄せられています。

嵐はジャニー喜多川社長の姪・藤島ジュリー景子副社長が手掛けていたグループで、ジャニー社長は嵐の活動にはほぼノータッチだったとみられますが、嵐の結成、グループ名を考えたのはジャニー社長で、結成からこれまで事務所に大きく貢献してきた功労者だけに、複雑な気持ちもあるのではないかと思います。

しかし、2016年末にはSMAP、2018年9月にはタッキー&翼が解散といった非常に大きな出来事があり、それぞれ解散に至った経緯、理由は全く違いますが、事務所側の意向によって活動を続けさせることが難しくなってきているため、メンバーたちの決断を受け入れ、2021年以降も各メンバーたちの活動を応援していくという思いに至ったのかもしれないですね。

そして、ジャニー喜多川社長は今回冗談で、2年後に自分はいないかもしれないと語っていたのですが、“タッキー”こと滝沢秀明さんは昨年末をもって芸能活動を引退し、ジャニー社長の意思を受け継いで今年から新たに裏方としての活動を新たにスタートさせ、新会社『ジャニーズアイランド』の社長に就任しており、今後の活動に大きな注目が集まっています。

滝沢秀明さんは昨年12月に雑誌『AERA』のインタビューで、「僕は一番近くでジャニーさんのやり方を見てきましたから。あのやり方は絶対にこれからも続けなきゃいけないし、残していくべきもの。まだまだ勉強中ですが、僕ができることは責任を持って全部やりきろうと思っています」と意気込みを語っています。

滝沢秀明さんはこれまでジャニーズタレントとして様々なことを経験してきた方なので、ジャニー喜多川社長の意思を継ぎながら、また新たな事務所の形をつくっていってもらいたいですし、ジャニー社長も引き続き現役で頑張ってほしいですね。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901300000848.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について