キンプリ岩橋玄樹がパニック障害の治療で活動休止。病気で一定期間休養、復帰時期は未定と正式発表

岩橋玄樹

今年5月にジャニーズ事務所からデビューし、勢いに乗っている6人組グループ『King & Prince』(略称:キンプリ)のメンバー・岩橋玄樹さん(いわはし・げんき 21歳)が、「パニック障害」の治療に専念するために芸能活動を「一定期間」休養することが分かりました。

ジャニーズ事務所の公式サイトが26日夜に更新され、岩橋玄樹さんがパニック障害を理由に休養すると発表し、休養に入る時期は11月初旬からを予定しているとしています。

そのため、12月から来年1月にかけて開催の舞台『Johnny’s King & Prince IsLAND』(東京・帝国劇場)への出演は見送るとしています。

休養が決まった経緯については、5月にCDデビューを果たして以降に取り巻く環境が大きく変わり、それによって心身のバランスを保つのが難しくなる局面があったそうです。

今後も仕事を続けながら治療することも可能な状態ではあるものの、仕事を一度休んで治療に専念した方がいいと考え、専門家の意見やメンバー、事務所関係者らで話し合い、11月から一定期間休養するということが決まったそうです。

サイトには岩橋玄樹さんのコメントも掲載されており、活動を一時休止することになったことをファンや関係者に謝罪した上で、「病を克服し、今よりもたくましい岩橋玄樹になって必ず戻ってきます」と誓っています。

続けて、「僕は今回の休養を前向きに捉えています。一生付き合うことになると思っていたパニック障害という病を、たくさんの方々の力を借りて克服するチャンスをいただきました。治療は地道で根気が必要だと思いますが、必ず病を克服し、皆様の前に立てる日を目指して治療に専念します。」とコメントし、最後にこのような決断を後押ししてくれたメンバーに感謝の言葉を記しており、「King & Princeの一員として恩返しできるように早く元気になって戻ってきます。」と綴っています。

また、メンバー一同のコメントも掲載されており、岩橋玄樹さんはメンバーに対して「絶対戻ってくる!」と誓っていたといい、「その言葉を信じて、僕たちも全力で彼のことをサポートしていきたいと思っています。これから彼が休養している間、6人のKing & Princeという形を成立させるにはたくさんの困難があると思いますが、僕たちは彼が戻ってくるまで、King & Princeを絶対に守ります。そして今まで以上に輝いて戻ってくる岩橋玄樹の復帰を待ちます。」としています。

岩橋玄樹さんは先日放送されたキンプリのメンバーを追ったドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』(フジテレビ系)で、「はっきり言うと、僕、パニック障害というものとずっと闘って来て」と病気を告白したほか、小学生のころにイジメに遭っていたことも明かし、「逃げられないような立場だったり、もうどうしていいか分からなくなると自分の感情のコントロールが分からなくなって。それを唯一知っているのが神宮寺だけなんですよ。彼にも助けてもらったこともあったし」と語り、パニック障害を患っていることを初告白しました。

<↓の画像が、パニック障害を告白したキンプリ・岩橋玄樹さんの写真>
キンプリ岩橋玄樹『RIDE ON TIME』でパニック障害告白

岩橋玄樹さんはこの前に行われたコンサートのリハーサル中、おちゃらけた態度を見せていたメンバーの神宮寺勇太さんに対して、「人の話聞いとけよ」「ふざけてるよ」と激怒し、掴み合いのケンカになるという場面がありました。

怒りを爆発させた岩橋玄樹さんは、「ひとりでずっと違うことやっててさ、俺が(立ち位置は)ここだよって言ってるのにそれも聞かないでさ、でも神宮寺はずっと理解してないままヘラヘラしててさ、そういうことが最近すごいずっとあるの。我慢してたの」「カッとなり過ぎたのは俺が悪いけど、そういうところもしっかりメンバーだったらちゃんとやろう」と、神宮寺勇太さんに対して不満を吐き出していました。

こうした姿を見せたのも、神宮寺勇太さんが病気を知っているからこそだと岩橋玄樹さんは語り、自身のパニック障害については、「いつ治るかわからないですけど、でもやっぱりそれは自分が一生抱えていくもの」「それを抱えた状態で、どういろいろ表現できるかっていうのは、僕の中の自分だけの今の悩み」と胸中を明かしています。

また、「プライベートの岩橋玄樹のままステージに出られるようなことはないですね。アイドルとしての僕でしか見せられない。じゃないとパニックになっちゃうから」「でも僕、逆に隠すよりこうやって言ったほうが気楽ですね」と話していました。

キンプリ岩橋玄樹『RIDE ON TIME』で病気カミングアウト

岩橋玄樹さんが患っているパニック障害は、芸能界でも患っていることを公表している方は多く、ジャニーズの先輩であるKinKi Kids・堂本剛さんのほか、中川家の兄・中川剛さん、女優・田中美里さん、元プロ野球選手の長嶋一茂さん、元グラドルの安西ひろこさん、演歌歌手の大江裕さん、プロ野球『オリックス・バファローズ』の小谷野栄一選手、ミュージシャンのyuiさんが病気を明かしており、国内では100人に3人の割合で発症しているとも言われています。

海外の著名人も多く、エルトン・ジョンさん、ビリー・ジョエルさん、マイク・タイソンさん、アンジェリーナ・ジョリーさん、スカーレット・ヨハンソンさん、エマ・ストーンさん、ジョニー・デップさんらもパニック障害だったことを告白しています。

パニック障害は、閉ざされた空間などで自由がきかない状態になると強い恐怖感などを感じ、パニック発作などを起こす病気で、エレベーターや満員電車、飛行機、バスなどの乗り物に人が混雑している狭い空間や、車道や広場などを歩いている時などに強いストレスを感じてしまい、動悸、息切れ、めまい、震えなどを発症し、強烈な不安感にも襲われるといいます。

また、漠然とした圧迫感や呼吸困難によって「倒れて死ぬのではないか?」といった恐怖感も抱くこともあるそうです。

そして、一度こうした症状が出るとパニック発作に対して大きな恐怖感を抱くようになり、もしまた発作が出てしまったらどうしようと、どこでいつ起きるか分からない発作に怯え、不安を募らせていくようになり、こうして神経質になっていくことでパニック発作は繰り返されるといいます。

パニック障害の治療法は大きく分けて薬物療法と心療療法があり、薬物療法では抗うつ剤、抗不安薬などを服用しながらの治療で、心療療法は臨床心理士によるカウンセリングやセラピー、認知行動療法、自律訓練法といったものがあります。

しかし、パニック障害は度合いや症状によって完治するまでの期間もまちまちで、症状が思い場合には仕事をセーブもしくは完全に休んで治療に専念した方がいいとも言われています。

果たして、岩橋玄樹さんのパニック障害は重いのか、比較的軽いのかどうかは定かではないのですが、今後の活動を考えるといま無理をして症状を悪化させるよりも、早い段階で治療に専念して完治を目指した方が良いという判断をしたようですね。

岩橋玄樹さんは現在、22日からスタートした深夜ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)に出演中で、この作品では同じくキンプリの高橋海人さん、神宮寺勇太さんらと共演しているのですが、撮影は全て終了していることから、活動休止をしてもこのドラマには特に影響はないようです。

その一方で、舞台への出演を見送ることが決定したほか、今年初出場が噂されている『NHK紅白歌合戦』も岩橋玄樹さんは出場できず、しばらくは5人での活動となります。

念願のデビューからわずか半年で活動休止となる岩橋玄樹さんは、8年前の2010年10月末にジャニーズ事務所へ入所し、2013年4月に香取慎吾さん主演ドラマ『幽かな彼女』(フジテレビ系)でドラマデビュー、2014年に『Sexy Zone』の弟分ユニット『Sexy Boyz』のメンバーに選出されました。

2015年には亜細亜大学経済学部へ進学し、同6月にキンプリ(Prince)のメンバーに選出され、今年5月にCDデビューを果たしたというのがザックリとした経歴となるのですが、アイドル雑誌『Myojo』で1995年から行われている恒例企画「恋人にしたいJr.ランキング」では、2014年~2018年まで1位を獲得するほどの人気ぶりで、同じくキンプリの永瀬廉さんは2015年~2018年まで2位となっています。

ちなみに、同ランキングで5連覇を達成したのは岩橋玄樹さんのみで、小原裕貴さん、Sexy Zone・中島健人さんが2連覇、山下智久さん、赤西仁さんでも3連覇となっています。

岩橋玄樹さんは中性的なルックス、キャラクターからジャニーズJr.時代から熱狂的なファンが多くおり、岩橋さんの一時活動休止はグループに大きな影響を与えるとみられます。

キンプリは10日リリースの2ndシングル『Memorial』が、初日の推定売り上げ枚数が27万3,760枚、初週の推定売り上げ枚数は40万1,070枚でそれぞれオリコン1位を獲得し、デビューから勢いを落とさず着実にファンを増やしながら前進を続けているのですが、岩橋玄樹さんがグループを離れることでどのような変化があるのかなど、今後に注目したいところですね。

参照元
  • https://www.cyzowoman.com/2018/10/post_207003_1.html
  • https://taishu.jp/articles/-/61706
  • https://snabi.jp/article/24
  • http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20160921_04.html
  • https://mdpr.jp/news/detail/1799849
7件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzEyMzYy

    せっかく休養頂いたんだから、ゆっくり治療に専念して。

  2. 2
    匿名
    ID:OTk4NjExODk2

    パニック障害は辛い。同じなので気持ちがわかります。ゆっくりやすんでください。

  3. 3
    匿名
    ID:MjAxMjM4NjUw

    お気に入りの子だったのでショックですが体調をゆっくり治してほしいです

  4. 4
    匿名
    ID:MjExNTg0MTcx

    5人でも違和感は無いと思う。とにかく今は治療に専念して、仲間の活躍を見守っていつでも復帰出来るようにしっかり準備をしておくといい♡

  5. 5
    ほん
    ID:MzQxMTc4NTM2

    岩橋もセンターポジや重要視されていたら
    死んでも休まず仕事しながら治療したいと押しきったと思う。
    完全休養選んだのは見切れポジならこのまま辞めることになっても仕方がないと考えたからかな。
    だからグループのことも割とどうでも良くなってデビュー間もない時期に完全休養かな、と。
    自分は大事な時期だからと頑張ってても
    平気でスキャンダル出した高橋や匂わせ続けてる平野のモチベにも腹が立ったのかもしれないな。

  6. 6
    匿名
    ID:MzQxMTc4NTM2

    岩橋もセンターポジや重要視されていたら 休まず仕事しながら治療したいと押しきったと思う。 完全休養選んだのは見切れポジならこのまま辞めることになっても仕方がないと考えたから。 グループのこともどうでも良くなってデビュー間もない時期に完全休養かな、と。 自分は大事な時期だからと頑張ってても 平気でスキャンダル出した高橋や匂わせ続けてる平野のモチベにも腹が立ったのだろう

  7. 7
    匿名
    ID:MjU3ODM1ODU0

    キンプリは何故か応援したくなるグループ。
    岩橋くんはその中でも一番アイドル性が高くキラキラしていた。まずは心身ともにゆっくりと休んでくださいね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について