『先に生まれただけの僕』第2話視聴率が1ケタ突入、櫻井翔のドラマが大コケの危機?『嵐にしやがれ』好調の一方で低迷続く

櫻井翔

嵐・櫻井翔さん(35)が、高校の校長役に挑戦しているドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系 土曜22時)の第2話が21日に放送され、平均視聴率が7.5%(関東地区)だった事が明らかになりました。

14日に放送の初回平均視聴率は10.1%で、前回から2.6%もダウンして早くも1ケタ台に突入しています。

櫻井翔さんが初の校長役に挑戦している『先に生まれただけの僕』は、総合商社・樫松物産に勤務するエリート商社マンの主人公・鳴海涼介が、会社が経営する定員割れギリギリで不採算部門の私立京明館高校を立て直すため、校長として出向を命じられ、現場の教師たちとぶつかり合いながら奮闘する姿を描いたドラマとなっています。

<櫻井翔さん主演ドラマ『先に生まれただけの僕』>
日本テレビドラマ『先に生まれただけの僕』

櫻井翔さんが連続ドラマで主演するのは、2013年4月期放送の『家族ゲーム』(フジテレビ系)以来4年半ぶりで、嵐ファンらの間では大きな注目を集めていた作品だったのですが、初回は10.1%と2ケタギリギリで、第2話で早くも1ケタ台にダウンという厳しい結果となっています。

『先に生まれただけの僕』は、一般的な生徒を中心とした学園ドラマではなく、教師たちの人間ドラマにクローズアップしており、教育現場で抱えている問題や学校経営に関する話など、これまでの学園ドラマとは一味違った内容になっています。

<↓の画像は、『先に生まれただけの僕』のワンシーン>
『先に生まれただけの僕』ワンシーン、風間杜夫、櫻井翔

『先に生まれただけの僕』ワンシーン、荒川良々、蒼井優、木南晴夏、風間杜夫

第1話では、特進クラスの成績優秀な生徒が奨学金で大学進学をするという話から、櫻井翔さん演じる鳴海涼介が生徒に対して、奨学金=大変な借金だとし、奨学金制度を使って大学に進学することによって、卒業後の厳しい実態を生徒に伝えるというシーンがありました。

第2話では、スクールカースト制度(身分制度)、イジメ問題に関する話が展開され、社会問題を取り扱った内容を評価する声などが上がっているのですが、第1話で離脱してしまった視聴者が多かった様子です。

『先に生まれただけの僕』ワンシーン、櫻井翔、蒼井優

『先に生まれただけの僕』第2話のワンシーン

日本テレビ系の土曜ドラマ枠は今年4月期から、土曜22時台に放送されていたバラエティ番組『嵐にしやがれ』と入れ替えが行われ、放送時間が21時台から22時台に変更されました。

これによって、10%以上の数字を取ることがなかなか難しくなってはいるのですが、4月期放送のKAT-TUN・亀梨和也さん主演の『ボク、運命の人です。』は、初回12.0%を記録し、第2話は9.6%、第3話以降も8~9%台で推移していました。

また、7月期放送の関ジャニ∞・錦戸亮さん主演の『ウチの夫は仕事ができない』は、初回11.2%、第2話は9.1%、第3話以降は7~9%台で推移しており、この2作品と比較すると『先に生まれただけの僕』は低い数字のスタートとなっています。

そして、第2話の視聴率低下を受けてネット上では、

  • 裏が強かった??にしても、下がりすぎだな…
  • 初回を見て、いくら校長という異業種に就いたからって、仕事っぷりが行き当たりばったり。ヤリ手の商社マンという設定が滅茶苦茶で、2話以降見る気が起きなかったら、案の定の結果。
  • もう嵐をゴリ押し出来る時代じゃなくなったね。
  • 俳優業より、キャスターやバラエティの司会の方が向いていると思う
  • ジャニーズ出せば視聴率獲れる時代は終わった!そろそろ日テレはジャニーズ出せば安易に視聴率獲れると云う甘い考えを改善した方がいい
  • 『嵐にしやがれ』と時間入れ替えたら?
  • 一話目であんまり面白くなかったので、次から予定録画やめた。面白くないからみない、それだけ
  • ドラマは他の人に任せて櫻井くんはゼーローのイチメンで最近の学校が抱える問題の解説でもしていた方が良かったのに。忙しいアピールしていたけれど、どれも中途半端に思える。

などのコメントが寄せられているのですが、批判ばかりではなく面白いドラマだと評価する声もあります。

なお、『Yahoo!テレビ』でドラマの評価を見ると、第2話終了時点で5点満点中約3点の評価で、その他のレビューサイトなどでも同じぐらいの点数となっており、他のドラマと比較して厳しい評価をしている方が多い様子です。

ちなみに、初回放送の14日には19時から『嵐にしやがれ 超豪華!3時間スペシャル』が放送され、平均視聴率は12.0%を記録していました。

21日放送の『嵐にしやがれ』は11.6%と2ケタの数字を記録しており、その後に放送された『先に生まれただけの僕』の第2話が7.5%で、4%以上も数字が下がっているということは、やはりドラマに魅力を感じていない視聴者が多いということだとみられます。

櫻井翔さんはこれまで様々なドラマで主演を務めてきましたが、ここ最近はイマイチ数字が取れなくなってきており、今年1月3日放送の新春ドラマスペシャル『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)は、例年同枠で放送されている嵐のドラマの中で最も低い8.4%という結果でした。

報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)ではキャスターを務めるなど、幅広く活躍している櫻井翔さんも俳優業については現在厳しい状況にあるようなのですが、果たして今後もこの状態は続くのか、『先に生まれただけの僕』の第3話以降の視聴率にも注目したいところですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTg2OTMyODAy

    嵐チャンネルでも作ってそこだけに出て
    そうすれば視聴率100%

  2. 2
    匿名
    ID:MzA2OTk2Mjg2

    たなかめい、キャラ変したから見ない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について