『ネメシス』広瀬すず&橋本環奈共演、キャスト豪華も低視聴率やHulu商法の懸念も…ネットで賛否両論

ネメシス出演の櫻井翔・広瀬すず・橋本環奈

今日からスタートする新ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系 日曜22時30分 全10話)は、今期注目の一作として様々なメディアに取り上げられており、主演を務める女優・広瀬すずさんと橋本環奈さんのドラマ初共演も大きな見どころの1つとなっていますが、ネット上ではキャストを巡って賛否両論となっているとニュースサイト『サイゾーウーマン』が伝えています。

『ネメシス』は、嵐・櫻井翔さんと広瀬すずさんがW主演を務め、『探偵事務所ネメシス』の自称天才探偵・風真尚希と天才すぎる助手・美神アンナが、コミカルなやり取りを繰り広げながら、様々な難事件を解決していく1話完結のオリジナル・ミステリーエンターテインメントドラマです。

『ネメシス』第1話の予告動画

脚本は、映画監督として活躍している片岡翔監督と入江悠監督が手掛け、各ストーリーのトリックは複数の推理小説作家が監修し、プロデューサーは、映画『キングダム』『新解釈・三國志』『ちはやふる』シリーズなどを手掛けた日本テレビの映画プロデューサー・北島直明さんが担当します。

制作陣だけでなくキャストも非常に豪華で、現時点では主演の櫻井翔さん、広瀬すずさんの他に、江口洋介さん、橋本環奈さん、真木よう子さん、仲村トオルさん、石黒賢さん、山崎紘菜さん、大島優子さん、KAT-TUN・上田竜也さん、勝地涼さん、中村蒼さん、富田望生さん、伊武雅刀さん、橋本マナミさん、森咲智美さん等の出演が発表されており、主演級の役者が顔を揃えています。

<↓の画像は、『ネメシス』主要キャストの人物相関図写真>
ドラマ・ネメシスの人物相関図

番組スタート前には、広瀬すずさんら主要キャストたちが番宣で様々な番組に出演し、3日放送の『ニノさんSP』には櫻井翔さん、広瀬すずさん、大島優子さんがスタジオゲストとして出演し、番組の企画には橋本環奈さんが参加、『ネメシス』の第3話から頭脳明晰な理系大学生・四葉朋美役で登場することが正式発表されました。

橋本環奈さんと広瀬すずさんは同い年で、それぞれ様々なドラマや映画に出演し活躍していますが、これまで一度も共演したことはなく、2人は昨年12月公開の映画『新解釈・三國志』に出演していたものの、揃って登場するシーンはありませんでした。

そのため、『ネメシス』での共演に双方のファンからは歓喜の声が上がっており、放送開始前からネット上では、

  • 2人を共演させるのがすごい!!
  • ネメシスめちゃめちゃ楽しみだよ〜
  • キャストが全員主役級に豪華。早く始まってほしい
  • キャストも豪華すぎるし、もう色々楽しみだーー!!
  • 広瀬すずと橋本環奈の共演とかすごい!これはドラマも期待できる
  • 往年の竹野内豊&反町隆史くらいのインパクトあるキャスティング
  • ネメシスの特番、録画見てるけど今から楽しみしかない!俳優陣めちゃくちゃ豪華だし、コメディ要素も面白そう!

などと、内容に期待する声が上がっています。

その一方では、

  • キャスティングで注目を集めようとしているのがミエミエ
  • キャスト重視でドラマ自体はコケると思う
  • ネメシスはコケそうだよね
  • 話題性だけで、中身のないドラマになりそう
  • キャストは豪華だけど、ドラマには目新しい設定が無い。広瀬すずの演技も期待できないんだよなあ

などの声もあります。

『ネメシス』出演の橋本環奈さんインタビュー動画

また、『サイゾーウーマン』の記事では芸能ライターが、「日テレ系のドラマといえば、最近は“Hulu商法”が批判の的になりがちです。最終話では完結とならず、動画配信サイトHuluでストーリーを“補完”する作品が配信される、といった手法を度々行っているため、ネット上では『ネメシス』に対しても、『“Hulu商法”になりそうだし、最初から見ない』『どうせこれも「続きはHuluで」ってなるんじゃないの?』と疑う声も見受けられます」としています。

日本テレビは『ネメシス』の放送発表時から、櫻井翔さんと広瀬すずさん演じる凸凹バディーをサポートする強力助っ人が複数登場するとし、話題性や実力に富んだ豪華キャストも見どころの1つとしていました。

それだけでなく制作陣も豪華で、好視聴率獲得のために相当気合いを入れている様子なので、キャストだけ豪華でストーリーは手抜きといったことは無いのではと思いますが、微妙な視聴率になる可能性はありますね。

櫻井翔さんと広瀬すずさんは多くのファンを抱えていますが、微妙な視聴率だった主演ドラマも多く、『ネメシス』も初回は話題性である程度の数字が取れたとしても、第2話以降に急落するかもしれません。

また、現時点では発表されていませんが、『ネメシス』も“Hulu商法”が行われる可能性はあり、日本テレビの日曜ドラマ枠では今年1月期放送の『君と世界が終わる日に』、昨年放送の『シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない。』、『美食探偵 明智五郎』、2019年放送の『あなたの番です』、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』など、複数の作品で続編やオリジナルストーリーをHuluで配信しています。

これに対して視聴者からは不満の声が多く上がっていましたが、『ネメシス』でも“Hulu商法”が行われるのか、そして第1話でどれほどの視聴率を獲得できるのか注目したいですね。

参照元
  • https://www.cyzowoman.com/2021/04/post_335015_1.html
  • https://bunshun.jp/articles/-/44652
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    間違いなく第1話大コケ確定。

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    天才なんて、凡人が描けるものなのだろうか。少なくとも、高い水準にある人物がストーリーを手がけなければ、名前倒れで終わると思うが。

コメントを残す