W不倫疑惑・藤吉久美子の号泣謝罪に批判殺到も宮根誠司は擁護で物議! 身内に甘く、二股・隠し子スキャンダルあり…

藤吉久美子&宮根誠司

週刊誌『週刊文春』によって、大阪・朝日放送(ABC)のゼネラルプロデューサー・A氏とのW不倫疑惑を報じられた女優・歌手の藤吉久美子さん(56)が、14日夜にマスコミの前で号泣しながら今回のスキャンダルを謝罪しました。

藤吉久美子さんは14日23時過ぎに仕事先の九州から帰京し、東京・羽田空港でマスコミの取材を受けたのですが、涙を流しながらマスコミの前に姿を現し、憔悴(しょうすい)しきった様子で涙ながらに「私の軽率な行動で皆様にご迷惑をおかけしましたこと、本当に申し訳ありません」と深く頭を下げて謝罪。

<↓の画像が、号泣しながら謝罪した藤吉久美子さんの写真>
藤吉久美子の号泣謝罪

その後の質問に対しても泣きながら答え、自身の音楽活動などもサポートしてくれているA氏に対して、異性として好意を抱いているのか聞かれると、「そんなことはありません」と否定した上で、今後の関わりについては「これだけご迷惑をおかけして、申し訳ないと思っていますので…。もうそれ(会うこと)はありません」と答えました。

ホテルの部屋で一夜を明かしていたという報道については、イベント終了後に体が疲れていて「体をほぐしてもらっていた」とし、そのまま寝てしまったと主張しています。

<↓の画像は、ほぼすっぴんで、憔悴しきった様子で会見した藤吉久美子さんの写真>
藤吉久美子のすっぴん

A氏のマンションを頻繁に訪れ、合鍵も持っていた理由については、自身の歌のステージなどを準備するためのチラシや、ダイレクトメールを出すための住所リストなどといったデータが入っているパソコンが置いてあり、あくまでも「作業する場所だった」と説明しています。

また、夫で俳優・歌手の太川陽介さん(58)に対してコメントを求められると、「こんな妻で申し訳ありません…」と謝罪し、「これから家族3人でしっかりと家を守っていきたいと思います。私は彼がいないと生きていけません」と話していました。

<↓の画像は、数時間前に会見した太川陽介さんの写真>
会見した太川陽介

太川陽介さんは笑顔を見せながら会見した一方、藤吉久美子さんは終始泣きながら謝罪をしていたのですが、ネット上の反応を見てみると、

  • こんなアウトにしか聞こえない言い訳、よく言えたね。思わず笑ってしまった。
  • 文春に直撃された時は、ふてぶてしく知らぬ存ぜぬくらいの態度だったのに、会見の嘘泣きにビックリ!女優の怖さを知ったよ。だったら、毅然と対応した方がまだマシ
  • 同じホテルにそれぞれが部屋借りてるのに何でわざわざ同じ部屋で一夜を共にするの?誰がどう考えても男女の関係が無いなんて100パーセントない。子供がこの先学校でイジられる事も必至。
  • まぁ、やったでしょ。ほぼすっぴんに近い状態で会見して、反省してますってイメージを出したいんでしょうね。
  • 体をほぐしてもらっていたなんて、男女関係を匂わせるようなこと言わなきゃいいのに。ノーメイクでの号泣会見、さすが女優というところでしょうか。

などと批判的なコメントが多く寄せられており、グラビアタレント・橋本マナミさんも15日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にて、「マッサージ師さんでもない方と男性と2人っきりで部屋にいて、マッサージしたらそれで済むのかなと思います」「だって、普通に大人の男女がいたら、それで終わりましたっていうのは理解に苦しみます。もし何もなかったとしても」と語っています。

また、番組MCの坂上忍さんはこのコメントを受けて、「マナミちゃんが今、言ったような印象を受けている方は多いと思います」と話していたのですが、多くの方が今回の報道に対してはクロだと思っており、藤吉久美子さんを擁護するような声は少ない状態です。

しかし、情報・ワイドショー番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の宮根誠司アナウンサー(54)は、藤吉久美子さんを擁護しています。

宮根誠司アナは藤吉久美子さんとよく飲んでいた時期があったといい、「藤吉さんって、どっちかっていうと、お酒飲んじゃうと、ちょっと甘えたさんになる。だけど、太川さんのこと大好きだから、甘えたさんを1回やってすぐ帰っちゃう。帰るの早い。この人ある意味天然で真正直だから、僕は意外と本当のことを言ってる(と思う)。この人嘘つけるような人じゃないと思う」と擁護。

さらに、元ABC朝日放送のアナウンサーである宮根誠司アナは、「男性の方が59歳の…私がおりました朝日放送の先輩の方でございます」と語った上で、「サラリーマン的にいうと59ですから定年見えちゃってるんですよね。ということは、こういう仕事したいと思って、藤吉さんと一緒に仕事を共同で始めている可能性があるんですよ、定年前。こういうプロデュース業をしたいんじゃないかなと思って。藤吉さんとこういうふうに会ってたんじゃないかなと僕は思いますけどね」と語っていました。

このように宮根誠司アナは藤吉久美子さんとA氏を擁護し、2人はW不倫なんてことはしていないとする見解を示していたのですが、この擁護に対してネット上では、

  • 突撃インタビューの時、かなりヤバイ。バレた。って雰囲気出まくりやったやんけ。女の涙は、ウソやから。てか宮根!!オマエは、隠し子の件は、どないしたんや?
  • 宮根さんがかばうと結局、同じ穴のムジナという印象
  • 自分の知人だと庇う、事務所の力が強かったら黙る、逆に弱い立ち位置の者は叩く。ワイドショーはどこもこんな感じ。呆れる。
  • 二股して子どもまで作って泥沼の宮根さんと比べると、かわいいものです。
  • 宮根さんは不倫に関しては、真っ黒だし隠し子までいるからな~。この手の話題は責める立場にないね。

といったコメントが寄せられています。

宮根誠司アナは今回の件に限らず、以前から身内に対して甘い言動をしていることで非難を浴びているのですが、ただ単に身内だからという理由だけでなく、自身の隠し子スキャンダルをつい最近『週刊文春』によって蒸し返されたことも関係しているのではないかと思いますね。

宮根誠司アナは2006年に再婚後も別の女性との交際を続け、浮気相手の女性から妊娠したことを告げられた後に、実は再婚していると打ち明けるなどのゲスっぷりが明らかにされています。

今批判的な発言をすればブーメランとなって返ってくるのは必至ということもあり、今回の報道に対しては擁護する姿勢を取ったのではないかと感じますが、宮根誠司アナが今回番組で語った見解はかなり苦しいものがあり、第3者が見たら一発でクロだと思うような内容となっています。

夫の太川陽介さんは会見で妻を信じると言い切っているため、これ以上他人がとやかく言うことでもありませんが、世間の反応を見る限り少なからず今後の芸能活動には悪影響を与え、現在力を入れているという音楽活動にも様々な影響が出る可能性は高いでしょうね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzQwMjY5NjI0

    ふてぶてしいおばさんだよ。てか、ばばあが泣くなよ、見苦しい上に、あざとくて、きもい。

    ばれたら、きちっと責任とれよ。
    うそ泣きして、罪のない旦那に十字架背負わせるなんて。。
    会見のだんなの笑顔が泣き顔に見えたの、私だけじゃないはず。TVでるこの人はもうずっとそのイメージ背負わされるんだよ。ひどすぎる。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について