NHK林田理沙アナが結婚、相手は一般男性。ニュース7降板説も今後は…ブラタモリ出演で人気上昇、ファンから悲鳴の声

アナウンサー 熱愛・結婚・妊娠

NHK林田理沙アナウンサー

『ブラタモリ』の元アシスタントで、現在は『NHKニュース7』のキャスター等を務めているNHKの林田理沙アナウンサー(はやしだ・りさ 32歳)が、一般男性と結婚していたことが『サンケイスポーツ』の報道で明らかとなり、ファンからは悲鳴の声などが上がっています。

サンケイスポーツによると、林田理沙アナは今年に入ってから一般男性と結婚したそうですが、結婚したことは一部の局員にしか知らされていなかったそうです。

サンケイスポーツの取材に関係者は、「相手の職業や年齢など具体的には聞いていない」と語り、NHKも取材に対して「局員のプライベートについてはお答えしておりません」とコメントするのみだったとのことです。

そして、林田理沙アナの結婚報道に対してネット上では、

  • ちくしょおおおお 俺が結婚したかった
  • はぁーもう何にもやる気起きなくなった…
  • 何この裏切られた気分(笑)
  • もう何もかもどうでもいい
  • なんでGWに発表するんだよ もう生きる気力無くしたわ
  • 桑子はどうでもいいが近江ちゃんとリンダといい ちょっとショック受けるわ…
  • 連休の予定すべてキャンセルして布団かぶって涙流しながら引きこもることにする
  • またガチ恋オタがアンチ化するのか
  • 32なら子供も欲しくなる年齢だな
  • せっかくニュース7に抜擢されたのにもうすぐ降板か
  • 一般男性、、わくまゆも一般男性だよな オレらにもチャンスあるって思ってていいの?
  • 一般男性(年収2000万)とかかな
  • 芸能人の言う一般人って広告代理店とかを含んだ業界人のイメージだわ。サラリーマンだから一般人って言ってるだけで
  • 東京藝大からNHK入社の異色アナ いいとこのお嬢様らしいから お相手の一般人も釣り合うレベルの上級だろう

などの声が上がっています。

林田理沙アナは湘南白百合学園高校から東京芸術大学音楽学部楽理科に進学し、東京芸大大学院を卒業後の2014年にNHKに入局、その後は長崎放送局や福岡放送局で様々な番組を担当し、2018年に東京アナウンス室に異動しました。

2018年には、『ブラタモリ』のアシスタントや『NHKニュースおはよう日本・関東甲信越』のキャスター、不定期放送の『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』も担当し、人気・知名度が急上昇し、NHKを代表する人気アナウンサーとなっています。

<↓の画像は、ブラタモリでアシスタントを務めていた林田理沙アナの写真>
林田理沙アナがブラタモリ卒業時の画像

2020年春に『ブラタモリ』などを降板し、今年4月からは上原光紀アナの後任として『NHKニュース7』のサブキャスターに抜擢され、『星野源のおんがくこうろん』等の番組も担当しており、サンケイスポーツによると、林田理沙アナは“出世コースばく進中”で、今後『NHK紅白歌合戦』の司会に起用される可能性もあるといいます。

また、NHK内でも寿退社を心配する声も上がっているそうですが、今後もNHKで仕事を続けていくとのことです。

林田理沙アナはNHKの好きなアナウンサーランキングで、和久田麻由子アナ等と共に上位にランクインしており、結婚報道に対する多くの悲鳴からも人気の高さがうかがえますが、結婚後も番組を降板することなく仕事を続けるそうで、仕事と家庭の両立は大変かと思うものの、さらなる活躍に期待したいですね。

参照元
  • https://www.sanspo.com/article/20220503-RGNZCBKGKBL5JBDCLVYB2XTXBQ/
  • https://www.sanspo.com/article/20180221-V46GM5QNM5O57HRLU2P3SHFWUY/
コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!