視聴率好調『直撃LIVE グッディ!』安藤優子が降板希望? 番組内容に不満で報道番組復帰を訴える? ギャラが高く切りたいが…

安藤優子

平日午後の情報・ワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』(月~金曜13時45分)で司会を務めているキャスター・安藤優子さん(58)が、「私なんかいらないでしょ……」などと涙ながらに弱音を吐いていること、番組からの降板を希望していることなどを週刊誌『フラッシュ』が報じています。

1980年代前半から、テレビ朝日やフジテレビの報道番組を担当し、ニュースキャスターとして活動してきた安藤優子さんは現在、芸能ニュースなども扱う平日午後の『直撃LIVE グッディ!』で俳優・高橋克実さん(56)と司会を務めています。

<情報・ワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』>
フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』

同番組は、一人勝ち状態だった『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に対抗するため2015年3月末よりスタートし、番組がスタートした当初は平均視聴率が1%台にまで落ちた時期もあり、打ち切りかと何度も囁かれていました。

しかし、『情報ライブ ミヤネ屋』の視聴率が徐々に低迷し、その一方で『直撃LIVE グッディ!』の視聴率が少しずつ上がり、数字が逆転する日も出てくるなど、放送開始から2年で確かな変化が見られます。

そうした中で、安藤優子さんは共演者たちと酒を飲んだ際に、泣き言を漏らしていたといい、その理由について芸能記者は「安藤さんは芸能ネタばかり扱うのがイヤで、『グッディ!』を降板し、BSフジでもいいから長年培った報道番組をやりたい」と語っています。

番組に対する不満は現場にも持っているそうで、フジテレビではここ最近、誤った情報を番組で伝えていたことが原因で炎上するという騒動を頻繁に起こしており、それを見て安藤優子さんは「私の番組ではやめてよ」とスタッフに念を押しているとのこと。

また、現在は東京都知事を務めている小池百合子さんの存在も大きいそうで、小池さんと安藤優子さんは同時代にキャスターとして活躍していることから、「同じ“報道”から育ったのに、自分は芸能ニュースばかり。」という思いがあるそうで、「安藤さんはこれ以上、差をつけられたくないと焦燥感を抱いています」とテレビ誌の記者が語っています。

『フラッシュ』は真相を確かめるべく、安藤優子さんに直撃取材を敢行し、『直撃LIVE グッディ!』を辞めたいと漏らしているのは本当か聞くと、「エッ、辞める?本当ですか。そんなことありませんよ。頑張りま~す」と否定し、フジテレビにも安藤さんの去就について質問すると「そのような話はございません」という回答だったとしています。

<『フラッシュ』の直撃を受けた安藤優子さん>
フラッシュの直撃取材を受けた安藤優子

フジテレビ関係者によれば、フジテレビの業績が落ちている中で、新たに社長に就任した宮内正喜新社長は、バラエティ番組よりも情報番組に比重を置くように明言しているとのこと。

そして、現在好視聴率を記録している『直撃LIVE グッディ!』にも期待を寄せており、安藤優子さんを降板させて、新たに報道番組を持たせるという考えは無いとのことですが、一方では「1本100万円とも囁かれる高額なギャラは、経費削減のいま、気がかりのようですが」と明かしています。

この記事に対してネット上では、

  • 活舌は悪いし、態度も悪い フジのイメージダウンになるからいらないのでは?
  • 泣くほど辛いなら辞めればいい
  • 安藤優子ってそれほどすごいか?
    わざわざ使うほどの実力はない!共演者の力を引き出す能力はない!コメントもたいして気が利いていない!さっさとお払い箱にした方がいいと思います!

などのコメントが寄せられています。

『直撃LIVE グッディ!』の視聴率が上昇している原因は、恐らくですが前番組『バイキング』の視聴率が上昇していることが大きな要因になっています。

2014年3月をもって『笑っていいとも!』が終了し、後番組としてスタートした『バイキング』は当初、『ヒルナンデス!』や『ひるおび!』など同時間帯に放送の番組に大きな差を付けられていたものの、今年7月7日放送分は番組スタート以来最高の8.0%(関東地区)を記録。

この数字は同時間帯トップの数字で、さらに7月の第1週(3~7日)の平均視聴率は6.5%を記録しています。

これも番組歴代最高の平均視聴率となっていて、『ひるおび!』の7.7%に次いで2位の数字でした。

このように好調な『バイキング』の後に放送されるため、『直撃LIVE グッディ!』の視聴率も合わせて上昇している可能性が高く、決して安藤優子さんが視聴者から支持されているというわけではないと思われます。

以前から、安藤優子さんのどこか上から目線なコメント、堅苦しい喋りなどに対して否定的な声が多く上がっており、司会がもしフジテレビのアナウンサーなどに交代したとしても、数字に影響は無い可能性が十分あります。

しかし、安藤優子さんの夫は、元・フジテレビジョン情報制作局制作担当局長で、現在は番組制作プロダクション『ネクステップ(NEXTEP)』の代表取締役社長・堤康一さんということから、なかなか切ることは出来ないとも言われています。

堤康一さんは『直撃LIVE グッディ!』の製作総指揮を務め、安藤さんを司会に起用し、同番組を離れて昨年4月からは『ユアタイム』の製作総指揮(制作統括)に就任しています。

フジテレビと堤康一さんの関係があるため、安藤優子さんを切ることは難しいとみられているのですが、宮内正喜新社長は今後について「『変える・変わる』をキーワードに、私も勇気をもって、業績を回復する一点に絞って解決に当たりたい」と語っており、安藤さんのような無駄にコストが掛かり、数字も持っていないような方は切っていった方がいいのではないでしょうかね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTczMzM2MzE2

    完全に鬱だな

  2. 2
    匿名
    ID:MjE5NzY0MTc=

    安藤優子は2回も略奪婚をした人。でも1回目の結婚は短期間で終わったと。 2回目はフジテレビ関係者だから、不倫相手が交際中に安藤をひいきした。報道番組から八木亜希子アナウンサーを降板させ、安藤に変えてしまった!その2回目の相手が現在の旦那。 どちらも最低な2人だ。八木さんも本当に辛かったと思う。あんな略奪婚を繰り返した人に、キャスターなんて偉そうにしないで欲しい! 『グッディ!』でも上から目線の発言が目立つ。水素水がブームになった時は、「水素水を飲んだ事が無いなんて、信じられな~い!」と他の出演者達を馬鹿にした。 水素水は水素がすぐに抜ける・特別な効果については疑問という情報が発表された。だが安藤は番組でお詫びをする事も無かった。番組で水素水を扱う事自体無かった。 安藤も一般人と同様に、ブームになると信じてしまい本当に身体にいい物だと影響される。キャスターとは程遠い現実だ。

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    不倫老害はいらない
    ミタパン格上げでいいよ
    ぶりっこだけど仕事できるし

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について