笹崎里菜アナの仕事激減、シューイチ卒業しPON!終了…日テレ内定取り消し騒動の過去、嫌いな女子アナランキングは上位

日テレ笹崎里菜アナウンサー(ササザキリナ)

入社前に日本テレビと裁判で争い、大きな注目を集めた笹崎里菜アナウンサー(ささざき・りな 26歳)が、9月末をもって2本のレギュラー番組から降板したことで注目を集めています。

笹崎里菜アナは、東洋英和女学院大学国際社会学部に在学中の2013年に、日本テレビが開催の「アナウンスフォーラム」というセミナーに複数回通い、今後他社への就職活動を行わないことを条件に、2015年度の入社内定を得て研修を受けていました。

しかし、2014年3月に笹崎里菜アナが人事担当者に「母の知り合いが経営するクラブで短期のアルバイトをしたことがある」と伝えたところ、「アナウンサーには高い清廉性が求められており、過去の経歴に傷のあるアナウンサーを使える番組はない」「セミナーで提出した自己紹介シートにクラブでのバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告だ」「辞退という手もある」などと説明され、同5月に人事局長名義で内定取り消しの通知を受けました。

<↓の画像は、女子大生時代の笹崎里菜アナの写真>
笹崎里菜(東洋英和女学院大学時代)

これを不服とした笹崎里菜さん側は、「クラブで働く人は清潔さに欠けるというのは独自の偏見。全てのアルバイト歴を申告することを求めていなかった」などと反論したものの、日テレ側が笹崎さん側の主張を受け入れなかったため、「就活の機会を奪っておきながら、多くの企業の募集が終わった時期に内定を取り消すのは許されない」として、2014年11月に民事提訴しました。

その後も日テレ側は全面的に争う姿勢を見せていましたが、2015年1月に東京地裁が和解勧告し、最終的には日テレ側も受け入れたことにより、笹崎里菜アナは2015年4月にアナウンサーとして日テレに入社しました。

こうした経緯で日テレへ入社したことから、笹崎里菜アナに対して同情の声が上がる一方で、厳しい声も多く寄せられていたのですが、日テレは入社早々に様々な番組に笹崎アナを起用し、2015年9月からは中山秀征さんと片瀬那奈さんが司会の情報・ニュース番組『シューイチ』(日曜午前7時30分)を担当していました。

また、昨年2月からは報道・情報番組『Oha!4 NEWS LIVE』(月~金曜午前4時)で水・木曜のメインキャスターを務め、同10月からは情報バラエティ番組『PON!』(月~木曜午前10時25分)でナレーション・リポーターを担当するなど、様々な番組に出演していました。

<↓の画像は、『Oha!4 NEWS LIVE』でメインキャスターを務めている笹崎里菜アナの写真>
『Oha!4 NEWS LIVE』の笹崎里菜アナ(ささざきりな)

しかし、9月末をもって入社から3年担当した『シューイチ』を卒業し、後任には入社1年目の岩田絵里奈アナ(いわた・えりな 23歳)が抜擢され、番組を卒業する際には涙声になりながら、「3年間も担当させていただいて、本当にありがとうございました。初心を忘れず、頑張りたいと思います」とコメントしていました。

<↓の画像は、『シューイチ』卒業時の笹崎里菜アナの写真>
シューイチ卒業時の笹崎里菜と片瀬那奈&中山秀征
(左から片瀬那奈さん、笹崎里菜アナ、中山秀征さん)

一方の『PON!』は9月末をもって終了し、同枠では10月から新番組『バゲット』がスタートしましたが、笹崎里菜アナはこの番組に起用されておらず、一方で同期入社の尾崎里紗アナ(おざき・りさ 25歳)が番組MCに就任しています。

ちなみに、尾崎里紗アナは『バゲット』のほかに、有吉弘行さんMCの『超問クイズ! 真実か?ウソか?』(金曜19時56分)でアシスタントも務めています。

<↓の画像は、笹崎里菜アナと尾崎里紗アナのツーショット写真>
尾崎里紗(おざきりさ)と同期入社の笹崎里菜アナ(ささざきりな)

こうして笹崎里菜アナが現在担当している番組は『Oha!4 NEWS LIVE』のみとなり、このまま閑職に追いやられてしまうのではないかという見方もあります。

ニュースサイト『週プレNEWS』が2月に報じた記事によると、スポーツ実況などで活躍している蛯原哲アナ(えびはら・さとし 44歳)は、笹崎アナのことを気に入っていて、可愛がっているといいます。

また、語彙(ごい)力や表現力が乏しいという部分はあるものの、アナウンス力も徐々に付いてきたことや、色々と努力している姿を見て番組スタッフらも、笹崎アナのことを認め始めていると日テレの中堅局員が明かしており、今後大きな番組に起用されるのではないかとも語っています。

入社当初は局内でも腫れ物扱いされていたと言われているのですが、これまでの仕事ぶりが徐々に評価され始めている様子で、現在担当している番組は『Oha!4 NEWS LIVE』のみではあるものの、これからまた担当番組は増えていくのかもしれません。

このように局内で評価を上げていると言われている一方、世間が持っているイメージは一向に改善していない様子で、週刊誌『週刊文春』が毎年読者を対象に行なっている企画『好きな女子アナ、嫌いな女子アナランキング』を見ると、嫌いな女子で2015年と2016年は9位、2017年は5位にまで上昇しています。

<↓の画像は、『好きな女子アナ・嫌いな女子アナランキング2017』の写真>
週刊文春の嫌いな女子アナランキング2017

週刊文春の好きな女子アナランキング2017

このランキングを見る限り、笹崎里菜アナは現在も世間からあまり良いイメージを持たれていないことから、ゴールデン・プライム帯(19~23時)に放送の番組に出演するのはなかなか難しそうで、早朝や深夜帯、その他にナレーションの仕事などがメインとなっていくのかもしれないですね。

参照元
  • https://gendai.ismedia.jp/articles/-/41099
  • http://www.sankei.com/affairs/news/141114/afr1411140018-n1.html
  • https://www.huffingtonpost.jp/2014/11/14/ntv-announcer_n_6156552.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzEyNDIy

    別に、クラブでバイトもいいんじゃないかな?ただ、未成年でやってたり、酒飲んでたりしたら別だけど。

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4OTA4Nzg5

    女子アナなってからの目標(お茶の間で愛される、モテキラ人生とか?)は、果たせない状況になったのに固執したのまずかったなって。覆水、盆に返らずなのに訴訟沙汰にしても入って。
    下手打ったよね。オスカーでも入って地味にやれば良かったのに

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について