田中みな実アナ『ルパンの娘2』第5話登場、ドタキャン騒動も出演再決定の裏側。事務所移籍で路線変更、イロモノ拒否も…

田中みな実アナウンサー

深田恭子さん主演ドラマ『ルパンの娘2』(フジテレビ系 木曜22時)に、元TBSでフリーの田中みな実アナウンサー(33)が前作に引き続き出演することが5日に正式発表され、田中アナが出演を“ドタキャン”したとの報道もあったことから、ネット上では様々な声が上がっています。

発表によれば、田中みな実アナは12日放送の第5話に出演するといい、昨年7月期放送の前作でも第5話にセクシーな女泥棒・双葉美羽役で登場しており、その演技や衣装が大きな反響を呼び、平均視聴率は前話から0.2%の上昇となっていました。

ルパンの娘2の第5話には、前作と同様にセクシーな女泥棒を演じ、手下役を演じたプロレスラーの真壁刀義選手、本間朋晃選手も登場し、前作で美羽は深田恭子さん演じる主人公・三雲華らLの一族との戦いに敗れ、警察に逮捕されるも刑務官を誘惑して脱獄、再び華たちの前に現れ…というストーリーになっているそうです。

<↓の画像が、ルパンの娘2の第5話に登場する田中みな実アナの写真>
ルパンの娘2・第5話登場の田中みな実アナ

田中みな実アナは前作に続いての出演について、「『あれ?Lの一族に成敗されて捕まったはずなのになぜ?』と驚きました(笑)」と語り、「前作から内容も衣装もさらにパワーアップして、美羽のキャラクターにも拍車がかかっているという印象です。」「学生時代に器械体操をしていたのが、こんなところで役に立つなんて……というシーンがあったり!?(笑)これまで経験したことのないアレやコレに体当たりで挑んでいます。壮大なスペクタクルで繰り広げられる第5話を是非、楽しみにしていてください。」と視聴者に向けてメッセージを送っています。

<↓の画像は、田中みな実アナ、真壁刀義選手、本間朋晃選手の写真>
田中みな実アナ・真壁刀義・本間朋晃がルパンの娘2出演

そして、田中みな実アナの出演発表を受けてネット上では、

  • 無理してるみたい。こう言う格好が似合う様な奔放で妖艶な雰囲気とは程遠い。
  • このコスチュームは無理があり痛々しい。何がしたいのか迷走しすぎな感じ
  • なにを勘違いしフラームに移籍したのかなぞだけど、こういう奇をてらった演技しか需要がないと思いますよ。
  • 女優としての重みや雰囲気はないですね。残念ながら、ドラマがやすっぽくなります。一時期可愛いい、きれい、スタイル良いと私も注目しましたが、最近は飽きました。
  • 見た目は良いのかもしれないし、自分を磨くために努力もしてるんだろうけど痛々しくてなんかかわいそう。本人が楽しく仕事してるならいいけど。
  • 綺麗系の顔じゃないからセクシー衣装いくら着ても全体として妖艶さがそこまで出ないよね…
  • 良かったと思う。正統派を目指すとしても、色モノでもなんでも全力でやって認められてからのお話ですよね。そうやって爪痕を残して、若手の俳優さんもドラマに定着していくわけで。
    お芝居より素のほうが私は好きだけど、頑張ってほしいです。
  • ちょっとキャラが濃すぎと言うか色が付き過ぎた感はあるが、暫くこのままでいいんじゃないかな。出演作品のTPOに合わせて少し変えるだけ。
    昔の「個性派女優」だって、キャラは変えずに色んな作品に出演してるしね。

などの声が上がっています。

田中みな実アナがルパンの娘2に出演するとの情報は、10月時点で『週刊女性』によって報じられていたのですが、その後『フラッシュ』や『女性セブン』が出演を断ったとの情報を伝えていました。

女性セブンによれば、田中みな実アナは当初出演を快諾していたそうなのですが、所属事務所を移籍後に突然ドタキャン降板したといい、その理由については、「多忙を極めるなかで、仕事の詰め込みに難色を示すようになってしまったのだとか。今後、本格派女優として活動するキャリアを考えて、『イロモノ役は避けたい!』という意図もあったのかもしれません。」としていました。

しかし、その後ニュースサイト『日刊大衆』と週刊女性はドタキャン降板から一転、出演することが決定したことを報じ、その舞台裏について週刊女性は、「田中さん側が降板を申し入れた後、フジテレビは代役探しに奔走。しかし、そう簡単に見つかるはずもなく、田中さんが所属する事務所にお願いして、なんとか出演してもらえることになったと聞いています」と芸能プロダクション関係者の証言を伝えていました。

また、日刊大衆は事務所移籍後に売り出し方の方針が大きく変わったことが背景にあるとし、突然の降板に焦ったフジテレビのドラマ制作幹部は、事務所に直談判しに行ったといい、「そこで幹部が頭を下げて、なんとか出演して欲しいと嘆願したそうです。この熱意に田中さんサイドも押されて、大逆転で出演が再決定したそうなんです」とドラマ関係者が語っています。

ルパンの娘2では、田中みな実アナをメインキャストに据えるプランもあったそうで、もし突然のドタキャン降板が無ければ、深田恭子さんのライバル役でレギュラー出演していたのかもしれません。

なぜ、そこまでフジテレビは田中みな実アナにこだわるのか、その理由が気になるところですが、前作で田中アナが登場した第5話以降、作品の注目度が上がっていたそうで、ルパンの娘2では橋本環奈さんが「ホームズの娘」として新たに登場しているものの、より幅広い視聴者を獲得するためにセクシー衣装の田中アナを登場させようと思っていたようです。

ちなみに、ルパンの娘2の平均視聴率は第1話が7.5%、第2話・第3話が6.0%と低空飛行を続けており、昨年放送の前作と比較すると現時点で1~2%のダウンとなっています。

視聴者の間では評判が良いもののイマイチ数字が伸びていないのですが、田中みな実アナの登場が再び起爆剤となり、第5話以降の視聴率、注目度が上昇するかどうか注目ですね。

参照元
  • https://taishu.jp/articles/-/78075
  • https://www.jprime.jp/articles/-/19197
  • https://entamega.com/51593
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    野際陽子さんはnhkアナから大女優になれて凄かった
    みなみも頑張ってると思うけど、女優とはいえないレベル

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4Njg5MDc2

    下手過ぎて…見る気がしない…

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について