滝川クリステルが子供を車内放置で物議。赤ちゃん置き去りを週刊新潮報道、世間とズレた行動相次ぎ波紋

滝川クリステル

自民党の小泉進次郎・環境大臣(41)の妻で、フリーアナウンサーの滝川クリステルさん(43)が、昨年1月に出産した長男を車内に置き去りにしていたことを週刊誌『週刊新潮』が報じ、ネット上で物議を醸しています。

『週刊新潮』によれば、真夏の到来を思わせる6月上旬の昼下がりに、滝川クリステルさんがインターナショナルスクールに通う長男を迎えに行き、その帰り途中に近所の商店街へと向かうと、長男を車内に残して1人でクリーニング店に入っていったそうです。

滝川クリステルさんは一度、荷物を取りに車へ戻ったものの、再び1人で店に向かい、延べ30分にわたって長男を車内に放置していたとしています。

この行為について『週刊新潮』は、「よもやそんなことはあるまいが、もしエンジンを切っていたらどうなるか。環境省が今年作成したチラシには、『気温35度の炎天下に駐車した車内の暑さ指数は、窓を締め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達します』とある。この日は29度だが、たった10分で車内温度は気温を10度上回るともいう。実に剣呑(けんのん)きわまりない。よしんばエンジンを切らずとも、故障など不慮のアクシデントはいつ起こってもおかしくない。そもそも30分ものアイドリングは、昨今の環境問題に鑑みれば、環境大臣の奥方にふさわしいとは言えないだろう。」としています。

この報道を受けて『東京スポーツ』(東スポ)は、滝川クリステルさんの所属事務所『フォニックス』に、「車のエアコンはかけていたか」「車外へ出る際、長男を一緒に連れて行かなかった理由」「停車場所は駐車禁止区域ではないか」の3点を問い合わせたそうですが、回答は得られなかったとのことです。

ディーラー関係者は滝川クリステルさんの行動について、「車種によって機能が違うので一概に言えませんが、30分というのが気になりました。外車にはエンジンを切った後、自動的に30分ほど空調を持続するモードが装備された車があり、滝クリさんの車はそれに該当するのでは。だから(車内放置が)30分だったのではないかと思います。とはいえ、そのモードを使ったとしても冷房ではなく送風で、(車内放置は)危険だと感じます」と指摘しています。

子を持つ30代女性も、「熱中症の恐れだけでなく都内の路上で、1歳の子供を車内に残したまま30分出歩くのはそもそも物騒です」と語ったとしています。

東スポはさらに、滝川クリステルさんはこれまでにも、世間とズレた言動で物議を醸してきたとし、今年3月にはインスタグラムで、親子ヨガの一環で長男の両足を掴んで逆立ちさせたかのような写真を投稿したり、同月には長男が美容室の床に寝転ぶ写真を公開し、波紋を呼んでいたと伝えています。

<↓の画像は、滝川クリステルさんと息子の親子ヨガ写真>
滝川クリステルと息子の親子ヨガで逆さ吊り画像

<↓の画像は、滝川クリステルさんの息子が美容室の床に寝転がり写真>
滝川クリステルと子供の美容室の床寝転がり画像

ワイドショー関係者は、「親子ヨガの写真は、ステイホームを過ごす工夫だと分かります。美容院の写真は、長男を連れて行けるのは頑張って育児をしている証だと分かります。でも、いずれの写真も誤解を招きかねず、投稿する必要はあったのかなと」と語っています。

他にも5月には、小泉進次郎さんが虫垂炎で入院中にコロナ禍で原則面会禁止にも関わらず、病室を訪れていたことを『女性セブン』が報じ、ネット上で物議を醸していましたが、また新たに赤ちゃんの車内放置が報じられネット上では、

  • 1歳の子供を、30分車に残して出るなんて、自分だったら考えられない…。
    これからの季節、熱中症の危険もあるけど、誘拐などの危険もあるのでは?
    子供は何をするかわからないから、車内に一人残すのは危ない
  • 車内に子どもを放置もどうかしているが、それを30分も見ている記者もどうかと
  • 普通にヤバイでしょ…。それで亡くなる事故がニュースになっているわけだし、あまりいい印象を持たない。本人にも言い分はあるんだろうけど。
  • 新潮の記者は車に子供が残されている30分間、ずっと状況を知ったうえで放置してたんですよね?
    彼女の行為が虐待だとしたら、虐待を看過する新潮もかなり問題ですよ?
  • 言葉だけでなく人格も中身のない男だったという感が強まっていたが似た者夫婦だったということか。
    ただ、国民にとってはこの夫婦のピントのズレ具合が早期に発見できたのは幸い
  • 動物虐待を憂い、動物愛護に熱心なのはいいが…無事でよかったけれど一歩間違えれば幼児虐待になりそう。
    この人キャスターだから、車内放置やモンスターペアレンツの原稿を番組等で読むよね
    自分の行動やSNS発信を客観視する事が出来て当たり前だと思うが、自分だけは大丈夫派なのかな?
    仮にファーストレディーになっても安倍さんの奥さんタイプかな。まあ無理だと思うけど
  • 車を持つようになった時に、「どんな理由があっても車内に子どもを残したままには絶対しない」と夫婦で約束した
    寝ていようが、短時間であろうが、雨だろうが、絶対ナシ。取り返しのつかない事になる可能性が潜んでるから。
  • これからの季節に幼い子どもの車内放置は絶対ダメだし危険。油断すると取り返しのつかない事になる。
    もっと慎重になって、幼い子どもを危険から守らないとって心配になる。
  • これは世間とのズレで片付けられる事じゃないね。浮世離れが過ぎていたとしてもこれはダメ。
    子供、特に幼児の車内放置は、時間に関係無く危険な行為。自分本位なところでもあるんでしょうか
    何事も無かった事は良かったものの、車内に放置するのは、幼い命を奪いかねない危険な行為

などの声が上がっています。

『週刊新潮』の記事では、エンジンを切って子供を車内に放置していたとは書かれておらず、実際にはどのような状況だったのかは不明です。

また、滝川クリステルさんはなぜ長男を車内に放置したのか理由も不明ですが、子供が車内で眠っていたことで少しぐらい大丈夫だろうと思ったのか、単に子供を連れて行くのが面倒だったことで放置してしまったのでしょうか。

もしもエンジンをかけたまま車を離れたのだとしても、少し目を離したすきに想定外の事故が起こる可能性もあるだけに、世間から非難を浴びるのは仕方がなさそうです。

当然ですが、何かあったらでは遅いため、車から離れる際には子供を絶対に車内には放置しないなど、最悪の事態を想定して様々な危険から子供を守ってあげてほしいですね。

参照元
  • 週刊新潮 2021年6月24日号
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3325401/
  • https://kuruma-news.jp/post/156594
  • https://www.j-cast.com/2020/09/04393628.html
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwNzgyNjg4

    子供に危ない家具ばかり!!!もしも・・・常に考えるべきだと思う!倒れたら!誤って食べたら!って母性の直感が稼働するけどなぁ〜〜〜〜!

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjMy

    案外 非常識な人だったのか

  3. 3
    匿名
    ID:MjM1NDc5NjQ4

    て言うか記者も警察呼ぶなりしなきゃ駄目だろ!批判記事出すならそれくらいしろや

  4. 4
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    >3の人の言うとおりだと思う。それこそ本当に死んだらどうする気だったんだ?

  5. 5
    匿名
    ID:ODI4OTE0MDIz

    アクセサリー感覚か。

コメントを残す