浅野温子の長男・NHK魚住優アナウンサー結婚、相手は4年交際の一般女性。夫・魚住勉との子供が昨年9月に入籍

浅野温子

女優・浅野温子さん(56)の長男で、NHKの魚住優アナウンサー(うおずみ・ゆう 33歳)が昨年9月に、同い年の一般女性(33)と結婚していたことが明らかになりました。

8日付の『日刊スポーツ』によると、結婚相手の女性は東京都内の化粧品メーカーに勤務している方で、2012年ごろに知り合い交際に発展し、4年以上の交際を経て昨年9月に結婚、同12月までに親族や親しい友人のみで結婚式を行ったとのことです。

なお、結婚相手の女性は妊娠しておらず、すでに都内で新婚生活をスタートさせているとのことです。

<↓の画像が、浅野温子さんの息子・魚住優アナウンサーの写真>
浅野温子の息子・魚住優アナウンサー

今回結婚が報じられた魚住優アナは、コピーライター・作詞家の魚住勉さん(つとむ 71歳)と女優・浅野温子さんの1人息子で、慶應大学卒業後の2007年に『日刊スポーツ』へ入社しましたが、より多くの人に触れ合う仕事を求め、1年で退社して2008年にアナウンサーとしてNHKに入局。

<↓の画像左が母親の浅野温子さん、右が父親の魚住勉さん>
浅野温子&魚住勉

同7月下旬から岡山放送局に配属され、地元のニュース番組などに出演し、岡山・香川地区の地上デジタル放送推進大使も務め、その後2012年4月に岩手県の盛岡放送局へ転勤、2016年4月から現在の東京アナウンス室に勤務しています。

東京に転勤後は、報道・情報番組『4時も!シブ5時』『ニュースシブ5時』(平日16時~18時10分)でリポーターを務めています。

そんな魚住優アナの結婚報道に対してネット上では、

  • 魚住アナは浅野温子の子どもだっんだ〜!びっくり。とにかく結婚おめでとうございます。
  • フジテレビのアナウンサーと違って親の名前で売り出さないし、地方ロケも真面目にやってるし、芸能人のように番組やSNSで結婚報告しないところが素晴らしい
  • 結婚してたのは知っていたけど若くして産んでいたんだね。それとお子さんがアナウンサーと言うのもビックリした。
  • 浅野温子が結婚してること事態知らなかった〜。でもなんだかほっこり!素敵なお母さん!

などのコメントが寄せられており、魚住アナが浅野温子さんの息子だとは知らなかったという声や、結婚し子供が居たことすら知らなかったという声などが多く上がっています。

浅野温子さんは女優デビューから7年後の1983年に魚住勉さんと結婚、1984年10月に長男の魚住優アナを出産し、その後ドラマ『あぶない刑事』(日本テレビ系)、『パパはニュースキャスター』(TBS系)、『抱きしめたい!』(フジテレビ系)『101回目のプロポーズ」』(同)などの作品に出演しているのですが、プライベートについて語ることが少ないことや、家庭的な感じもあまり無いことから、結婚し子供が居るということに驚きを感じる方が多いのかもしれないですね。

ちなみに、魚住優アナがNHKに入局したことは、約9年前の2008年11月に『サンケイスポーツ』によって報じられており、当時話題になっていました。

著名人を親に持つ2世アナウンサーは各テレビ局に多く所属していますが、魚住優アナは浅野温子さんの息子であることを前面的に押し出しているわけではないため、浅野さんの息子だったとは知らなかったという方も多く、真面目な仕事ぶりからも好評価されています。

現在は『4時も!シブ5時』『ニュースシブ5時』でリポーターとして活躍しているのですが、結婚を機にこれからさらなる活躍ぶりを見せてくれることに期待したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について