横浜Fマリノス移籍の大津祐樹選手&テレビ朝日・久冨慶子アナ結婚(ツーショット画像あり) インスタグラムで入籍報告

大津祐樹&久冨慶子

サッカー元日本代表で、Jリーグ『柏レイソル』から『横浜F・マリノス』へ移籍した大津祐樹選手(27)が5日に自身のインスタグラムを更新し、テレビ朝日の久冨慶子アナウンサー(29)と1月1日に結婚したことを発表しました。

大津祐樹選手は久冨慶子アナとのツーショット写真を投稿し、「1月1日に久冨慶子さんと結婚したことをご報告させていただきます。大切な人を幸せにするために責任を持ち今まで以上に努力していきます。今後ともよろしくお願い致します。」と報告。

<↓の画像が、大津祐樹選手の結婚報告>
大津祐樹のインスタグラム結婚報告

一方の久冨慶子アナも、大津祐樹選手とのツーショット写真を投稿した上で結婚を報告し、「明るくとても心の広い素敵な方に出会えた事に感謝しています。周りの方々への感謝の気持ちを大切に、共に支え合い笑顔溢れる温かい家庭を築いていきたいと思います。また互いにそれぞれの分野で一層活躍できるよう精進致します。」と綴っています。

<↓の画像が、久冨慶子アナの結婚報告>
テレビ朝日・久冨慶子のインスタグラム結婚報告

大津祐樹選手は2008年にJリーグ『柏レイソル』に入団し、2011年3月にU-22日本代表に初招集され、ベスト4進出に大きく貢献しました。

そして、同7月にドイツ・ブンデスリーガの『ボルシア・メンヒェングラートバッハ』、2012年8月にはオランダ・エールディヴィジの『VVVフェンロー』へ移籍し、2015年に古巣『柏レイソル』に復帰、今年1月3日に『横浜F・マリノス』へ完全移籍することが発表されました。

一方の久冨慶子アナは、横浜共立学園中学・高校を卒業後に青山学院大学社会情報学部へ進学し、1年生の時にはミス青山のグランプリに輝き、『週刊ヤングジャンプ』にグラビアが掲載されたこともあります。

大学卒業後の2012年4月にテレビ朝日へ入社し、入社後は『やじうまテレビ! 』『おかずのクッキング』『グッド!モーニング』『ポータル ANNニュース&スポーツ』『あいつ今何してる?』『はい!テレビ朝日です』『報道ステーション SUNDAY』など、報道からバラエティまで幅広く担当。

現在は、『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』、『くりぃむクイズ ミラクル9』、『スーパーJチャンネル』、『おかずのクッキング』などを担当しています。

そんなお2人の結婚発表に対してネット上では、

  • 普通にショック・・・久富アナめっちゃ可愛いよな・・
  • 久富アナ、サッカー選手と付き合っていそうだとは思っていたが大津とは…。
  • 大津はチャラいからすぐ浮気しそう
  • だから久冨アナの地元神奈川に移籍か。やべっちにいじられるな。
  • チャラ男も気付けばもう29歳か・・・。五輪代表ではゴラッソも泥臭いゴールも貴重なところで何度も決めてた。熱い全力プレーが好きだったが、怪我がキャリアを潰してしまった。ハードワークする選手は大怪我すると大変だよ。
  • やべっちFC見ていると、日立台に取材に行く事が多いアナウンサーだなぁと思っていたら、こういう事だったんですね(笑) おめでとうございます。
  • 久富アナは結婚しても、絶対にテレビ朝日を辞めたら駄目。大津に養える能力無い。
  • 今度はサッカーで活躍してくれ。怪我があったとはいえロンドンの時はA代表で期待してたんだからさ。このまま終わるなよ。
  • 大津、久しぶりに名前を聞いたかと思えば、女子アナネタか。本業のサッカーはさっぱりなのに、こんなことだけしっかりしてんな(笑)

などのコメントが寄せられています。

大津祐樹選手は2013年12月に右足アキレス腱断裂の重傷を負い、2015年6月には左膝後十字靭帯を損傷(全治約3ヶ月)、昨年9月には右肩鎖関節脱臼(全治4週間)と診断されるなど度重なるケガに悩まされ、日本に帰国後も調子がイマイチ上がらないことによって、サッカーファンからは結婚発表に対し、祝福の声よりも厳しい声の方が多く上がっています。

そんな大津祐樹選手は今シーズンから『横浜F・マリノス』でプレーすることが正式に決定し、今年は是非とも新天地でファンたちに活躍する姿を見せてくれることに期待したいです。

一方の久冨慶子アナは現在も複数の番組を担当しており、仕事と家庭の両立は大変かと思いますが、アスリートの妻としてこれからサポートも頑張ってほしいですね。

そして、お互いに支え合って素敵な家庭を築いてもらいたいなと思います。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTk1MjMxOTM2

    でたー!アナウンサーと選手の結婚

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について