桑子真帆アナ来年3月NHK退局しフリー転身? タモリの事務所移籍の噂も浮上。

桑子真帆

昨年に続き、今年もウッチャンナンチャン・内村光良さんと『NHK紅白歌合戦』の総合司会を務めるNHKの桑子真帆アナウンサー(くわこ・まほ 31歳)が、来年3月にNHKを退局し、フリーアナウンサーに転身するという話が浮上したことで注目を集めています。

桑子真帆アナは東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)を卒業後の2010年にNHKへ入局し、最初の配属先となった長野放送局で3年間、広島放送局で2年間勤務し、2015年春に東京アナウンス室に異動しました。

<↓の画像は、広島放送局時代の桑子真帆アナの写真>
桑子真帆アナが広島放送局時代の画像

東京に異動後には、2012年以来3年ぶりにレギュラー復活した『ブラタモリ』のアシスタントに就任したほか、『NHKニュース7』『首都圏ニュース845』『ニュースチェック11』など、NHKの主要ニュース番組を複数担当し、昨年4月からは『ニュースウオッチ9』のメインキャスターを務めています。

そんな桑子真帆アナについて、ニュースサイト『日刊ゲンダイ』や『日刊サイゾー』は、来年3月にNHKを退局し、フリーに転身するという話が浮上していると報じています。

桑子真帆アナがフリーに転身するという噂は以前から囁かれていたのですが、『日刊ゲンダイ』はここに来てフリー転身説が再浮上した理由について、「1つは上司との折り合いが悪く、仕事のやり方に対し常に不満があったといわれています。現在は『ニュースウオッチ9』のキャスターを務めているものの、本当にやりたいのはバラエティー番組だったとか」とNHK関係者が語っているとしています。

また、桑子真帆アナは私生活にも変化があり、2年の交際を経て昨年5月にフジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したものの、今年6月3日にスピード離婚し、家庭のことなどを気にせず仕事に打ち込める状態になったことも大きいといいます。

さらに、桑子真帆アナが憧れていたというNHKの元エース・有働由美子アナが今年フリーに転身し、報道番組『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターに就任したものの、視聴率が低迷するなど苦戦を続けている様子を見て、フリーに転身するなら早い方がいいと判断したようだと別のNHK関係者が語っています。

そうした中で、平成最後となる紅白の総合司会に今年も抜擢され、注目を集めていることから、このタイミングでフリーに転身した方が良いと考えていると憶測し、桑子真帆アナのフリー転身をタモリさんがバックアップするとも囁かれているとしています。

<↓の画像は、桑子真帆アナとタモリさんの写真>
桑子真帆・タモリ

桑子真帆アナは『ブラタモリ』で共演のタモリさんから可愛がられていたそうで、タモリさんが所属する大手芸能事務所『田辺エージェンシー』が移籍先候補として挙がっているといい、テレビ関係者は、「タモリは桑子アナを実の娘のように可愛がっていた。田辺には元日テレの夏目三久アナも在籍しているし、もし桑子から支援を頼まれたらタモリも嫌とは言えないでしょう」と推測しています。

その上で、もし桑子真帆アナがフリーに転身した場合には、民放各局で争奪戦が巻き起こるのは間違いないとも語っており、バラエティもいける桑子アナならば、元読売テレビでフリーの川田裕美アナ(かわた・ひろみ 35歳)のような活躍が期待できるとしています。

一方の『日刊サイゾー』も、桑子真帆アナが谷岡慎一アナとスピード離婚したことによって、NHK幹部の間では印象が悪くなっているといい、桑子アナもバラエティを志望していることから、すでに『田辺エージェンシー』への移籍話が進んでいるという情報もあるなどと伝えています。

これらの報道を受けてネット上では、

  • 調子にのり過ぎると有働みたいになる。
  • NHKだから今のポジションで輝いているように見えるが、独立すれば埋もれるのが目に見えている。
    特に何かに特化(報道はムリ)しているわけでもなく、視聴率を持っているわけでもなく、良くも悪くも普通の女子アナ。
  • フリーになったとして需要はあるのかな?この方はとても人柄がよさそうな感じだけど、良くも悪くも田舎のお姉さん感が抜けない。他のギラギラしたフリーアナさん達を押し退けてまで輝けるかなあ。
  • 桑子アナはワイドショー向きだね。ニュースアナとしては緊張感が全く無い!民放が似合うと思います。有働アナは逆でNHKだから光っていた。
  • フリーになるのは、まだ早いと思う。桑子さんはブラタモリで注目されてからまだ数年しかたってない。経験値がまだまだ足りない気がする。
    スピード離婚でイメージが少し下がったのもある。フリー願望は今はおさえて、局にとどまって様子見したほうがいい。

などのコメントが寄せられています。

桑子真帆アナは以前から視聴者らの間では、あまりNHKらしくないアナウンサーだと指摘されており、フリー転身後の方が活躍出来る可能性はありそうな気もします。

しかし、ずいぶんと前からフリーアナウンサーは飽和状態にあり、有働由美子アナなど、NHKからフリーに転身したアナウンサーは多くいる一方で、NHKを退局後に活躍できた方はほんの一握りで、桑子アナは現在そこまで好感度や人気が高いわけではないため、苦戦を強いられる可能性も高いです。

そう考えると、このままNHKに残り、ある程度のポジションを築いていった方が良いんじゃいかと思いますが、果たして噂通り来年にもフリー転身となるのでしょうか。

参照元
  • https://www.cyzo.com/2018/12/post_187860_entry.html
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/244154
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTExODA1

    フリー転身して元夫と遭遇したら、気まずくなるでしょう。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について