松坂大輔投手がソフトバンク入団で、妻の柴田倫世と子供とは別居生活に! 家族が離れて暮らす理由とは!?

松坂大輔

2007年に日本からアメリカに渡り、メジャリーグの「ボストン・レッドソックス」等のチームで活躍していた松坂大輔投手(34)が、正式にプロ野球「福岡ソフトバンクホークス」と3年間で12億円という破格の契約し、来季からまた日本で活動することが明らかとなりましたが、松坂投手の妻で元日本テレビのアナウンサー・柴田倫世さん(40)は9歳・6歳・4歳の3人の子供と共にアメリカに残ると決断し、これから別居生活を送ると9日発売の週刊誌『女性自身』が報じています。

(↓の画像が、柴田倫世さんの写真)
柴田倫世

松坂投手の体調管理や精神的な部分を考えると、家族も側にいた方がいいかと思いますが、倫世さんはアメリカ・ボストンで子供を育てることにこだわっており、そして今後子供達を国際的に活躍出来るような人間にするために、3人で年間1千万円を超える高額な学費の私立の小学校や幼稚園に通わせ、クラシックバレエ、フィギュアスケート、体操教室など様々なお稽古もさせていることから、別居することを選択したようです。

さらに、ソフトバンクのホーム球場がある福岡市と、倫世夫人の実家がある筑紫野市は20キロ足らずの距離にあることから、日本で松坂投手が浮気などをしないように、倫世さんは実家の実母にしっかりと夫を見張っていて欲しいと頼んだのだとか。

これにネットでは、

  • 子供をアメリカで育てても必ずしも、国際舞台で活躍出来るとは限らないのに。子供に何をさせたいのか分からないけど、プロ野球選手の奥さんであれば旦那の事を第一に考えればいいのに。松坂が可哀想に思える。
  • 子供の教育に最高の環境をってのは十分よくわかるんだけど、息子が夫ほど稼げるようになるとは限らんし、贅沢に慣れさせないようにするのも教育の環境整備のひとつだと思うんだけど。ひと月400万の住居費用って必要か?
  • プロ野球選手の妻なら里田まいみたいにもっと旦那を支える事を第一に考えると思うよ。子供の教育もよく分かるけど、浮気しない様に見張っててとか自己中心的の様な気がする。父親の活躍を子供に見せたくないのって感じ。価値観の違いで離婚する可能性があるね。
  • 子供がボストンにフィットできているなら福岡に引っ越すのは可哀想です。ただ国際人に育てたいとか、親のエゴならもっと可哀想です。
  • 渡米して不摂生に陥ったんだから、原因はおのずとわかるような。案外単身赴任で栄養士がちゃんと食事を見るようになって安定した成績を残せるようになるかもね。しかし、イチロー夫妻とは大違いだな。

などのコメントがありました。

松坂投手は2013年から今年にかけてニューヨーク・メッツに所属し、ボストンとニューヨークは飛行機で1時間以上かかる距離にあることから、この1年間も単身赴任生活を送っていたようなので、今回単身で日本に渡ることに対してそこまで抵抗は無かったのかもしれません。

また、子供達の学校のことなども考えると、共に日本に渡るよりも現在の生活を続けていた方がいいかとも思います。

ですが、倫世さんと子供達が月額400万の高額な家賃のマンションに住み、高額な学費の学校に通ったり、お稽古が出来ているのも、松坂投手が稼いだことによって成り立っているものでしょうから、松坂投手は来年からの3年間が重要な時期となるため、日本とアメリカで離れた生活であるものの、松坂投手のことをサポートしてもらいたいものですね。

4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzcxNTE5MzUx

    “亭主元気で留守がいい!”と言いますか?

  2. 2
    匿名
    ID:MTUzMjU2NzYx

    ありがち、アメリカかぶれセレブ。セレブの学校に子供を通わせるのがステイタス。ボストンにいるからって国際舞台で活躍できる人間になれるわけじゃないし。子供のためより自分の見得のためか。

  3. 3
    匿名
    ID:MjM2NTQ2Nzkz

    放射能が原因だと思います。 原発さえなかったら、将来の監督夫人として、大喜びで帰国したと思います。

  4. 4
    匿名
    ID:MjM2NTQ2Nzkz

    最近、そういう方多いですね。 自分の友達でも、「子供の教育」のためにフィリピンで永住権を取ったり、マレーシアで退職者ビザを取るのに必死の人がいます。 以前だったら、当然のように慶応の幼稚舎に子供を通わせた富裕層の方が大急ぎで子供をスイスの寄宿舎に入れたという話もききました。 彼女の場合も、お金のために父親は日本で働いていても、子供はやっぱり日本で育てたくないんでしょうね。 こうやってネタにされているけど、九州のソフトバンクを選ぶところに愛情を感じました。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について