星野真里の夫・TBS高野貴裕アナも異動でアナウンサー引退。水野真裕美や岡村仁美も別部署に移る理由は…

アナウンサー

高野貴裕アナウンサー

女優・星野真里さん(本名=高野真理 40歳)の夫で、TBSの高野貴裕アナウンサー(たかの・たかひろ 42歳)が、7月の人事異動でアナウンサー“引退”となることが明らかになりました。

週刊誌『週刊女性』のWeb版や『日刊スポーツ』の報道によれば、高野貴裕アナは7月に現在所属する総合編成本部のアナウンスセンターから、「総合編成本部編成局プロモーション部」「TBSホールディングス 総合プロモーションセンター総合プロモーション部」の所属となるそうです。

この報道を受けて高野貴裕アナは自身のツイッターを更新し、「私の人事がインターネットニュースに!?嘘でしょ?BTSのニュースよりもトピックが上に……いやいや、TBSとスペルは似てますが。勘弁してください笑笑 #落ち着いたら報告しようと思っていたのに…」とツイートしています。

<↓の画像が、高野貴裕アナのツイート写真>
高野貴裕TBSアナウンサー引退Twitter画像

このツイートに対して、『グッとラック!』などで共演していたフリーアナウンサー・気象予報士の根本美緒さんから「声がTVから聞こえなくなるのは寂しいけど才能がそちらで発揮される事でしょう 応援してるよ!」とのコメントが寄せられると、「そうなんですよぉ。新しい世界にドキドキしてますが基本エンジョイして参ります!」と返信しています。

<↓の画像は、根本美緒さんと高野貴裕アナのツイッターでのやり取り>
高野貴裕アナツイッター画像

高野貴裕アナは青山学院大学文学部を卒業後の2003年にTBSへ入社し、高畑百合子アナ、小林麻耶さん(現芸名=國光真耶)と同期で、入社後は報道からバラエティ番組まで幅広く担当し、『王様のブランチ』『2時っチャオ!』『NEWS23』『私の何がイケないの?』『どうぶつ奇想天外!』『はやドキ!』『グッとラック!』などの番組に出演し、動画配信サービス『Paravi』の競馬予想番組『丸のりパラビ』ではMC兼プロデュースを担当していました。

現在は、『ひるおび!』『THE TIME,』のナレーションを担当したり、TBSのアナウンススクールで講師を務めています。

プライベートでは2011年9月に、大学時代の後輩で当時から親交があった星野真里さんと結婚、2015年7月に第1子となる長女が誕生しました。

<↓の画像は、高野貴裕アナと妻・星野真里さんの写真>
星野真里と旦那のTBS高野貴裕アナ

14日には、かつて『はなまるマーケット』などに出演していた斎藤哲也アナ(58)の異動、アナウンサー引退が報じられましたが、その他にもスポーツ実況等を担当していた清水大輔アナ(59)が「総務局」、『Nスタ 日曜版』など報道番組を主に担当していた岡村仁美アナ(39)が「報道局」へ異動

現在、『サンデーモーニング』のサブキャスター、『ひるおび!』のナレーションなどを担当の水野真裕美アナ(38)は、「人事労政局」へ異動すると報じられています。

<↓の画像左から、斎藤哲也アナ、清水大輔アナ、岡村仁美アナ、水野真裕美アナ>
TBS斎藤哲也アナ・清水大輔アナ・岡村仁美アナ・水野真裕美アナ

7月の人事異動で、5人のアナウンサーが別部署へ異動することが現在までに明らかになっており、ニュースサイト『日刊大衆』は中堅~ベテランアナウンサーが一気に異動となった理由について、“アナウンサー余り”が深刻な状態にあるためとしています。

TBSでも毎年数人のアナウンサーを新規採用しているものの、コロナ禍で番組の出演人数を減らす状況が続き、一部の人気アナに仕事が集中していることもあり、レギュラー番組がゼロ、週1、2回の稼働となっているアナウンサーも少なくないといい、そうしたことで稼働が少ないアナウンサー等が異動の対象となっているようです。

斎藤哲也アナ、高野貴裕アナも、かつては様々な番組を担当していましたが、最近はナレーションの仕事がメインとなっていたので、異動が命じられた可能性が高そうです。

高野貴裕アナはキャラが濃く、少し前までテレビでも活躍していた印象なので、このタイミングでの異動には少し驚きましたが、新天地での活躍にも期待したいですね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/24263
  • https://taishu.jp/articles/-/102605?page=1
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    三浦春馬のこと聞いたのかな
    tbsも反日テレ朝もいらない

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!