安住紳一郎アナ『あさチャン!』後番組司会就任か。夏目三久が芸能界引退で番組終了、TBSが視聴率獲得に本気?

安住紳一郎アナウンサー

元日本テレビでフリーの夏目三久アナウンサーが司会の情報番組『あさチャン!』(TBS系)が、夏目アナの芸能界引退によって9月をもって終了することが決定し、後番組の司会者にTBSのエース・安住紳一郎アナが内定したとの情報を『東京スポーツ』(東スポ)が伝えています。

東スポの記事では、TBS関係者が『あさチャン!』の後番組について、「10月から新しいタイトルで新番組が始まるわけですが、『司会は安住アナで決まった』と今、局内では言われています。まだ内定段階で、他の人に代わる可能性もありますが、実現すればTBSはついにエース局アナを“早朝の顔”にし、本気を出すということ」と語っています。

<↓の画像は、『あさチャン!』司会の夏目三久アナの写真>
夏目三久アナ『あさチャン』司会

安住紳一郎アナは現在、『ぴったんこカン★カン』、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』といった様々なバラエティ番組のほか、生放送の情報・報道番組『新・情報7days ニュースキャスター』の司会を務めていますが、1997年にTBSへ入社してから現在まで、生放送の朝の情報番組での司会経験はありません。

前出のTBS関係者は、「朝の帯番組を安住アナに担当させるのは、TBSとしてはもう悲願でしょう。なんせ裏番組はフジテレビの『めざましテレビ』、テレビ朝日『グッド!モーニング』、日本テレビ『ZIP!』と強敵揃い。これら競合番組と比べ、『あさチャン!』はずっと視聴率最下位ですからね。それでもTBSが安住アナで殴り込めば、他局にとっては相当な脅威になるでしょう」としています。

安住紳一郎アナは複数の番組を担当しているため、朝の帯番組を担当させるためにはかなりの調整が必要とのことですが、TBSは今年秋の改編に向けて本気を出しているそうで、その背景には今年春からスタートした『ラヴィット!』の低視聴率を挙げています。

制作会社関係者は、「世帯視聴率の平均が1~2%台。個人視聴率だと1%を切ることもありますから、今のところはダメと言われても仕方ない。ただ、エース安住が待っているのですから、内定情報を聞いている『ラヴィット!』スタッフは相乗効果を期待している」と語っています。

東スポはこのように報じているのですが、これに対してネット上では、

  • あずみんは朝番組じゃないと思うんだが…
  • 安住紳一郎を泥船に乗せても…。日曜朝のラジオもできなくなるでしょうしね。
    毒にも薬にもならないネタだけが行き交う情報番組に、安住紳一郎はふさわしくない。
  • どういう司会者を持ってくるかではなく、どういう番組内容にするか。ラヴィッドが低視聴率なのは、川島の責任ではなく中身の酷さ。
    だから、安住アナがなれば視聴率が上がると安易に考えたら失敗する!
  • どういう番組にするのかが問題。テレビ朝日のようにシニア向けに徹するのか?日テレやフジのように若い人をターゲットにするのか?
    その番組方針が安住さんの支持層と重なるのか?イメージがわかない。安住さんを傷つけてしまわないか?
  • 安住さん、働きすぎだよ。社内では管理職でもあるわけで、デスクでの仕事も多いらしいし。
    「日曜天国」ファンとしては、パンダの命名のようにテレビではなかなか語らないことに夢中になる時間を必ずキープしてもらいたい。
  • 安住アナが月曜から金曜の帯番組のMCをやるとなると、土曜の『ニュースキャスター』と日曜のラジオの『日曜天国』は、働き方改革により降板しないといけないのかも

などの声が上がっています。

安住紳一郎アナは土曜日に『新・情報7days ニュースキャスター』、日曜日はラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)の生放送があるため、もし本当に『あさチャン!』の後番組司会に抜擢されたとしたら、この2番組から降板や終了となる可能性が高いとみられます。

また、TBSのエースである安住紳一郎アナを司会に起用したところで、番組の内容によっては数字が取れず、安住アナのイメージにも悪影響が及ぶ恐れもあるため、現時点では安住アナを“朝の顔”にすることに対して、否定的な声が多く上がっています。

真相は不明ながら、『あさチャン!』の司会に夏目三久アナが起用された当時、安住紳一郎アナが「なんで外の人に任せるんだ!だからみんな辞めていくんだ」と声を上げていたと報じられており、その後も安住アナは、自局のアナウンサーを情報・報道番組の司会に起用すべきだと訴えているとの話は何度も出ています。

そうした訴えや経費削減を目的に、安住紳一郎アナらTBSアナウンサーを『あさチャン!』の司会に起用する可能性は十分あるとみられ、平日朝の情報番組の視聴率争いにどういった変化が起こるのか楽しみですね。

ちなみに、現時点では『めざましテレビ』と『ZIP!』が、同時間帯のトップ争いを繰り広げ、3位が『グッド!モーニング』、4位が『あさチャン!』となっており、『ZIP!』は司会がエースの水卜麻美アナに交代してから視聴率が上昇し、特に若い女性の視聴者が増加していることが明らかになっています。

安住紳一郎アナは若い女性よりも、中高年の女性からの支持が高いとみられるので、そこをターゲットにした番組内容にすることで、視聴率が上向いていきそうな気がしますが、『あさチャン!』の後番組では誰が司会を務めるのか注目したいところです。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3147645/
  • https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20210418-00233359/
  • https://news.mynavi.jp/article/20210422-zip/
  • https://taishu.jp/articles/-/93864
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    安住アナで朝の生放送番組キャスター見てみたい!合っていると思う。
    2000年代の昼のジャスト良かったので三雲アナとコンビ復活希望。

コメントを残す