大浦龍宇一が再婚、相手は寺田理恵子アナの娘・ゆりえ。息子の主之和と家族3人、新たな家庭を築く決意

大浦龍宇一

俳優・タレントの大浦龍宇一さん(おおうら・りゅういち 本名=梶浦靖博 50歳)が、元フジテレビでフリーの寺田理恵子アナウンサー(57)の長女で、22歳年下のシンガーソングライター・ゆりえさん(旧芸名=藍沢ゆりえ 本名=関本由里絵 28歳)と再婚していたことが明らかになりました。

大浦龍宇一さんとゆりえさんは22日に、東京都内の区役所へ婚姻届を提出したそうです。

<↓の画像は、大浦龍宇一さん、ゆりえさん、寺田理恵子アナの3ショット写真>
大浦龍宇一と妻・ゆりえ&義母・寺田理恵子アナ

大浦龍宇一さんは自身のブログを更新し、「この度、3月22日に入籍して、3人家族となりました。妻は、ゆりえと言ってシンガーソングライター、楽曲提供など音楽の仕事をしています。28歳です。」と再婚を報告しており、ゆりえさんとは22歳も年齢が離れているものの、「かけがえのない人生の相棒として、これからの道を息子ともに一歩一歩大切に歩んでいきます。人生に授かった相棒と小さな幸せに気づき、時間を積み重ね、ステップアップファミリーとして、3人で幸せを掴みたいと思います。」と決意を新たにしており、家族3人の写真を公開しています。

<↓の画像が、大浦龍宇一さんがブログに投稿した3ショット写真>
大浦龍宇一と長男・主之和&妻・ゆりえ
(左から大浦龍宇一さん、長男・主之和さん[すのわ]、ゆりえさん)

大浦龍宇一さんは、父親が元俳優の高田由紀夫さん、祖父は俳優・歌手の高田浩吉さん、父方の叔母が女優の高田美和さん、高田瞳さん、母方の祖母は毛利峰子さんといった芸能一家に生まれ、立命館大学経済学部を卒業後に、三上博史さんと鈴木保奈美さん共演のドラマ『この世の果て』(フジテレビ系 1994年1月期放送)で俳優デビューを果たしました。

1996年にはシングル『夏の午後』で歌手デビューを果たし、同曲は自身も出演した本木雅弘さん主演ドラマ『君と出逢ってから』(TBS系)の主題歌に起用され、17万枚以上の売り上げを記録しました。

『夏の午後』ミュージックビデオ

一方の私生活では、2000年に一般女性と結婚し、2003年12月31日に第1子となる長男・主之和さん(すのわ 15歳)が誕生しましたが、価値観の違いなどから2007年に離婚しました。

離婚後は元妻が主之和さんの親権を持っていましたが、元妻が自営業を切り盛りしながら子育てすることが難しくなったため、2011年4月から大浦龍宇一さんが主之和さんの親権を持ち、シングルファーザーとなりました。

その後は、東京都内にある家賃7万8500円で6畳ワンルームのアパートで2人暮らしをしており、自身のブログやバラエティ番組で子育ての様子などを披露していました。

<↓の画像は、6畳一間のアパートで生活していた大浦龍宇一さん、長男・主之和さんの写真>
大浦龍宇一と長男・主之和

そんな大浦龍宇一さんが、再婚相手のゆりえさんと出会ったのは2017年のクリスマスだったといい、昨年5月に開催のコラボライブに向けて曲作りをしていくうちに愛が芽生え、昨年3月から交際がスタートし、交際1年で結婚となったそうです。

再婚相手のゆりえさんは1990年4月に、元フジテレビでフリーの寺田理恵子アナとテレビ番組制作会社のディレクターとの間に生まれ、2009年にシンガーソングライターとしてデビューを果たし、現在もシンガーソングライター、ミュージカル女優として活動しています。

2014年には、昭和音楽大学時代の同級生・小林夕夏さん(28)とユニット『ユカリエ』を結成し、今年4月に1stアルバム『Yukarie(ユカリエ)』をリリース、女優・歌手の伊藤蘭さんが5月にリリースのソロデビューアルバムに楽曲提供するなどしており、結婚後もミュージシャン、女優としての活動を続けていくそうです。

『Yukarie』のライブ映像

ゆりえさんは1998年に、父親の不倫相手が妊娠したことや、DVが原因で両親が離婚しており、それから2年後の2000年には、NEC元会長・関本忠弘の長男で、当時大手広告代理店『電通』の社員だった実業家・関本雅一さんと寺田理恵子アナが再婚しましたが、関本さんは2012年12月に風呂場で倒れて大動脈破裂のため53歳の若さで亡くなりました。

こうした経験をしているゆりえさんはブログで、大浦龍宇一さんとの結婚を報告すると共に、「私自身、両親が私の生後に離婚、再婚、そして死別となかなか刺激的な経験をしてきました。思春期と重なり、義父とはかなりぶつかりました。当時は本当に辛く逃げ出したいことも多々ありました。事実、ステップファミリーは一筋縄ではいかないものです。」とした上で、「私はすのわに『お姉ちゃんができたと思ってね』とお願いすると、間もなく笑顔で理解してくれました。私は敢えて『お母さん』を演じることを諦めました。すのわには心から大好きで尊敬するお母さんがいるからです。」「新たな3人家族で手を取り合い、話し合い、多難をも乗り越えていきたいと思います!!」と綴っています。

<↓の画像は、ゆりえさんと主之和さんの2ショット写真>
大浦龍宇一の妻・ゆりえと長男・主之和

そんなお2人の結婚発表に対してネット上では、

  • 大浦さんはずっとシングルファーザーでかなり頑張ってはったから本当に良かったですね。是非とも幸せになって欲しい
  • 大浦龍宇一さん息子さんとの二人の父子家庭で苦労されたから、今度こそ幸せになってもらいたい
  • 年頃の息子は、ちょっと複雑だろうな
  • 大浦さんは息子と二人暮らしでも生活がキツイとTVで言ってました。たしか家賃7万円のワンルームで息子と暮らしていました。
    結婚して生活が出来るのか心配です。結婚をきっかけにブレイクすれば良いが…。
  • 最近は『相棒』以外でも見かけた気がする。離婚した当初の仕事が少なかった頃より、今は仕事も安定してるんじゃないかな
  • これって親同士、子供同士の方が、全然しっくりくるじゃん。まぁ、大浦の息子はまだ未成年だけど。
    寺田の娘は父性に飢えてるのかな。これでお母さんは安心して嫁に出せるの?もちろん当人同士よければいいけどさ。
  • ゆりえさんは、ファザコンなんだね、仕方ないかな、ずっとお父さんと縁がなかったからね。一生懸命、父子家庭を切り盛りしてる彼にグッと来たのかな?お幸せにね。

などのコメントが寄せられています。

大浦龍宇一さんはこれまでに、男手一つで子供を育てることの苦労なども明かしていたため、再婚には祝福の声が寄せられる一方で、親子ほど年齢が離れていることから今後を心配する声も多いですね。

また、大浦龍宇一さんは義母になった寺田理恵子アナの方が年齢が近いため、娘との結婚よりも寺田アナの方がしっくりくるという反応も多いのですが、特に芸能界ではここ最近年の差カップルが増えており、昨年も元女優・広田レオナさんが22歳年下の映像作家で元俳優・高橋ひろ無さんと再婚、2012年にはタレント・磯野貴理子さんが飲食店店長・高橋東吾さんと再婚するなどしています。

<↓の画像は、主な芸能界の年の差カップルまとめの写真>
芸能界の年の差カップルまとめ画像

年齢差があまりにも大きいと上手くいかないのではと見られがちですが、20歳、30歳差があっても長続きしている夫婦はおり、大浦龍宇一さんの場合は今年で中学卒業の息子がいるため、色々と難しい部分があるかと思うものの、家族3人で支え合って素敵な家庭を築いていってほしいですね。

参照元
  • https://ameblo.jp/ohura-ryuichi/entry-12449148701.html
  • https://ameblo.jp/ta-ro-ro/entry-12447428276.html
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903240000708.html
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExNTEx

    くずイケメン専門俳優
    大浦→河相我門→竹財輝之介と
    受け継がれてる

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について