古川雄輝が彼女と自宅お泊りデート。柴田阿弥と熱愛スキャンダルも本命は年上女性?と週刊女性報道。画像あり

古川雄輝

イケメン・インテリ俳優として人気上昇中の古川雄輝さん(ふるかわ・ゆうき 31歳)の女性スキャンダルを22日発売の週刊誌『週刊女性』がスクープしており、本命彼女と自宅お泊りデートしていたことを伝えています。

『週刊女性』によると、古川雄輝さんは1月中旬の午後に、一般人と思われる女性と仲良さそうに会話しながら自宅マンションへ入っていったそうなのですが、2人がよく訪れるというスーパーの利用客は、「昨年の夏ごろから、一般人と思われる女性と、スーパーで買い物している姿をよく見かけるんです。友達という感じではなく、腕を組んだりして仲がよさそうなので、深い間柄なのかなと思っていました」と証言しています。

<↓の画像が、『週刊女性』が撮影の古川雄輝さんと本命彼女の2ショット写真>
古川雄輝と本命彼女の2ショット画像1枚目

『週刊女性』の取材班も、2人が自宅に入ってから約1時間後に近所のスーパーへと向かう姿をキャッチしており、古川雄輝さんはマスクと帽子で完全防備し、女性もマスクを着用していたそうで、2人は肉や野菜などを大量に購入していたとのことです。

居合わせた客は、「買い物中は終始、彼女が主導権を握っていて、古川さんは買い物カゴ係。まるで“夫婦”のような雰囲気でした」と語り、古川雄輝さんは1人でレジへ行って会計を済ませ、袋詰も1人で終えて彼女の元へと向かったといい、尻に敷かれている様子から年上彼女の可能性もあるとしています。

買い物を終えた2人は仲良く古川雄輝さんの自宅マンションへと帰宅し、彼女はその日お泊りしていたそうです。

古川雄輝と本命彼女の2ショット画像2枚目

『週刊女性』の取材班は2人の関係を確かめるため、古川雄輝さんの所属事務所『ホリプロ』に取材を行っているのですが、事務所側も「プライベートは、本人に任せています」と交際を否定しなかったとのことです。

そして、古川雄輝さんの熱愛スキャンダルに対してネット上では、

  • お幸せに。とは思うけど、やっぱりちょっとショック…笑
  • 幸せになって欲しいけど、ショックーーーーーー
  • ゆうきくん かなり、ショック ショックすぎて立ち直れないし受け止められないこれからどうすれば…
  • イタキスの相原琴子のような彼女だったりして
  • 写真だけ見ると結構年配に見えるんだけど
  • これ、お母さんではなくて?もし彼女だとしたら相当年上に見える…同年代の女子ではない感じ…シルエットと髪型とこのコート的にも、、
  • インスタに料理の写真よく載せてるけど、料理のアップで背景が写らないようにしてたから、誰かと食べてることは想像出来た。もう大人なんだからいいんじゃないですか。

などのコメントが寄せられています。

医師の父親を持つ古川雄輝さんは、父親の仕事の都合で7歳から8年間カナダで過ごし、高校になると単身アメリカ・ニューヨークへ渡って3年過ごしたという帰国子女で、慶應義塾ニューヨーク学院に進学後、帰国して慶應義塾大学理工学部に進み、2009年には「ミスター慶應コンテスト2009」でグランプリを受賞しています。

2010年に新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」で審査員特別賞を受賞して芸能界デビュー、2013年には日本・イギリス共同の舞台で海外デビューを果たし、同年主演したドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』が日本だけでなく中国でも大ヒットを記録しました。

2014年には中国版ツイッター『微博(ウェイボー)』のフォロワー数が100万人を突破し、21日時点で約249万人までフォロワー数は伸びており、中国では「男神」(意味:憧れの男性)と言われるほど高い人気を得ています。

日本でも高い人気があり、昨年は映画『風の色』『曇天に笑う』『となりの怪物くん』、ドラマ『ラブリラン』(日本テレビ系)、『60 誤判対策室』(WOWOW)、『天 天和通りの快男児』(テレビ東京系)、『ハラスメントゲーム』(同)に出演するなどしています。

一方の私生活では昨年2月に『週刊女性』によって、元SKE48でフリーの柴田阿弥アナウンサー(しばた・あや 25歳)との深夜デートをスクープされ、熱愛疑惑が浮上していたのですが、双方の事務所は「交際の事実はなく、友人のひとりです」とキッパリ交際を否定していました。

<↓の画像は、昨年熱愛疑惑が浮上した元SKE48・柴田阿弥アナの写真>
柴田阿弥

それから約1年後に、一般人とみられる女性とのスキャンダルがスクープされ、今回は事務所側も交際を否定していないことから、今度こそは本当の彼女である可能性が高そうですね。

古川雄輝さんは童顔でまだ学生のようなルックスをしていますが、12月に31歳の誕生日を迎えており、いつ結婚してもおかしくない年齢です。

そのため、現在交際している女性と今後も関係が続けば結婚となる可能性はあると思いますので、引き続き注目していきたいですね。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/14309
  • https://www.jprime.jp/articles/-/11713
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について