元フジテレビ松尾翠アナ第2子妊娠、競馬騎手・福永祐一と結婚し2人目出産へ。不倫スキャンダルの過去あり冷ややかな声も…

元フジテレビの松尾翠アナ

元フジテレビでフリーアナウンサーの松尾翠さん(まつお・みどり34歳)が21日、第2子を妊娠していることを自身のブログで発表しました。

すでに安定期に入っているようで、6月頭に出産を予定していると明かしています。

松尾翠アナはブログで、「私事で恐縮ですが…お腹に新しい命が宿ってくれました。6月の頭に出産予定です。母子ともにここまで元気に過ごせております。今は娘の最後の一人っ子時間を大切にしながら 新しい家族を迎える準備を進めています。胎動を感じたり、どこへいくにも一緒に過ごせる、今しかないスペシャルな時間を楽しみたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします」と報告しています。

第2子妊娠を発表した松尾翠アナは、日本女子大学家政学部を卒業後の2006年にフジテレビへ入社し、同期は本田朋子アナ、秋元優里アナ、小穴浩司アナの3人でした。

<↓の画像は、フジテレビ同期入社3人の写真>
秋元優里、松尾翠、本田朋子
(左から秋元優里アナ、松尾翠アナ、本田朋子アナ)

フジテレビ入社後は『めざにゅ〜』、『めざましテレビ』、『笑っていいとも!』、『みんなのKEIBA』、『ミューサタ』など様々な番組を担当していました。

一方のプライベートでは、2011年11月に共通の知人の結婚式で人気競馬騎手の福永祐一騎手と出会い、競馬関連番組での取材や収録などを通して2012年4月に交際へと発展し、2013年3月に婚約して同8月に結婚しました。

<↓の画像は、松尾翠アナと福永祐一騎手の結婚式でのツーショット写真>
松尾翠アナと福永祐一騎手の結婚式ツーショット

そして、同9月末をもってフジテレビを退社して京都へ移住し、11月からは大手芸能事務所『ホリプロ』でフリーアナウンサーとしての活動を始めると同時に妊娠5月も発表、2014年3月に第1子となる長女(3)を出産しました。

<↓の画像は、家族のスリーショット写真>
福永祐一騎手&松尾翠アナと長女

そんな松尾翠アナの第2子妊娠発表に対してネット上では、

  • 不倫してた子やね
  • この人は週刊誌のネタで干されたイメージしかない
  • 不倫で消えたかと思った。
  • 巷で有名な竹林こと秋元優里の同期。社員時代は仲良しアピールしまくってたのに今は絶縁状態。会社辞めたらそんなもんだよなー
  • 旦那も本業より夜の方に頑張ってどうすんの?って感じ
  • 松尾アナのニュース出ると、ベッド写真しか頭に浮かばない

などとネガティブなコメントが多く寄せられています。

その原因はフジテレビ入社から1年後の2007年に週刊誌『フラッシュ』によって、松尾翠アナが女子大生時代にバイト先の店長A氏と不倫していたことを報じられたことにあります。

この不倫スキャンダルは元不倫相手の“知人”がリークしたもので、不倫していた当時撮影されたツーショット写真なども『フラッシュ』に掲載されていました。

<↓の画像が、『フラッシュ』に掲載された松尾翠アナと元不倫相手のツーショット写真>
松尾翠アナと不倫相手のプライベートツーショット写真1枚目

松尾翠アナと不倫相手のプライベートツーショット写真2枚目

松尾翠アナと不倫相手のプライベートツーショット写真3枚目

当時『フラッシュ』に掲載された告発記事によると、松尾翠アナは大学1年生(19歳)だった2002年ごろに妻子持ちのA氏に告白し、交際をスタートさせたといい、奥さんと離婚して自分と付き合うよう執拗(しつよう)に迫っていたといいます。

しかし、店長がそれを拒否すると松尾翠アナは家族団らんのタイミングを狙い、「死ね!」などと書かれたメールを送るという行為をしていたそうで、その他にも「ブチ切れてA氏の頭を小突いたり、一日に何度も無言電話を掛けたりしたそうです。A氏氏は毎日恐怖におびえていたそうです」という話もありました。

<↓の画像は、松尾翠アナの不倫スキャンダルを報じた『東京スポーツ』(東スポ)の紙面>
松尾翠アナの不倫スキャンダル、東スポ紙面

そして、最終的にA氏は妻と別居して松尾翠アナを選んだそうなのですが、2年間交際し、大学3年の時にフジテレビから内定を貰い、そのタイミングでA氏を捨てたようです。

この報道によって松尾翠アナは不倫アナというイメージが付いてしまい、現在でも冷ややかな声が多く上がっているのですが、現在は福永祐一騎手をサポートしながら子育てするなど良いママになっている様子です。

松尾翠アナは昨年12月をもって、水曜日コメンテーターを務めていた関西ローカルのニュース情報番組『キャスト』(ABC朝日放送)を卒業し、現在レギュラー出演している番組は無いため、今後しばらくは子供2人の育児に専念するとみられますが、引き続き子育てを頑張ってほしいなと思いますね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について