上野優花アナ極秘再婚、相手は楽天野球団社長・立花陽三。元夫とスピード離婚理由は浮気、第1子妊娠も判明。画像あり

上野優花アナウンサー

情報・ニュース番組『ZIP!』(日本テレビ系)の元お天気キャスターで、フリーの上野優花アナウンサー(うえの・ゆうか 32歳)が、プロ野球『楽天ゴールデンイーグルス』の球団社長とJリーグ『ヴィッセル神戸』の副会長を務める立花陽三さん(たちばな・ようぞう 50歳)と“極秘再婚”し、現在第1子を妊娠していることが明らかになりました。

これは28日発売の週刊誌『フライデー』が報じているもので、上野優花アナは昨年末に更新したブログで、年の初めに夫とスピード離婚していたことを発表しましたが、その裏で立花陽三さんと昨年末に再婚していたといます。

<↓の画像が、上野優花アナの再婚相手・立花陽三さんの写真>
楽天野球団社長・立花陽三

『フライデー』記事では、テレビ局関係者が2人の結婚を明かしており、出会いから結婚に至った経緯については、「出会いは約2年半前、共通の知人である女子アナによる紹介がきっかけでした。当時、上野アナは大手メーカー勤務の夫に浮気され、夫の赴任先である広島から単身、帰京していました。元ラガーマンの立花氏とラグビー観戦が趣味の上野アナはすぐに意気投合。2019年末ごろ、上野アナは夫に突然、『浮気のことは水に流すから、すぐに離婚して』と切り出し、離婚を成立させました。この頃にはすでに、2人は惹かれ合っていたのかもしれません。」と明かしています。

そして、上野優花アナは2018年3月に結婚した前夫と2020年初めにスピード離婚し、同年末に立花陽三さんと再婚したといい、現在は東京都渋谷区内の高級住宅街に完成したばかりの超高級低層マンションで新婚生活を送っているそうです。

『フライデー』の取材班は真相を確かめるため、5月下旬に立花陽三さんに直撃取材を敢行し、上野優花アナとの結婚について聞くと、「僕の方で言える話じゃないんで……。申し訳ないです」と言いつつも、同居していることは認めたそうですが、上野アナとの結婚については「自分の口からは何も言えない」と繰り返したそうです。

<↓の画像が、『フライデー』の直撃取材に応じた立花陽三さんの写真>
上野優花アナの夫・立花陽三

後日改めて、『楽天ゴールデンイーグルス』の球団広報に問い合わせたところ、「2020年の年末に入籍しております」と結婚を認めたといいます。

一方、上野優花アナが所属する芸能事務所『セント・フォース』に問い合わせると、2020年末に入籍しました。お相手側の希望により、(結婚の)発表は致しませんでした。妊娠しておりますが、出産後もできる範囲で仕事は続けたいと考えておりますとの回答があったとのことです。

<↓の画像は、第1子妊娠中の上野優花アナの写真>
妊娠中の上野優花アナウンサー・フライデー撮影の画像

ニュースサイト『サイゾーウーマン』によれば、上野優花アナは夫の浮気が発覚後すぐに別居し、周囲には「慰謝料を取れるだけ取る!」とも話していたといい、最終的には慰謝料を求めない代わりに早期の離婚を要求したそうです。

芸能プロダクション関係者は、「同年中に立花氏と入籍していることからも、早々と浮気した夫に見切りをつけて、超大物経営者に“乗り換え”たことは明白。時期を考えれば、立花氏とは“デキ婚”だった可能性も考えられます」と語っています。

上野優花アナは2018年に、ラグビー観戦が趣味など共通点が多いという同い年の会社員男性と結婚、それから間もなく広島に移住し、ブログやインスタグラムでは広島で撮影した写真を度々投稿していたものの、2019年春ごろから広島に関する投稿がほとんど無くなり、東京で生活していることを匂わせていました。

これによって別居が疑われる中で昨年末に突然離婚を発表し、離婚の理由を巡って憶測が飛び交っていましたが、結婚から1年で浮気が発覚していたとは驚きですし、離婚発表の裏で再婚、妊娠していたこと、再婚相手が立花陽三さんということに驚きました。

あまりの展開の早さから、前夫と離婚成立前から交際していたのではと疑いたくなるものの、特にそういった情報はありません。

上野優花アナは2度目の結婚、立花陽三さんは初婚?となりますが、これから誕生予定の子供と共に素敵な家庭を築いていってほしいですね。

参照元
  • https://www.cyzowoman.com/2021/05/post_342532_1.html
  • https://friday.gold/article/84839
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI5MDgzNTc3

    勢いが大事だからね。

  2. 2
    匿名
    ID:MTAxMTE4OTM4

    50歳
    やだ

コメントを残す