ぴったんこカン・カン打ち切り終了。理由は安住紳一郎アナが情報番組の司会就任。好視聴率も18年の放送に幕

ぴったんこカン・カン司会の安住紳一郎アナ&久本雅美

2003年4月から放送の人気バラエティ番組『ぴったんこカン・カン』(TBS系 金曜20時)が、今年9月をもって打ち切り終了となることが判明し、視聴者からは様々な声が上がっています。

『スポーツニッポン』(スポニチ)や『日刊スポーツ』の取材によれば、『ぴったんこカン・カン』の終了理由は、番組で司会を務める安住紳一郎アナウンサー(47)が、秋から平日朝の情報番組に出演するためとのことです。

スポニチの取材に番組関係者は、「毎日早朝から仕事をするため、ロケに出る時間がなくなる。出演を続けることは不可能になった」と明かしたとしています。

司会者を変更し継続することも検討したものの、最終的には終了を決断したといい、その理由については「大物ゲストの相手をできるのも安住さんだからこそ。他に司会の適任者はいない」と語ったとのことです。

また、『ぴったんこカン・カン』のプロデューサーを務めていた人物が、秋から安住紳一郎アナと共に新番組に移動するため、「終えるにはベストな時期」と話す関係者もいるそうです。

『ぴったんこカン・カン』の打ち切りが決定した背景には、番組視聴者の高齢化もあったようです。

番組の世帯平均視聴率は、現在も10%超えを記録することが多いものの、TBSはいま男女4~49歳の「新ファミリーコア」層をメインターゲットとした番組制作を行っており、「広告主が求める視聴層は、広告商品の購買につながるファミリー層。後番組は家族で楽しめる番組が検討されている」とTBS関係者が語っています。

そして、『ぴったんこカン・カン』の打ち切り終了報道を受けてネット上では、

  • 朝の番組やるより『ぴったんこカン・カン』を続けてほしかった。毎回楽しみだったのに残念。
  • 18年半も続いている長寿番組を終わらせるのは、なんかもったいない気がするなぁ。
  • えー安住アナはトークも出来るし、ゴールデンからプライム帯の、比較的ゆっくり見る時間帯の番組の方が向いている気がするけど。
  • 残念!ぴったんこカンカン好きだったのに。特に、米倉涼子や吉田羊との掛け合いは、安住さんも嬉しそうで、見ていて本当に面白かった。
    朝の報道番組より、こういう路線のほうが安住さんの良さが出ると思うけど。
  • マチャミ、日テレに次いでTBSでも……。安住さんの新番組が始まることで、TBSのあっちこっちで一気に影響が出始めましたね。
    視聴者層を若返らせたいのなら、番組はそのまま残して、出演者や企画を少しずつ変えていってもいいのに、終わらせちゃうっていうのは、単純に、長寿番組を引き継げるだけの力量の人材は局内にいないっていうことですよね。
    朝の帯はいいかもしれないけど、他がガタガタになりそう。安住さん、ラジオはやめないで!
  • ぴったんこカンカンは楽しんで見てた番組だから終わったら淋しいけど、新番組もそれに変わる見応えある番組を作って欲しいな。
  • あれま残念。好きな番組だっただけに…。いつか復活してほしいけど、難しそうですね。最後に米倉さん、大泉さんのスペシャルロケが観たいですね
  • 安住がいてこその番組だから仕方ない。安住以外のロケの時もあるけど、やっばり一番は大泉洋や香川照之など、ほぼ準レギュラー化している人達や、江口のり子や吉田羊、米倉涼子などなど、常連ゲストとのやり取りをしながらのロケ。
    月~金の朝のレギュラーを持てばなかなかロケにも行けないし、安住がロケに出ないとなれば、番組的にもあまり面白くなくなるだろうしね

などの声が上がっています。

5月に、安住紳一郎アナが『あさチャン!』の後番組で司会を務めることが明らかになった際には、『ぴったんこカン・カン』から降板することになったとスポニチは報じていました。

その報道に対して視聴者からは、安住紳一郎アナが出ているからこその番組、安住アナが降板するならば打ち切った方がいいとの声も多く上がっており、安住アナが抜けた後の番組視聴率低下が懸念されていました。

安住紳一郎アナは現在、『ぴったんこカン・カン』以外にも『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(金曜20時57分)、『新・情報7days ニュースキャスター』(土曜22時)、『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ 日曜午前10時)などの番組を担当しており、朝の情報番組を担当するためには、過重労働とならないように調整が必要だったとされています。

そうしたこともあって、安住紳一郎アナが『ぴったんこカン・カン』を降りることになり、それに伴って番組が終了となるのも止む無しといったところですが、20年近く続いた長寿番組が終了してしまうのは残念ですね。

気になる後番組については、ファミリー層が楽しめる番組が検討されているとのことですが、同時間帯には日本テレビ系で『沸騰ワード10』、テレビ朝日系で『マツコ&有吉 かりそめ天国』が放送され、激しい視聴率争いを繰り広げている中で、果たしてどのような番組で対抗するのか注目したいところです。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/06/08/kiji/20210607s00041000656000c.html
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202106080000233.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:NDU5MDM2Mzc3

    もうマンネリになっていたから、打ち切りもやむをえないかな。

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTg3

    山本アナウンサーやハセンアナウンサー、小林アナウンサー
    ほかにもいるのになぜ安住さんばかり酷使するのか

コメントを残す