AKB48の紅白歌唱曲先行発表、2年連続で恋するフォーチュンクッキー。人気凋落で世界選抜メンバー登場の話題作りも…

AKB48

14日深夜に生放送された音楽番組『シブヤノオト』(NHK 土曜24時5分)で、今年の『第70回NHK紅白歌合戦』に出場するAKB48、歌手・LiSAさんの歌唱曲が先行発表されました。

一部出場歌手の歌唱曲が先行発表されるのは異例となるのですが、AKB48は今年『恋するフォーチュンクッキー~紅白世界選抜SP~』として、AKB48メンバーに加えて世界8都市の姉妹グループから各エースメンバーが集結した世界選抜メンバーで、紅白だけのスペシャルバージョンでヒット曲『恋するフォーチュンクッキー』のパフォーマンスを披露するといいます。

また、紅白初出場となるアニメソング歌手のLiSAさんは、今人気のアニメ『鬼滅の刃(きめつのやいば)』の主題歌『紅蓮華(ぐれんげ)』を歌唱することが決定し、中継出演したLiSAさんは、「紅組で『紅』という字が入った『紅蓮華』という曲を歌わせていただきます。やっぱり私はライブが凄く好きなので、いつものライブらしくというか、私らしいライブをテレビを通してできるといいなと思っています」と意気込みを語っていました。

AKB48は2007年に、アキバ枠としてタレント・歌手の中川翔子さん、リア・ディゾンさんと共に紅白初出場を果たし、2009年から紅白常連となり、今年で11年連続12回目の紅白出場となります。

今年歌唱する『恋するフォーチュンクッキー』は2013年のヒット曲で、同曲は2013年、2015年、2018年の紅白でも披露しており、『恋するフォーチュンクッキー』のみ披露するのは2年連続で、昨年はAKB48とタイ・バンコクの姉妹グループ『BNK48』とのコラボでした。

『恋するフォーチュンクッキー』ミュージックビデオ

そして、今年はBNK48のほかに、タイ・チェンマイの『CGM48』、ベトナム・ホーチミンの『SGO48』、インドネシア・ジャカルタの『JKT48』、フィリピン・マニラの『MNL48』、中国・上海の『AKB48 Team SH』、台湾・台北の『AKB48 Team TP』、インド・デリーの『DEL48』のエースメンバーが集結し世界選抜として、『恋するフォーチュンクッキー』を2年連続で披露するとのことなのですが、この発表に対してネット上では、

  • AKBも、今年の曲を歌えなくなったか。昔のヒット曲しかない演歌歌手みたいだなぁ。
  • AKBも紅白出るのはこれで最後かな?今は坂道グループが台頭し、NGT問題で48グループはさらに下降。
    正直、AKBは今年の紅白に出るだけの価値がある活躍あったかな?と思う。
  • Lisaは今年ヒット曲だから分かる。AKBはもう終わってる。懐メロなら出るな。秋元組なら坂道で充分。
  • 恋するフォーチュンクッキーって指原が居てこその曲だよね。
    AKBが恋するフォーチュンクッキー歌うなら、モーニング娘。’19がOGとLOVEマシーンで出たって良いよね?
  • 選ばれたのは「AKB48」だろ?勝手に「世界選抜」とかで出場するなって。AKSも傲慢なら、そのグループも傲慢だな。
    今年で出場を最後にしてくれ。紅白を私物化すんな。
  • もう完全にAKB48単体だけでは画面が持たないんですね。
    だからと言って国内48GにはNGTがいるから、さすがにそこは出すわけにはいかない、そこで国外の48Gを出そうという事なんですかね。
    そもそも選ばれたのはAKB48であって、48グループではないと思うんですけどね
  • 恋するフォーチュンクッキーっていつの曲よ。指原のやつだろ。
    この内容だと、AKBとアジア圏のグループってなってるけど、国内のグループメンバーも入るんだろ?
    国内グループの意味って、もうないじゃない。単独で出れないなら、出ませんとか言えよ。流れは坂道に行ってんだし。

などと厳しい声が上がっています。

AKB48が今年リリースしたシングル『ジワるDAYS』は初週126万枚、『サステナブル』は138万枚の売上を記録しており、これらの“ヒット曲”を歌うべきなのではと思うのですが、今年のヒットシングルもあくまでも握手券などを付けた特典商法によって売上を大きく伸ばしただけで、ファン以外に広く浸透していないため、NHK側からの希望もあって過去にヒットした『恋するフォーチュンクッキー』が歌唱曲として選ばれたのかもしれません。

指原莉乃さんが最後にセンターを務めた『ジワるDAYS』ミュージックビデオ

それにしても6年前の曲を2年連続で歌うのはどうかと思いますし、過去のヒット曲にすがるくらいならば来年以降は紅白への出場を辞退した方がいいような気もします。

AKB48グループは数年前から坂道グループに人気が逆転され、かつてはAKB48の他にも、SKE48、NMB48、HKT48が単独出場したこともありましたが、2016年は紅白選抜として各グループの選抜メンバー48名が出演、2017年の紅白は事前に選抜メンバー48名が発表され、視聴者投票企画で選ばれた『大声ダイヤモンド』『365日の紙飛行機』『11月のアンクレット』をメドレーで披露しました。

一方の坂道グループは、乃木坂46が今年で2015年から5年連続5回目、欅坂46が2016年から4年連続4回目、今年デビューした日向坂46(旧・けやき坂46)は今年紅白初出場が決定しています。

AKB48は近年グループのメディア露出も減少、人気が低迷していることで紅白出場に対しては否定的な反応が多く、紅白には不要との厳しい声もありますが、今後もヒット曲が生まれず、人気が下がり続けるようであれば来年の紅白出場は難しいかもしれないですね。

6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4NDcwMDQx

    もう曲が流行ったとか関係無いなら、もっと実力派出して欲しい。

  2. 2
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    もう彼女たちの時代は終わったかも・・・・

  3. 3
    匿名
    ID:MTk3OTg2MzEy

    何のために出るのやら。

  4. 4
    匿名
    ID:MjExMDc3OTky

    終わり時を早めに。モーニング娘。の再起は素晴らしい

  5. 5
    匿名
    ID:MTc4NzExNDg2

    美人でも歌がうまいわけでもないから
    人気があがるわけない
    氷川きよしも最近やたら弾けてる人は実力あって

  6. 6
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    さっさと解散してメンバーそれぞれ、A○に出て欲しい。A=アナウンサー、K=キャバ嬢、B=バニーガール、に扮して48=48手を展開するドラマ仕立ての内容で観て見たい。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について