16歳アイドル大本萌景が自殺、遺族が所属事務所社長ら提訴。愛の葉Girls元運営のパワハラや過酷労働が死の原因か…

愛の葉Girls大本萌景(おおもとほのか)

愛媛県松山市を拠点に活動している農業アイドルグループ『愛の葉Girls(えのはガールズ)』のメンバーで、今年3月21日に自殺した大本萌景さん(おおもと・ほのか 享年16)の遺族が、萌景さんが自殺した原因は所属事務所『hプロジェクト』側によるパワハラにあるとして事務所社長らを相手取り、約9268万円の損害賠償を求める訴訟を松山地方裁判所に起こすことが明らかになりました。

大本萌景さん遺族の弁護団によれば、提訴するのは大本萌景さんの両親ら遺族4人で、『hプロジェクト株式会社』の佐々木貴浩社長と同社の幹部等、加えて萌景さんが自殺後、グループの運営を手掛けているイベント企画・運営会社『フィールド愛の和』を相手取り訴訟を起こすとのことです。

<↓の画像は、大本萌景さんの母・大本幸栄さんの写真>
大本萌景の母・幸栄

大本萌景さんは2015年7月(当時中学2年生 13歳)に、農業の魅力を訴えるご当地アイドルグループ『愛の葉Girls』のオーディションに合格し、その後は土日を中心に物販やライブ活動、イベント出演などしていました。

イベント参加の時などは、集合時間が早い時で早朝4時半、遅い時で解散が深夜2時ごろになることもあり、イベントでの平均拘束時間は12時間を超えていたといい、それだけでなく週3、4回のレッスンもあったそうです。

<↓の画像は、『愛の葉Girls』の中心メンバーとして活躍していた大本萌景さんの写真>
自殺したアイドル・大本萌景

大本萌景さんは2017年4月に愛媛県内の通信制高校に進学し、それ以降は平日の日中もイベントで拘束され、日曜日の登校日も仕事で欠席せざるを得ないという状態となり、萌景さんは学業と仕事の両立に悩み、過労も感じたことで事務所側には何度も休暇を求めましたが、それに対する答えは「お前の感想はいらん」など高圧的なもので、周囲にはグループを辞めたいと漏らすようになったといいます。

そして、大本萌景さんが同6月に事務所を辞めたいと伝えたところ、事務所側から「全日制の高校に行った方が休日のイベントにも出られる」「お金の心配はせんでええ」などと言われ、事務所側の言葉を信じて翻意したそうです。

<↓の画像は、大本萌景さんのスマホに残っていたLINEメッセージ写真>
大本萌景と事務所マネージャーのLINE
(萌景さんとスタッフのやり取り、白の吹き出しが萌景さん)
学業に悩み、マネージャーに相談も務めたい返事をされる大本萌景

大本萌景母親と事務所マネージャーのやり取り
(萌景さんの母親とスタッフのやり取り、緑の吹き出しが母親)

同12月には通信制高校を退学し、2018年春から全日制の私立高校へ入学し直すことを決めた一方、大本萌景さんのことを心配した母親は3月17日に、「契約の満期となる2019年8月末で、御社との契約を終えたい」と事務所側に伝えたとのことです。

それから3日後の同20日には、高校へ納入する12万円を事務所から借りる約束があったため、親子2人で事務所を訪れたところ、事務所側は貸付けを拒否し、さらに同日夜には佐々木貴浩社長から電話があり、「辞めるなら違約金として1億円払え」と脅迫的な言葉をかけられて精神的に追い詰められた様子だったといいます。

<↓の画像は、大本萌景さんと佐々木貴浩社長のツーショット写真>
運営会社の社長と大本萌景のツーショット

入学にかかるお金の貸付けを拒否されたことなどによって、就学機会も失った大本萌景さんは絶望し、21日朝に萌景さんは友人らに「社長に裏切られた」などと漏らし、自分の部屋で首を吊ってしまったそうです。

大本萌景さん遺族はこのように訴えているのですが、佐々木貴浩社長は10日に『サンケイスポーツ』の取材に対して、「1億円の話をしたことはない」と否定し、1日あたり10時間以上にも及ぶ長時間拘束については、「遅くなることもあった」と答えています。

大本萌景さんの遺族は11日に東京都内で会見予定で、12日に事務所を相手取り提訴するとのことなのですが、ついに裁判沙汰になったこの件に対してネット上では、

  • 事務所は自己防衛ばかりで、なぜ1人の少女が亡くならなくてはならなかったか真剣に考えてほしいわ
  • 16歳の女の子をここまで追い詰める必要がどこにあったのか。他のメンバーも同じ目に遭っていて、今もじっと耐えてるんじゃないの?かわいそう。
  • 1億払えと言った証拠はないからね…。そこは厳しそう。私立の高校に入るのに、母親も一緒に社長にお金を借りるなんてありえないわ。その前から会社や社長に不信感を抱いていたのに、なんで金借りるかな?母親がきちんとしてあげてたら、死なずに済んだはず。
  • 現時点ではどちらがどうとは判断できないが、16歳の若い命が失われた事実は間違いないので会社側も真摯に受け止めてほしい。
  • 事務所がひどいのは前提として親も頭おかしくなってる感じ 通ってた中学の教員もさらっとひどい 父親は養育費も払ってなさそうだしこの子の人生にまともな大人はいなかったんだろうな
  • 子供大事なら芸能界に送り込んじゃいかんよ 夢のある仕事に見えても、現実は大人の商売道具だからな 売れれば酷使され、売れなければポイ捨て

などのコメントが寄せられています。

大本萌景さんは自分で処理しきれない大きな悩みを抱え、誰にもちゃんと相談できなかったことによって、最後は自ら命を絶つという悲しい最後を迎えてしまったのは非常に残念です。

大本萌景さんの両親は離婚しており、一緒に暮らしていた母・幸栄さんが今年5月に週刊誌『週刊文春』の取材に応じ、自殺に至るまでの経緯を明らかにしているのですが、親子2人で事務所側の言いなりになっているような状態が続いたことによって、「だんだんと『愛の葉Girls』を何が何でも優先させなければならない、という思考に陥ってしまった」と明かしています。

これによって高校へ行くよりも仕事を優先し、事務所側から高圧的な態度を取られても違和感を抱かず、我慢を続けていたことによって、最終的に大本萌景さんは自室で命を絶ってしまったようなのですが、証拠として公開されている『LINE』上でのメッセージなどを見ると、いわゆる“ブラック事務所”だったことを感じさせます。

その一方で、大本萌景さんを守ってあげられなかった母親ら周囲にも問題があったように感じられ、学校に行くよりも仕事をしている時間の方が圧倒的に多かったり、未成年にも関わらず仕事の拘束時間は平均12時間など、明らかに異常な状態が活動開始から2年も続いていたわけですから、もっと早くにグループを辞めさせる判断をする必要があったのではないかと思いますね。

そして、ついに裁判に発展することになったのですが、訴えられた事務所側は『週刊文春』の報道後に同社の公式サイト上で、「事実ではないことがまるで事実であるかのように書かれており、現在、インターネットや各種SNS上において虚偽の情報が飛び交っております」として、「弊社の代表佐々木が故人に対して1億円を要したかのように書かれておりますが、そのような事実はないことを断言させて頂きます。」とキッパリと否定しています。

社長の「辞めるなら違約金として1億円払え」という発言は電話内で出たということで、その証拠は残っていないと思いますが、パワハラ的な言葉が綴られたLINEメッセージ、労働時間などは記録として残っているとみられ、その他にも関係者から証言なども出てくる可能性があるため、この裁判は果たしてどのような結果となるのか注目したいですね。

参照元
  • http://bunshun.jp/articles/-/7433
  • http://bunshun.jp/articles/-/7581
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjE3NTMwMjA=

    入学資金くらい事務所に借りずに用意できなかっただろうか…悔やまれるね…。

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4NTIzMzYw

    母親の言ってることの矛盾が酷すぎる(-_-;)

    都合のいい事繋げて言いたくないこと伏せてるように思えて仕方ない( ー̀ωー́ )

    まぁ裁判あるんでしょ?ハッキリさせてほしいですね

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について