高橋朱里が衝突事故巻き込まれ生誕祭延期、送迎車が交通事故も骨折は無し。AKB48選抜メンバーにトラブルで心配の声

高橋朱里

AKB48チームBのキャプテン・高橋朱里さん(たかはし・じゅり 21歳)が3日、送迎車両で帰宅途中に衝突事故に遭い、6日に出演予定だった劇場公演を休演することがAKB48の公式サイト、ブログ上で発表されました。

運営の発表によると、高橋朱里さんが乗る送迎車両が対向車線からの右折車両に衝突され、この事故に巻き込まれた高橋さんは検査の結果、幸い骨には異常が無いことが確認されたものの、安静のため1週間ほど様子見することを決めたとのことです。

これによって、6日に出演予定だった劇場公演を休演し、同公演で予定していた生誕祭は3月以降に延期すると報告しています。

<↓の画像が、運営発表のコメント全文の写真>
高橋朱里の交通事故コメント

高橋朱里さんはAKB48の人気メンバーで、2016年のAKB48選抜総選挙では15位(4万648票)、2017年は11位(4万2663票)、2018年は12位(4万8100票)で3年連続選抜メンバー入りを果たしており、3月13日にリリース予定のHKT48・指原莉乃さんが最後にセンターを務める55枚目シングルの選抜にも入っています。

そんな高橋朱里さんが、衝突事故に巻き込まれていたことが判明しネット上では、

  • おいおい…
  • 大事な選抜様やぞ
  • 横からの衝突かな?早い回復を祈ります
  • 今年のAKBGどうなってるんだオイ…
  • ムチウチのダメージ半端ないだろうね
  • ムチ打ちは後からジワジワくるから油断しないほうがいい
  • こっわ 一週間の安静で済んでよかった
  • これ他の同乗メンバーやスタッフは大丈夫だったのか?
  • むちうちは後遺症が残ったりしたら大変だからじっくりと安静にして治して欲しいです。
    自分が2週間前に雪道で転んで首を痛めただけでもいまだに調子悪いから。
  • 対向車って怖いよ。自分の方の車がどれだけ注意して運転してても、対向車が変な運転で突っ込んできたら終わりだからな。

などのコメントが寄せられています。

骨折など大きなケガは負っていない様子なので一安心といったところですが、事故による衝撃で「頚椎捻挫」(別名:むち打ち症)を負っていた場合には事故発生から数日後、場合によっては数ヶ月後に、痛みやしびれ、吐き気やめまいなどの症状が出る恐れがあります。

また、脳や脊髄などにダメージが及んでいる可能性もゼロではないので、しっかりと検査した上で様子見し、復帰は焦らないようにした方がいいかと思います。

しばらくは身体を安静にすることを最優先として、体調が万全な状態になってからステージに復帰してもらいたいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について