高木紗友希がJuice=Juice&ハロプロ脱退。理由は優里との熱愛スキャンダル。ソロで歌手活動継続を望む声も

アイドル 事件・事故・トラブル 熱愛・結婚・妊娠

高木紗友希

週刊誌『週刊文春』のWeb版『文春オンライン』によって、シンガーソングライター・優里さん(本名=木村優里 26歳)との熱愛スキャンダルをスクープされ、物議を醸していたアイドルグループ『Juice=Juice(ジュースジュース)』のメンバー・高木紗友希さん(たかぎ・さゆき 23歳)が、グループと『ハロー!プロジェクト』を脱退することが12日に発表されました。

ハロプロの公式サイトが12日に更新され、所属事務所『アップフロントプロモーション』の西口猛代表取締役名義で、「いつもJuice=Juiceを応援頂きありがとうございます。メンバーの高木紗友希ですが、ハロー!プロジェクト及びJuice=Juiceの活動を終了することになりました。」と、グループとハロプロを脱退することをファンに報告しています。

脱退の経緯、理由については、今回報道されていることについて、高木本人から急遽説明を受けました。その上でハロー!プロジェクトのメンバーとして、自覚を欠いていると総合的に判断し、今回の結論に至りました。と説明しています。

現時点で出演が発表されている13日以降のコンサート、イベント等には参加しないとし、今後の活動については、これから改めて協議の上決めてまいりますが、しばらく時間をいただければと思います。突然の発表となってしまったこと、そしてファンの皆様ならびに関係各位には、ご心配、ご迷惑をお掛けしたこと、誠に申し訳ございません。」と謝罪しています。

なお、Juice=Juiceは3月24日に両A面シングル『DOWN TOWN/がんばれないよ』をリリース予定で、同シングルには高木紗友希さんも参加しています。

高木紗友希さんもコメントを発表し、Juice=Juiceとハロプロを脱退することをファンに報告した上で、「このような形での突然の発表になり、ご迷惑とご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。グループの一員として、自覚が足りない軽率な行動でした。沢山の方の気持ちを裏切ってしまいました。Juice=Juiceは、私に色んなことを教えてくれた場所で、色んな面で自分を成長させてくれた場所です。そして何より大好きで大切なメンバーなので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。そして応援してくださったファンの皆さん、関係者の皆さん、私の軽率な行動でみなさんの気持ちを裏切ってしまい、本当に申し訳なく思っています。と、謝罪と反省の言葉を綴っています。

熱愛スキャンダルからの脱退については、許してもらうことは出来ないと思います。私はどのような形で責任を取るべきか、そしてどのような形で恩返しをするべきかと考えた結果、このような形でご報告させていただきました。としています。

最後に、「ハロプロエッグ、そしてJuice=Juiceとして活動させていただいた期間は私にとってかけがえのないもので、大切な仲間やスタッフさん、ファンの皆さんに出会えた、自分にとって忘れられない時間になりました。本当に感謝してもしきれません。今後もJuice=Juiceの応援をどうかよろしくお願い致します。」と締めくくっています。

そして、高木紗友希さんのJuice=Juiceとハロプロからの脱退発表を受けてネット上では、

  • 分かってはいたけどこのような最後で本当に残念…
  • 長い事活動していてもこんな意識の低い行動取ったらアカンわな
  • ハロプロよく知らないけど、AKB関係と違ってバレたら即切られんだね。容赦ないね。
  • しょうがない。今までのメンバーがそうだったのだから、彼女だけ残すわけにはいかない
  • アイドルの恋愛についての是非はともかく、アップフロントの迅速な対応は評価したい
  • ルールを破ったという意味では脱退は仕方ないのかも。でも、今までの貢献を考えたらあまりにも寂しい。
  • 高木さんは、見習いのエッグ時代を含めると10年以上いたんですが、一発でアウト。
    歌唱力は代わりがいないレベルではあったんですけど。この厳しさがハロプロが20年以上続いてる所以ですね。
  • 同棲していたんじゃアイドルとしての活動は終了で仕方ないかもね。ただ、彼女の力を生かせる道があると思うのでそこで頑張って欲しい。若いんだからやり直しはきっとできる。
  • ハロプロの過去の事例(矢口や藤本、etc.)を考えるとこの結論に至ったのは致し方がないことなんだろう
    ただ、Juice=Juiceは脱退したとしてもアップフロントに残って、ソロ歌手としての活動には何ら支障はない。堂々と歌手として活動を続けていって欲しい
  • 歌う事は辞めないでほしい。高木紗友希の歌声はソロになっても聴き続けたいので、結婚しても表舞台から去らないでほしい。

などの声が上がっています。

『文春オンライン』にスクープされた優里さんとの熱愛スキャンダルにより、Juice=Juiceとハロプロを辞めることになった高木紗友希さんは、2009年(当時12歳)にハロプロ研修生(旧名・ハロプロエッグ)に加入し、2013年に結成したJuice=Juiceのメンバーとなり、同年にメジャーデビューを果たし、『日本レコード大賞』の新人賞を受賞、2019年にはJuice=Juiceの2代目サブリーダーに就任しました。

そんな高木紗友希さんは非常に高い歌唱力の持ち主で、音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)のコーナー「令和アイドル界スゴいボーカリスト10人」に選出されるなど、ハロプロの中でもトップクラスの実力があるとされています。

高木紗友希さんの歌唱パートまとめ動画

そうしたことから、Juice=Juiceとハロプロからの脱退は仕方がないにしても、今後はソロアーティストとして是非とも活動を続けて欲しいとの声がファンから上がっています。

現時点で、高木紗友希さんは『アップフロントプロモーション』を退所するとの発表はなく、グループやハロプロを脱退後も事務所に所属しながら活動を続けている方もいます。

今回発表されたコメントで『アップフロントプロモーション』は、「今後の活動については、これから改めて協議の上決めてまいりますが、しばらく時間をいただければと思います。」としており、今後どうなるかはまだ分からない状況ですが、事務所に残ってソロで活動を継続する形になったらファンも喜ぶでしょうね。

参照元
  • http://www.helloproject.com/news/12828/
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    高木紗友希恋愛禁止でハロプロ&juice=juiceグループ脱退したのを、ジャニーズグループでしているメンバーもそういうのもしあったらグループ脱退でいいのにね。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!