須藤凜々花『ダウンタウンDX』でNMB48卒業後初のテレビ出演、彼氏と結婚発表の裏事情やノロケ話披露! ネットでは批判殺到も…

須藤凜々花

8月30日に卒業公演を行い、NMB48から卒業した須藤凜々花さん(すとう・りりか 20歳)が、14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系 木曜22時)に出演することが判明し話題になっています。

須藤凜々花さんは今年6月開催の『第9回AKB48選抜総選挙』のステージ上で、「結婚します。私は、いたって本気です。初めて、こんなに好きになれる人に出会いました。」などと、突然結婚宣言し大きな波紋を呼びました。

その後、NMB48を卒業する事も決定し、8月30日には卒業公演もきっちりと行われたのですが、その公演では彼氏との結婚については言及せず、最後に「最後まで一緒にいてくれてありがとうございます。これからは皆さん、友達になってください。NMB48に入ってよかったです。皆さんの存在が私の頑張る力になっていて、これからこの姿を見せながら頑張ります」と語っていました。

<↓の画像が、須藤凜々花さんの卒業公演での写真>
卒業公演でファンに挨拶する須藤凜々花

そんな須藤凜々花さんはNMB48を卒業後も芸能活動を続けていくとしており、グループ卒業後初のテレビ出演が14日放送の『ダウンタウンDX』となるのですが、番組では結婚発表の裏事情を告白しているほか、彼氏とのノロケ話も披露しているとのことです。

<↓の画像が、『ダウンタウンDX』出演の須藤凜々花さんの写真>
ダウンタウンDX出演の須藤凜々花

須藤凜々花さんは番組で、母親の誕生日会で彼氏と出会い、そこで一目惚れして1年後に再会したと語り、「連絡先を交換して会ったりドライブしたりしました」とデートの内容を告白。

また、総選挙で結婚宣言した舞台裏については、「言う事は秋元先生や事務所の偉い人に相談しました。秋元先生は『須藤らしいね』ってLINEで…」と明かし、卒業後に改めて彼氏と将来を話し合ったことを明かした上で、「結婚します!(結婚の時期も)2人の間で昨日決めて…。今日、事務所で会議します」と報告していたとのことです。

ダウンタウンDX出演の須藤凜々花&安枝瞳

番組ではさらに、机の上に鏡を置いて自分の顔を見ながらご飯を食べていることを明かし、その理由については「何かの動作をしている時の自分の顔ってどうなっているんだろうって気になって…」と語り、その姿を見て彼氏からは「また見てるの?」「そんな事しなくてもかわいいよ」と言われたというノロケ話も披露しているそうです。

そして、須藤凛々花さんの卒業後初のテレビ番組出演に対しネット上では、

  • あのグループのファンにはあまり感じることはなかったが、この人の件に関してはファンが可哀想。こんなに人の気持ちを考えられない人間の成功なんて願えるわけがない。
  • 今は珍しいから飽きられるまでTVに出て稼げるね。それで金貯めて留学かな。根性入ってるね。ファンはがっかりだけど。
  • NMB卒業後…一体何が出来るの?結婚もドイツ留学も…皆ハッタリやろう。
  • 吉本絡んだ番組で禊ぎ代わりの番組出演なんだろうけど、交際始めた時に公言してればこんな大騒ぎにならなかったと思うけどね。嘘ついて交際隠して総選挙直前まで投票煽ってた事についてもコメントすべきだった。
  • テレビに出て彼とのノロケ話とか何で平然と喋れるのだろうか?テレビ観て又、怒りが蘇ってきて腹ワタ煮えくり返る思いしている人もいる事を忘れないで欲しい。

などのコメントが寄せられています。

須藤凜々花さんは結婚宣言の他にも、哲学者になるという夢を叶えるために、今後大学に進学、ドイツ留学して博士号を取得するということも宣言しているのですが、8月放送の『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演した際にドイツ留学について、今すぐにというわけではなく、あくまでも人生を通しての目標だといい、「元から言っていたんですよ。『その夢だけは絶対にあきらめません』という意味だったのに……」と語っています。

そのため、今後も変わらずに芸能活動を行っていくとみられ、昨年6月からレギュラー出演している情報バラエティ番組『大阪ほんわかテレビ』(読売テレビ)も降板せずに出演継続が発表されており、恐らく今後も彼氏との交際などをネタにテレビ番組に出演していくのではないかと思います。

ネット上では現在も批判コメントが多く寄せられており、一連の騒動によってアンチが激増している様子なのですが、それでもこうしてテレビ番組に出演できるというのは、事務所に大切にされているということなのだろうと思います。

ちなみに、須藤凜々花さんはNMB48卒業後も吉本興業系列の芸能事務所『Showtitle』に所属しており、元NMB48の“みるきー”こと渡辺美優紀さんのように事務所移籍などをしない限り、今後も干されることないのでしょうね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について