平手友梨奈が映画デビューし初主演。欅坂46活動セーブも『響 HIBIKI』撮影参加へ、体調不良・精神不安定心配の声も

平手友梨奈

『欅坂46(けやきざか)』のメンバーで、デビュー以来センターを務めている“てち”こと平手友梨奈さん(ひらて・ゆりな 16歳)が、9月14日公開の『響 HIBIKI』(月川翔監督 配給・東宝)で映画デビューし、初主演することが明らかになりました。

『響 HIBIKI』の原作は、『ビッグコミックスペリオール』で2014年から連載されている柳本光晴さんによる漫画『響 ~小説家になる方法~』で、同作は昨年の『マンガ大賞2017』を受賞しており、現時点で8巻まで発売されているコミックスの累計発行部数は100万部を突破しています。

<↓の画像は、『マンガ大賞2017』を受賞した原作漫画『響 ~小説家になる方法~』の写真>
響 ~小説家になる方法~

内容は、15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)が、デビュー作で史上初の芥川賞と直木賞をW受賞し、文学界に大きな衝撃を与えるというストーリーで、平手友梨奈さんがこの主人公を演じます。

その他に、響が作品を送る出版社『木蓮』の文芸編集部に勤務し、響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役を北川景子さん、響が入部する文芸部の部長で、響との圧倒的な才能の差に苦しむ小説家志望の女子高生・祖父江凛夏役をアヤカ・ウィルソンさんが演じます。

また、高嶋政伸さん、柳楽優弥さん、野間口徹さん、小松和重さん、黒田大輔さん、板垣瑞生さんらが出演することも発表されています。

<↓の画像は、『響 HIBIKI』の主要キャストの写真>
映画『響 HIBIKI』キャスト
(左上から時計回りに、北川景子さん、平手友梨奈さん、アヤカ・ウィルソンさん、板垣瑞生 さん、野間口徹さん、柳楽優弥さん、高嶋政伸さん、小松和重さん、黒田大輔さん)

平手友梨奈さんは昨年大晦日の『NHK紅白歌合戦』で右腕を負傷し、今年1月に右腕の上腕三頭筋損傷で全治1ヶ月と診断されていたことを公表しており、現在はコンサートなどの仕事をセーブしているのですが、『響 HIBIKI』は4月下旬~5月にかけて撮影が行われるそうです。

『響 HIBIKI』の監督は、昨年大ヒットを記録した実写映画『君の膵臓をたべたい』をはじめ、今年公開の『となりの怪物くん』や『センセイ君主』などでメガホンを取った月川翔監督が務め、脚本はドラマ『怪物くん』や『とと姉ちゃん』、映画『信長協奏曲』など数多くの作品を手掛けている脚本家・西田征史さんが担当します。

映画初出演にして初主演する平手友梨奈さんは、「このオファーを頂いたときに、最初はどうしようかすごく悩みました。でも、原作を読んで、この物語の主人公、鮎喰響という女の子にひかれてしまったのと、彼女の生き様を届けたいなと思ったので、やってみようと思いました。」「初めてのことばかりで、不安もあるし、役を演じるけれど、演じている人間は平手友梨奈なので、もしかしたらいろんな人を困らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりするかもしれないけれど、鮎喰響という女の子が大好きで、この子のことを伝えて、観てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいなと思っています。」というコメントを寄せています。

また、監督を務める月川翔監督は平手友梨奈さんが主演に起用されたことについて、「主演に平手友梨奈さんの名前が挙がったとき、リスクの大きい選択だと思いました。現場が止まるかもしれないし、大変そうだ、と正直思いました。が、それを何百倍も上回る期待感で、平手さんが演じる響を見たいと思いました。響役を表現する上で、最高到達点にいけるのは平手さんしかいないと思うからです。」とコメントしています。

原作者の柳本光晴さんは、「(欅坂46のデビューシングル)『サイレントマジョリティー』のPVを見た時から、もし響が実写化するなら、主演は平手さんしかいないなと思いました。響の持つ、媚びない、屈しない、信念の人間、そういったイメージとあまりにもピッタリで。なにより、目が。」「個人的に、最も理想とする形での実写化となりました。後は期待しかありません。楽しみにしています!」と話し大きな期待を寄せています。

そして、この発表を受けてネット上では、

  • メンタル崩壊してそうだけど大丈夫かな。普通な感じではない
  • グループの仕事はやらないくせに映画の仕事は受けるんですね
  • グループの仕事と個人の仕事、あまりにこの子の負担が大きくてそのうち壊れそう。グループと言いつつこの子の肩に全部重荷がかかりすぎ。
  • 歌の世界観に影響受けて、具合が悪くなっちゃう子でしょ?これから女優として活動していくの?役によってはもっとメンタルに影響受けそうだけど、大丈夫なの?
  • 結局仕事セーブの理由は紅白での負傷だったの?右手無理奈状態は2月には治ってるはずだけど。この映画でスケジュールの都合が絡むのは納得だけど、グループ活動に顔を出さない理由としてはなんかスッキリしない部分もあるなぁ。
  • 脇役の俳優陣がしっかりしている分かなり浮きそうな予感。素人目にも主演は早いんじゃないかと思うが。監督と違い期待はしていないが精一杯頑張って良い演技を。

などのコメントがありました。

『響 ~小説家になる方法~』の実写映画化は昨年12月に発表されていたのですが、原作者の柳本光晴さんは自身のブログで、「やっぱ大賞なったらメディアミックス来るよね!やっぱドラマ!響役は欅坂の平手さんかなーとか。リョータローはセクゾの中島君とか!あーでもアニメになってフィギュアになってほしいよね!とか!」などと綴っていました。

また、今年1月に週刊誌『週刊文春』は、今年秋公開の映画で平手友梨奈さんが映画初主演することが内定していることを報じ、ファンらの間ではその時点でキャストが未発表だった『響 ~小説家になる方法~』で主演するのではないかと予想されていました。

それらの予想が見事的中し、今回『響 HIBIKI』で映画初出演・初主演することが正式に発表されたのですが、ファンからは歓喜の声が上がる一方で、平手友梨奈さんはハードスケジュールなどによって体調不良となり、精神的にも不安定な状態にあるのではないかとも噂されていることから、映画の撮影は大丈夫なのかと心配する声などが多く上がっています。

平手友梨奈さんは現在、欅坂46としての活動をセーブしているような状況が続いていることもあり、映画主演は務まるのだろうかと心配ですし、グループで1人だけ異常に猛プッシュされていることにより、さらに風当たりが強くなってしまうことなどが懸念されますが、主演に起用されたからには全力の演技を見せてほしいですね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzUzNTc2Mjgw

    おいおいぃ
    これが原因でダンス踊れないとかになったらどうする!

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4NzExMTY1

    与沢翼から痩せてほしい
    あゆとコミットしてほしい

  3. 3
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    与沢翼に似ていると思っているのが自分だけじゃなくて安心した

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について